46歳で退職してブロガーになってみた

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

子どもも大人も「いいね!」が好きだけと…のハナシ

スイミングスクールでコーチとして子どもに水泳を教えています。

まだ駆け出しだった頃、先輩コーチから口酸っぱく言われたのは、「十人十色」という言葉です。

多いときには10人以上の子どもを、ひとりで担当しないといけないのがコーチの仕事で、その子どもは一人一人違うのだから、10人いたら10通りの、子どもに合わせたやり方が出来ないといけない。という考え方です。

自分がそのレベルに達しているかはわかりませんが、同じ教え方でも出来ない子どもがいることで、先輩コーチの言われたことが間違いではなかったと感じています。

そんな考え方を持っているので、それなりに手を替え品を替えやっているのですが、たまにバチー!とハマる「手」があります。

泳ぎ終えた子どもに親指を立てて、「いいね!」と合図を送る。それだけです。

物凄くシンプルなのですが、これが恐ろしいほど効果を発揮するときがあり、ハマると放っておいてもメキメキ上達します。

で、そんなやり方誰でも思いつくし、それならバンバンやれば?と思われるかもしれませんが、そうはイカのキンタマ、エビのドタマな理由があるのです。

ひとつは「いいね!」をやり過ぎると当たり前になってしまい、「いいね!」の価値(もしくは効果)が下がること。

もうひとつは、コーチには「褒めるなら合格させよ」という鉄則がありまして、これは、保護者からの「レッスン中は褒めてくれたのに、なぜ不合格なの!」というクレーム(ご意見)を防ぐためです。

確かに「いいね!」をすれば子どもは喜んで、実力以上の能力を発揮しますが、そこには保護者がいて、それに絡むややこしいことを避けたいのと、あまり連発してもそれが当たり前になるので、ほどほどに…ということですね。

 

さて、そんなことをのたまっている私は、いよいよ今年、生まれて半世紀を迎えるおっさんです。

こうやってブログを書いたりYouTubeで動画を公開したり、たまにツイッターでつぶやいたりして、「いいね!」をもらっています。

そりゃあ〜やっている以上、どうせならたくさん「いいね!」が欲しいですが、それが当たり前になったら嬉しく感じなくなりそうですし、たくさん「いいね!」されたら、変なプレッシャーを感じるかもしれません。

なので、「ほどほどに…」くらいがちょうどいいのでしょうね。

 

でわ、股!!

自分の知識や経験で稼げるかも?「TABICA」という体験予約サイトのハナシ

ネットをフラフラ漂っていると、このようなサイトを見つけました。

tabica.jp

「この体験が、旅になる。」というキーワードに対し、そもそも旅にそれほど興味が無い自分は普段ならスルーするところですが、よくよく見てみると「もしかしてお金が稼げるかも?」と、かなりゲスな考え方に至り、じっくりサイトを見ることにしました。

 

スポンサーリンク

 

 

基本は体験予約サイト

「TABICAって何?」と聞かれたら、基本的には体験予約サイトです。

他のワークショップサイトと違うのは、「地域密着型」というか、地元の人とのコミュニケーションを大事にしていることをアピールされている点です。

例えば、ウナギ屋さんで鰻を自分で捌いて食べる体験は、このように紹介されています。

たびか1

画像は 着地型観光で、地域おこし・地方創生のススメ – 体験予約サイト「TABICA」が提供する地方自治体向けのソリューションサイト より転載

youtu.be

自分なんて「わーい!ウナギだぁー!」くらいしか思いませんが、「地域活性化」とか「伝統の継承」なんて小難しい問題を解決することにも、役立っているのかもしれませんね。

 

稼げる可能性があるかも?

しかしこのTABICAをブログで取り上げた本題は、体験に参加することではなく、体験を提供する側(ホスト)の方です。

当たり前ですが、体験を提供するのは無償ではなく、ホストとして参加費が支払われます。

その簡単なシステムの説明は、こんな感じです。

  • TABICAへの掲載料は無料
  • 手数料は10%
  • 事故発生時の保険あり
  • ホストは予約者の選定が可能
  • 事前決済制でドタキャンも安心

さらに詳しいことは、下記のサイトをご覧ください。

ホストになるには | TABICA この体験が、旅になる。

 

問題はどんな体験を提供できるか

さて、一番の問題は「ホストとしてどのような体験を提供できるか?」ということです。

自分の場合は長年スイミングスクールでコーチの仕事をしてきましたので、「水泳を教えること」ができます。そこで「水泳」で検索するも、結果はゼロ・・・

需要が無いのか、それとも体験として開催が難しいのかわかりませんが、検索結果ゼロという反応は寂しいので、ここで諦めず次は「スイミング」で検索すると2件ヒット!

