46歳で退職してブロガーになってみた

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

子どもはいないけれど子どものことを知っているハナシ

どうも、マスクド・ニシオカです。

読者登録させていただいている、ブログの先人でありブログ界の偉人でもあるフミコフミオ氏が、このような記事を書かれました。

delete-all.hatenablog.com

詳しくは読んで頂くとして、タイトルから想像できるように「子どもを持たない大人」の話です。読ませていただいて、自分も同じ境遇であり、しかも子どもに関わる仕事を長くしていたということ、そして一番大きな乗っかりたい!あやかりたい!というゲス根性丸出しで、思ったことを書かせていただきます。

 

3歳からスイミングスクールに通うようになってそのまま水泳を続けて大人になって、一度は料理人としてイタリアンレストランに就職しますが、見事にケツを割って子どもの頃から慣れ親しんだ水泳を教える側になり、そこから28年ほどスイミングスクールでコーチの仕事をしていました。

そのコーチの仕事をしているときに生徒(お客さん)である女性と出会い、そのまま結婚して数年後には嫁さんのお腹に新しい生命が宿りました。しかし、赤ちゃんは育つことを止めてお腹の中でしぼんでいき、自分と嫁さんの前に現れることはありませんでした。

 

スイミングスクールでコーチの仕事をしているとき、主なお客さんは子どもとその保護者でした。19歳で働き始めた頃は親の経験がなくても別に構いませんでした。でもそれはまだ若かったからで、時間を重ねるにつれ、お客さんである保護者から親の経験を良くも悪くも言われる(問われる)ようになりました。

良い方は「子育ての経験がないのに子どもの扱いが上手いねぇ」と言われ、悪い方は「子育ての経験がないのに親の気持ちがわかるの?」と問われることです。

子どもを失う経験はしたけれど、子どもを育てた経験はありません。なのでそう問われたときに何も言い返せません。ただ普通の親よりも多くの子どもと接してきた、という自負はありましたが、どうせ火に油を注ぐだけだろうと思いとどまってきました。

それからさらに経験を積み、「子育ての経験がないくせに・・・」とか「親の気持ちがわかるの?」などと言われないよう努力をしました。親以上に子どものことを考え、考えたことを試して失敗を繰り返しながら信頼を得て、それなりに感謝されるようにはなりました。

でも、もちろんそれで親になれるわけではなく、あくまでも水泳指導者としての経験が豊富なだけです。自分には子どもがいなくて、子育ての経験がなく、親を名乗ることはできませんが、普通の親以上に子どものことをわかっている、ということだけが残りました。

 

もし自分がフミコフミオ氏と同じように、友人から「子供は東大か京大へ行かせるつもりだ」と聞かされたらどう答えるだろうか?と考えてみると、「いいねぇ!がんばれよ!応援するよ!」と1ミリも思っていないことを口にするよりも、氏と同じように「言うのはタダ」と笑い飛ばすほうが優しいのかもしれません。わからないですが・・・

ただ、自分ならきっと「子どもは親の思うとおりになんてならない」とだけ伝えるかな~と。

その証拠に、両親が思うような子どもに、自分は育っていないですからね。

 

お父さんお母さん。

会社を辞めたこと、まだ黙っていてごめんなさい。

でも、ボクは元気です。

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

普段アニメを観ないおっさんが面白いと思うアニメ3選のハナシ

どうも、マスクド・ニシオカです。

普段アニメを観ません。

ここでアニメの定義を目一杯広げると、観ないというのは嘘です。

いわゆる宮崎アニメや先日民放で初放送となった「君の名は。」などの映画は観ましたし、原作が好きでアニメ化された「ベルセルク」などは「原作が好きだから」という理由で観ています。

詳しくないので間違っているかもしれませんが、ここでいうアニメは「毎週放送されている」という認識で進めます。

 

話が逸れますが、すぐ戻ります。

昨夜「普段アニメを観ないおっさんが好きなアニメ」というネタを思いついて布団に入り、目覚めてブログのチェックなどをしていると、読者登録させてもらっているブログで、このような記事を目にしました。

www.loca-neo.com

普段プロレスのことを書かれているブログですが、そのプロレス界のトップを走るオカダ・カズチカが声優の方とお付き合いをしているという報道から、アニメに行き着いたようです。

純粋にこの記事のネタを思いついて取り掛かっておりますが、順番としてはコチラがネタをパクったことになりますので、一応触れておきます。

 

さて本題ですが、普段アニメを観ていないので新作アニメの存在は知らず、紹介するのはいずれも古い作品です。しかし何度観ても面白いアニメであり、いま観ても面白いアニメです。

そして「好き」というだけで詳しい考察が語れるほどではないこと、さらにアニメとしては有名な作品だとは思いますが、自分のように普段アニメを観ない方もいるでしょうから、その方にオススメするという点で、作品の内容も紹介させていただきますことをご理解ください。

 

BLACK LAGOON

とにかくカッコイイのです!