大手塾講師?

大手進学塾講師がぶっちゃける!中学・高校受験の本音! | TABICA この体験が、旅になる。

大手塾講師がスイミング?と思ったら、このような説明文が書かれていたので却下。

それは一言で「受験」と言っても、健康のためにスイミングスクールに通うのと、オリンピックを目指すことぐらい違いがあるからです。

 

元シンクロ選手!

元シンクロ選手が語る、マーメイドの魅力 | TABICA この体験が、旅になる。

 残る1件には「シンクロ選手」とありますので、単純にプールでシンクロ(今はアーティスティックスイミング)の体験ができるのだろうと思ったのですが、実際はランチをしながらシンクロの魅力を語るというものでした。

関市洞戸にある、ホストおすすめ飲食店「ハーベストcafe」でランチをしながら、アーティスティックスイミングの競技内容や魅力についてお話します。皆さんの気になる疑問についてもお答えしていきます。

 

つまり自分の場合、「水泳のコーチだから水泳を教える」ということに拘らず、そこにまつわる(もしくは繋がる)「何か」が提供できればいいわけで、自由な発想で考えることが必要とされそうです。

例えば「水泳を教える」のではなく、「水泳の教え方を教える」なんて体験でもいいのかもしれませんね。

ただ、今の自分にはその余裕がなく、積極的に行動することはありませんが、この記事をお読みのアナタ、興味があればいかがですか? 

もちろん、自分が参加する側として眺めるだけでもいろいろあって楽しいので、小難しいことは考えずに、「へぇ~こんなのあるんだ!」みたいな感じで楽しむだけでも、十分見る価値はあると思います。

TABICA この体験が、旅になる。

 

というわけで、いつか自分が始めることになりましたら、そのときはブログで報告させていただきます。

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえたら助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

24年前の今日(1・17)の阪神淡路大震災の記憶のハナシ

本日は1月17日ということで、阪神淡路大震災があった日です。

当時阪神地区(尼崎)に住んでいた自分は、それほど大きくなかったけれど、地震の被害を受けました。

そして、その記憶をブログに残そうと、ちょうど1年前にこのような記事を書きました。

www.maskednishioka.com

さらに、この記事の最後には、こう書かれてあります。

そして来年も同じことを書いて、自分の文章スキルがどれくらい上がったかを確かめる・・・前にこのこと自体忘れていそうですけどね。

文章スキルが上がったかどうかはわかりませんが、とりあえず忘れることはなかったので、課題のひとつはクリアといったところでしょうかね。

 

スポンサーリンク

 

 

さて、昨年自分が書いた記事を読み返してみて、書かれていたことは忘れていませんし、そこに新たな記憶が加わることもありません。

  • その日、なぜか地震が起きる直前に目が覚めたこと
  • 当時住んでいた実家は大した被害には遭わなかったこと
  • その後近所のコンビに行ったら店が混乱していたこと
  • 後に嫁さんとなる彼女に電話したら「どうしたの?」となったこと
  • 父親が毎日のように通っていた阪神高速が倒壊したと聞いて絶句していたこと
  • 通勤で使っていたJRの線路が歪んでいたこと
  • 同じ阪神地区でも武庫川の向こう側の西宮は被害が大きかったこと
  • 当時の妹の存在が記憶にないこと

とりあえず昨年と表現の仕方を変えて、文章スキルが上がっている風にしてみました。

 

そしてここから先は、この1年で思ったことを書き残します。

 

当時住んでいた実家には、年に数回訪れます。

その実家には両親だけが住んでいて、年齢の割にはまだまだ元気な様子ですが、それでもいつかこの世を去るでしょう。

自分も妹も結婚しており、お互い住む家があるので、実家をどうするかお考えないといけないのですが、両親がまだまだ元気なので考えが進むことはありません。

ただ、もしそうなったら、実家のある尼崎を訪れる大きな理由が無くなります。

それがいつになるのか、もうすぐなのか、もっと先なのか、必ずその日は訪れるのですが、その日が自分にとって、地震の記憶の風化を加速させる日になるのだろうなぁ~と思っています。

 

そしてそれ以前に、自分の方が先に逝ってしまえば、風化もクソもありません。

今住んでいるのはマンションで、24年前と同じような地震が起きれば、一戸建ての2階レベルの揺れでは済まないでしょう。

しかもあの時は家族4人でしたから、地震が起きたあとも仕事を分担して協力することができましたが、今は嫁さんと2人きりなので、2人とも動けなくなったら助けを呼ぶこともできません。

そこで笛(ホイッスル)を買うことにしました。

molten(モルテン) ホイッスル黄 WHIY

molten(モルテン) ホイッスル黄 WHIY

 

地震が起きて家具の倒壊などで動けなくなった場合、助けを呼ぶために大きな声を出せば体力を奪われますが、この笛があれば少ない体力で大きな音を出すことができるので、「生命維持」と「救助依頼」の面で一石二鳥というわけです。

もちろん本当はちゃんとした準備(食糧の備蓄から避難訓練など)を、地震経験者としてはしておくべきなのでしょうが、わかっていても・・・というところなので、せめてこれくらいはやっておきます。

 

というわけで、また来年も阪神淡路大震災の記事が書けますように。

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

さんま玉緒の夢かなえたろか「新日本プロレス棚橋弘至に3カウント取られたい」を観て、プロレスファンとしていろいろツッコミを入れてみるハナシ

毎年楽しみにしている番組「さんま玉緒の夢かなえたろか」が、先日放送されました。

今年も様々な「夢」が叶えられましたが、プロレスファンでもありながら、水曜どうでしょうファンでもある自分としては、名古屋のご夫婦が大泉洋の手料理を食べられるという、水曜どうでしょうファンとしてはたまらない夢を叶えてもらっていて、「今年のナンバーワンはこれかなぁ~」と思っていたのですが、番組の最後に放送された「新日本プロレス棚橋弘至に3カウント取られたい」が、やっぱり面白かったです。

さんま1

 

スポンサーリンク

 

 

番組内容の簡単なまとめ

  • とにかく新日本プロレスの棚橋選手が好きな熊本在住の女性(江森翔美さん)が、番組に84通もの応募をする
  • スタッフが話を聞くと、あまりにも好きすぎて、仕事などで試合観戦に行けない時は「棚橋不足」と呼ぶ禁断症状が出るほど
  • そんな江森さんの夢は、大好きな棚橋選手に、ちゃんとしたリングで3カウントを奪われること
  • 見事当選し、家族(母親)揃って大喜びとなります
  • より夢を楽しんでもらうために「棚橋断ち」と「リングでの特訓」を行うことになり、部屋に100個以上ある棚橋グッズは一時回収され、実際のリング(新木場1stRING?)で若手(海野翔太、成田蓮)と特訓に励みます
  • いよいよ試合を行うために、特別スタジオに出演者全員で移動
  • 組まれた対戦カードは、棚橋&小島 vs 永田&江森(一般人女性)
  • 試合前には控え室でのインタビューにも応えます
  • いよいよ本番。リングアナのコールを受け、ヒール(悪役)レスラーの姿で入場です
  • ついに試合が始まりますが、憧れの棚橋選手にどうしてもテレを隠せない江森さん
  • しかし最後までプロレスラーを貫き通し、ラストは見事に棚橋選手から3カウントを奪われ、涙涙で試合終了となりました

 

とにかく江森さんが素晴らしい!

見事夢を叶えた江森さんですが、これがとんでもない素人(褒め言葉)で、めちゃくちゃ面白かったのです。

 

その① 控え室

プロレス(及び格闘技)番組の手法として、試合前の選手控え室に、インタビュアーが入ってコメントをもらうシーンがあり、この番組でも採用されていました。

まずは棚橋選手の控え室とスタジオを繋ぎますが、ここは至って普通のやり取りです。

しかし主役である江森さんの控え室でも、普通のプロレスラーとのやり取りが行われ、司会の明石家さんまが思わず「この人素人か?」と口にするくらい、普通のプロレスラーとして堂々とコメントを出すのです。

さんま2

この顔、下手な若手レスラーよりも、引き締まった表情をしています。

 

その② マイクアピール

いよいよ試合が始まるかと思いきや、その前にマイクでの口撃合戦が始まります。

おい棚橋!