派手な銃撃戦やキレのいい格闘シーンもカッコイイのですが、それ以上に出てくるキャラクター全てのしぐさまでがカッコイイ作品で、「萌え」なんて部分は皆無です。

主人公は日本人で国立大学を卒業して、一流企業に勤めているごく平凡なサラリーマンですが、仕事上のトラブルで海賊に拉致されてしまい、成り行きで海賊(運び屋?)の仲間となります。銃も扱えず格闘能力も無い主人公ですが、サラリーマンとしての交渉能力の高さを生かし活躍していきます。

個人的に好きなのは、物語の序盤で海賊に拉致された主人公が、会社に見限られたことに対してキレて会社を捨てたシーンで、ちょっとスッキリします。そしてこれが後の伏線として相棒となる女性(ガンマン)との距離を縮めていくことになります。

 

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

こちらもカッコイイのです!

現代兵器を装備した自衛隊と、RPGで出てくるドラゴンやゴブリンにエルフに剣や魔法が戦ったらどうなるか?もちろん圧倒的に自衛隊が勝つのですが、自衛隊としてただ一方的に痛めつけることはせず、ちゃんと自衛隊らしく法律を守って行動していて、もどかしい反面スッキリするシーンも多く、イライラしたときにちょうど良いアニメです。

しかも主人公は、アニメオタクだけど自衛隊の中でも選ばれた存在で、普段はおっとりしていますがいざとなったら頼りになる、「羊の皮を被った狼」要素が満載なところがたまりません。

物語は突如銀座に「門」(ゲート)が開き、そこから異世界の住人が押し寄せる所から始まります。警察と自衛隊の応戦のより異世界の侵略は収まり、門を確保した日本政府は、逆に偵察という名目のもと、異世界(特別地帯=特地)に自衛隊を向かわせます。

そこで主人公が特地の人々と交流を行い友好関係を結んでいきますが、もちろん敵対勢力や強力なドラゴンと戦うことになり、そこで自衛隊のヘリやジェット機に戦車が大活躍します。

 

干物妹!うまるちゃん

カワイーーー!

とにかく、可愛いのです!

主人公は外ではキレイで清楚で勉強が出来るスーパー女子高生の「美妹」ですが、家に帰るとゲームに漫画にポテチにコーラのグータラ生活の「干妹」に変わります。この美妹から干妹への変わりようの落差が・・・なんて小難しいことはどうでもいいくらいカワイイ!!

一緒に暮らすお兄ちゃんに甘えてカワイイ!怒られてもカワイイ!

カワイイ!カワイイ!カワイィィ!

ある日偶然、別の深夜番組を予約していたところに時間変更か何かで残っていたのを見たのがきっかけで、最初は「なんだこの生物は?」みたいに意味がわからなかったのですが、それより何より可愛くてそれから録画予約をしてまで観るようになりました。

ただ観るだけで追いかけるほどのパワーはありませんが、何も考えずにボーっとしたときに録画したものを眺めています。なのでエンディングに流れる「うまるん体操」のプーラプラーのリズムが頭に残って離れません。(詳細は以下の動画をご覧ください)

www.youtube.com

 

というわけで、プーラプラーでやっていくのです。

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Banishedという都市育成ゲームを200年(ゲーム内)プレイした感想のハナシ

f:id:maskednishioka:20180114142455p:plain

どうも、マスクド・ニシオカです。

昨年末に買った、Banishedという都市育成ゲームのハナシです。地球時間でのプレイ時間が69時間、ゲーム内の経過時間で200年が越えましたので、プレイした感想などを書いてみます。

 

バニッシュドという都市育成ゲーム

ゲームの内容としては「中世版のシムシティ」という感じで、ゲームをスタートすると、僅かな食料や必要最低限の道具などを持った追放者(バニッシュド)が未開の地に放たれたところからスタートします。

その住民となる追放者に指示を出し、木を伐り石を掘って試合を集め、食料を確保する釣り小屋を作り、寒さを凌ぐ家を建て、その住民が子どもを作り、徐々に町を大きくして住民を増やしていくのが、一応の目的です。(基本的にゴール無し)

このゲームの面白いのが「気を抜くとすぐに人類滅亡する」ところであり、わざわざ難易度を上げるMODを入れなくても、普通に「難しい」を選んで「さぁ~てどうしようか?」なんて悩んでいるだけで時間が進んで冬が来て、「〇〇が凍死しました」「〇〇が飢え死にしました」なんてパタパタと住民が倒れていき、気が付いたときには時すでに遅く全滅チーン!で終わりです。

もちろん仕様としてゲーム内の時間を止めることもできますし、基本いつでもセーブができますのでやり直すことができるのですが、「気を抜いたとき」というのがミソで、今回自分が紹介するプレイ内容も、気を抜いてピンチを迎えることになりました。

 

スポンサーリンク

 

 