会いたかったじゃねーか この野郎

おまえ覚えているか 3年前

初めて私に言った言葉だよ

おまえサイン会で・・・

「肌が透き通るように白いね」って

テメーそのあとうれしくって美白グッズ買いまくっちゃったじゃねーかコノヤロー!

さんま3

今やプロレスラーにとってマイクアピールは欠かせないものですが、それを見事にこなします。

しかし、もちろん「プロ」である棚橋選手も、このあと見事な反撃に転じます。

翔美

メリークリスマス(収録日が12月24日でした)

さんま4

このふた言だけで江森さんはメロメロになり、喜びを噛み殺すその顔は、番組を見ている人間をニヤニヤさせたことでしょう。

 

その③ いっちゃうぞバカヤロー!

棚橋選手にチョップを連打で浴びせ、エプロンに控える小島選手に「いっちゃうぞバカヤロー!」と言い放ちます。

さんま5

これ、プロレスファンであれば理解できるのですが、そうでない方には「?」となるシーンなので解説しておくと、 このセリフは小島選手の代名詞であり、本来はコーナーもたれた相手にチョップ連打をして、そのあとコーナーからエルボードロップを決めるのが定番のムーブ(あるいはお約束)です。

で、これを演出として捉えるかどうかは別として、江森さんの迫力が素晴らしく、何度も書きますが、下手な若手レスラーなんかより素晴らしいと思いました。

 

結局はメロメロに

あくまでも個人的な予想ですが、番組の構成として、普通に夢を叶えるだけだと面白くないから、江森さんにテレないように指示があったのでは?と思ったりしています。

しかし、その指示をちゃんと実行しようとする気持ちと、そんなことはお構いなしに女性としての本能でうれしくなってしまい、それを必死で抑える戦いが江森さんの中で行われていたのでしょう。

しかし、結果はメロメロです。

 

さんま6手四つで接近されてメロメロに

 

さんま7

そこからロープに詰められてメロメロに

 

さんま7

ヘッドロックを切り返されてメロメロに

 

さんま8

最後はカバーされたまま涙を流してメロメロに

 

あくまでも番組の設定でヒールレスラーを演じていますが、中身は完全に乙女であり、それが見え隠れするのが、おっさにはたまりませんでした。

 

あえてプロレスファンとしてのツッコミ

蛇足かもしれませんが、プロレスファンとして、あえてのツッコミを書いておきます。

ヘッドロックは左です

さんま8

基本的にヘッドロックは左で、これはほぼ世界中の決まりとなっています。(一部海外では違う所もアリ)
その理由は諸説あるみたいですが、左でヘッドロックをされた場合、技を受けたレスラーの右手が使える状態になるので、そこからバックドロップやロープに投げるなどの反撃する場合、利き手である右手の方が都合が良いから、と言われています。(上記画像の場合、技を受けている棚橋選手の左手が、技をかけている江森さんの体に密着しています)

 

控え室のインタビューでは「時は来た」か「やる前から」

さんま9

かつて行われた、同じ新日本プロレスの試合前の控え室でのインタビューでは、アントニオ猪木が、「やる前に負けること考える馬鹿いるかよ」といってアナウンサーをビンタし、そして対戦相手である橋本真也が唐突に「時は来た、それだけだ」と応えるという、プロレス史に残る名シーンがあります。

蝶野橋本対猪木チーム頂上対決!コメントおもろい!w蝶野も思わず爆笑 - YouTube

若い江森さんがこれをご存知かどうかはわかりませんが、この「時は来た」か「やる前から」のどちらかが出ていれば、昔からプロレスを観ている方は、TVの前でひっくり返るくらい喜んでいたと思います。

ただ、偶然か狙いかはわかりませんが、このシーンの途中で江森さんが「ど真ん中」という言葉を使いますが、これはかつて新日本プロレスのトップだった長州力が好んで使っていた言葉であり、この言葉が出た瞬間、「おお!?」となったファンもいたでしょう。

 

レフェリーとのやり取りはアイコンタクトで

さんま9

試合の最後、江森さんの夢が叶い、棚橋選手にカバーされ、レフェリーがマットを叩いてカウントが進みますが、そのカウントが2まで入ったあと、江森さんがコクリとうなずいた後に、3カウントが入ります。

あくまでも個人的な見解ですが、これはきっとレフェリーから「本当にこれで終わるけれど、いいか?」という合図があり、それに応えたのではないかと思われます。

というのは、プロの試合でもこういったレフェリーとのやり取りがあり、それをアイコンタクトで行って、出来るだけ周りの観客にバレないようにしています。

もちろん素人の方ですから、そこまで要求するのは酷なのですが、ここまでの出来が大変良かったので、つい、そう思っちゃいました。

 

真壁選手の囁き発言は・・・どうなの?

さんま10

江森さんのヘッドロックを棚橋選手が切り返し、スリーパーホールド(ホールドしてないけれど・・・)から、さらにコブラツイストに移行するシーンがあります。

ここで解説席に座った真壁選手がマイクを通して「あ、何か囁きましたよ」と発言するのですが、これはたぶん、棚橋選手が江森さんに「コブラするよ」みたいなメッセージを送っているのでしょう。

で、これも前述したアイコンタクトと同じで、プロの試合をよぉ~く観察すると、戦っているレスラーが試合中に相手レスラーの胸に顔を埋めるようにして、口元が見られないように小声で喋っているシーンがあります。

これは相手レスラーに次の攻撃を伝えたり、流れるような技の攻防を行う合図で、スムーズに試合を運ぶために必要な物だと思うのですが、前述したように「周りから見えないように」行っているわけですから、それを真壁選手がマイクを通して言っちゃうのは・・・どうなんでしょうね?

もちろん素人ですから(以下同文)

 

リングアナの方が、ちょっと・・・

さんま10

ちゃんとしたリングを作り、解説には現役である真壁選手が座り、実況の土井アナウンサーも素晴らしく、観客も新日本プロレスのファンが配置され、夢を叶えるにふさわしい、完璧なステージだったと思うのですが、ただ一点だけ、リングアナの方だけが「どうした?」と思っちゃいました。
もしかするとこの方も、「棚橋選手のリングアナをやってみたい!」という夢をお持ちで、それを一気に叶えるために登場したのか?と思いましたが、最後までその説明はなかったので、さすがに違うようです。

う~~ん、残念。

 

最後に

個人的には、夢が叶ったあとの江森さんをじっくり観たかったのですが、そこはあっさりカットされていました。

しかし、棚橋選手のツイートを見て、それで良しとします。

夢が叶って本当によかったですね。

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

情熱大陸で「ミニチュア写真家・田中達也」を観て思ったことのハナシ

先日放送された情熱大陸に、ミニチュア写真家の田中達也さんが出演されていました。

「ミニチュアの田中ってどこかで聞いたことがあるような・・・」と記憶を辿っていくと、確か伊集院光の深夜ラジオで、ミニチュアの展示会に行ってどうたらこうたらという回があったので、ネットで調べてみると・・・

わぁー!ごめんなさい!田中違いでしたー!

実は、「ミニチュア」+「田中」にはピン!ときていたのですが、「写真家」にはちょっと引っ掛かっていて、「オレの知る田中さんは、ミニチュアを作る人なんだけどなぁ」という違和感を感じていたのは、このことだったのですねぇ~。

ま、それでもどちらもミニチュアですし、個人的にミニチュアが好きなので、気にせず進めて参りましょう!(テキトーでスンマセン)

 

 

スポンサーリンク

 

 

番組の内容

番組の進行は、大まかにこんな感じでした。

  • 田中達也の紹介
  • 世の中(CMやドラマのオープニング等)に出ている作品の紹介
  • その仕事ぶり
  • これまでの人生
  • 家庭と家族について
  • もやしメーカーからのカレンダーの仕事依頼
  • 新しい試みとしてスーパーマーケットでの展示
  • 今の自分を表現する作品

2019年1月20日(日)22:59までですが、以下のサイト(TVer)にて観ることができます。

tver.jp

 

印象に残ったこと

もともとミニチュアが好きな自分としては、作品を見るだけでもほっこりして楽しめるのですが、この田中さんの作品のタイトルには、ヒネリが効いているともいえるけれど、親父ギャグといえなくもない、そんなエッセンスがふりかかっています。

 

 はい。「甲羅」と「おこーらない」が、かかっていますね。

 

もっとストレートに。「都心」に「とっしん」ですね。

 

 こんなのもあります。「紅のブタ」と「勝たせてくれない」。

 

いや、決してダメ出しとかそういうのではなくて、この「タイトルへの一味」が作品の良さをぐっと引き上げていると思うのです。その証拠に番組内で、このタイトルが見る人の感情を揺さぶるシーンがあります。

 

番組の後半、田中さん自身が企画したスーパーマーケットでの展示ですが、最初は見向きもされなくて苦戦します。しかし、少しずつ「いいね!」の声が集まります。

そこで、フタ付きの展示作品のタイトルは「うまく焼けたかな?」を見る女性が・・・

情熱1

作品を見て、満面の笑みを見せてくれます。

情熱2

中はこんな感じになっていました。

情熱3

作品のタイトルを見て、それである程度の想像をしているけれど、その想像を見事に裏切ってくれるのがタイトルにふりかかったエッセンスであり、田中さんにセンスでもあるのでしょうね。

 

作品を毎日作るということ

この田中さんのセンスがどこから生まれているのか? 番組内でハッキリと語られることはありませんでしたが、個人的に見ていて気になったエピソードがいくつかありました。

 

真面目にバカバカしいことをするのが大事

情熱4

これ、何かの本で読んだのですが、「不合理なことを、いかに合理的に行うか?」という言葉に似ている、というか同じ意味なのかもしれません。
他人からすれば、オモチャを並べて写真を撮ることなんて、ただの趣味にしか思えないでしょうが、それを真面目に取り組むからこそ、世間から認められているのでしょうね。

 

向き合いすぎると危険

情熱5

人に理解されないといけない作品を生み出すためには、自身の思い入れが強過ぎて、伝わらないことを避けないといけない。ということみたいです。

 

きっと、こういうのも、8年間毎日作品を世に出すことで磨かれた感覚で、いわゆるトライ&エラーの繰り返しから身についたのかなぁ~と思います。

比べること自体がおこがましいのですが、自分もこのブログを2年とちょっと(742日)毎日更新を続けており、田中さんの8年に比べるとまだまだヒヨッコですが、続けることで得たものがいくつかあります。

なので、番組の最後の「今の自分を表現してもらう」という依頼に対し、スキージャンプに見立てて、「自身のこれまでの作品を飛び越えていく」という意味を持つ作品に仕上げたのは、非常に深いがあると思うのです。

 

最後に

何らかの作品を世に出し、それで作品を見る人の感情を揺さぶることができるのは、少なくとも自分は嬉しいです。

もちろん、それにお金がついてくれば最高なのですが、今の自分には、それが簡単なことではないことを、身を持って体験しております。(つまり、このブログが儲かっていないということ・・・)

今回情熱大陸に取り上げられた田中さんのセンスが、8年間毎日作品を作り続けることで磨かれたものなのか、もしくは最初から備わっていたことなのかは、本当はわかりません。

ただ、自分にはセンスが備わっていないことだけはわかっていますので、今後も毎日ブログを書いてYouTubeに動画を上げて、コツコツ努力して参ります。

 

あと、最後に田中さんの商品を紹介。

MINIATURE LIFE CALENDAR 2019年 カレンダー 壁掛け A4 CL-425

MINIATURE LIFE CALENDAR 2019年 カレンダー 壁掛け A4 CL-425

 
MINIATURE LIFE ミニチュアライフ

MINIATURE LIFE ミニチュアライフ

 

 

あ!田中違いしちゃった、田中智さんの商品も紹介!

田中智のミニチュアコレクション (Handmade Series)

田中智のミニチュアコレクション (Handmade Series)

 
田中智のミニチュアスタイル (Handmade Series)

田中智のミニチュアスタイル (Handmade Series)

 

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村