200年で住民1,000人越えf:id:maskednishioka:20180114122746p:plain

上記画像はプレイ画面の一部で、経過年数が209年で住民総数が1,164人となっています。

たぶん、このゲームをやったことのない方には「何が凄いの?」と思われますし、逆にやりこんだ人からは「普通じゃん」とかいわれそうな数字です。

ちなみにゲームの条件はこんな感じです。

  • 地形タイプ 渓谷
  • 地形サイズ 大
  • 気候条件 普通
  • 災害の有無 オン
  • 難易度 難しい

f:id:maskednishioka:20180114123802p:plain

これは住民の推移をグラフ化したもので、最近の100年を示しています。

住民には年齢の概念があり、新しい命が産まれるのと高齢で天に召されるのとが波になって現れます。

難しいのは、まだ住民数が少ないときに高齢化が進み、食料を生産する人手が足りなくなって備蓄が底を尽きると一気に飢餓状態となり、そのまま全滅することもあります。

そしてそれは食料に限らず、あらゆる面で気が抜けません。

 

スポンサーリンク

 

 

気を抜いて道具不足のピンチに!

前述していますが、ある程度軌道に乗ってしまえば、後は気を抜かずに慎重に拡張していけばそれほど難しくないゲームなのですが、気を抜いてしまうと一気に下降線を下るのが、このゲームの面白さです。

f:id:maskednishioka:20180114124415p:plain

これは同じ時期の防具の備蓄の数ですが、あるとき一気に下降線を辿ります。

この道具というのは「住民があらゆる作業をするために必要な物」という位置付けで、石を掘るのも木を伐るのも畑仕事をするのにも道具を使います。別に道具が無くても作業は出来るのですが、道具の有無で作業効率が倍ほど違います。(たぶん)

道具は消耗品であり、住民に鍛冶屋として仕事を割り振れば作ってくれます。なので設備と職人を置き、せっせと作らせて1,000個を上限に備蓄をキープしていたのですが、気を抜いて他のことを考えてたら、急に「道具の備蓄が減っています」みたいなアイコンが出ていて、気が付けば一気に道具の備蓄が減って「もっと早く教えてよ!」と叫ぶほど驚きました。

対策として道具を作る設備と職人を増やしますが、すぐに道具が作れるわけでもなく、さらに資材置き場と家に近い好条件な土地はすでに埋め尽くされています。しかもそれらを決めて作業の命令を出しても、やって来たのは「道具がありません」のマークが付いた大工で、なかなか設備を建てる作業が進みません。

当然その間にも「道具がありませんマーク」の付いた住民が、まるで何かのウイルスに汚染されているかのごとくじわじわ増えていきます。

一応対応策として「交易」というシステムがあり、よその町から船に乗ってやって来る商人と、物々交換で道具を手に入れることも可能なのですが、この商人が必ず道具を持ってくるわけでなく、運が悪ければなかなか手に入らないこともあります。

もちろん道具が無いだけで住民がすぐに全滅するわけではないのですが、作業効率が悪いということは食物を生産する量も減るわけで、食料の備蓄に余裕がある間はいいのですが、それが尽きると一気に飢餓で全滅コースです。

幸いにもこのときは交易で道具を手に入れつつ、強引に道具を作る設備と職人を作って凌げましたが、そうなると今度は道具を作るための資材が足りなくなって、という具合に完全にトラブル解消できないままセーブしております。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

セールで673円という破格値で買ったバニッシュドですが、まだまだ飽きることはなさそうです。実際、この記事を書くために試しに新規ゲームで遊び始めると、気が付けば2時間程が過ぎていて、まさに「時間泥棒ゲーム」の名の通りです。

今回のプレイで200年と1,000人を越えましたが、まだ土地は余っていて上手くやれば2,000人も可能だとは思います。ただし、当然ながらPCの負荷が大きくなっており、住民の動きもカクカクしてきたので、このまま続けるか新しいマップで行うか、それも新しい素材などの要素が含まれた大型MODを導入するか、悩むところです。

残念ながらセール以外では1,980円となっており、ちょっとお高くなっておりますが、それでも「暇でやることがない!しかしカネが無い!」という方には超オススメのゲームです。

ただし、ゲーム内と同じで「気が付いたら・・・」と呟くこと間違いなしのゲームですので、あくまでも自己判断でご購入ください。

store.steampowered.com

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

YouTubeに動画を300上げたらこうなったハナシ

どうも、マスクド・ニシオカです。

基本的に全くの素人が、見よう見まねでYouTubeに動画を上げ始めて約4ヶ月が経過しました。そしてその間に300を超える動画を上げました。

www.youtube.com

そこで今回は、YouTubeに動画を上げたらどうなったか?について、あまり細かい部分には触れずに思ったことを書いてみたいと思います。

 

チャンネル登録者とのやり取りが楽しい!

上げているのがプロレスゲーム(ファイプロ)の実況動画で、それ専門でやっています。なのでチャンネル登録してくださっている方(現在77人)のほぼ全てがプロレス好きだと思われます。

その証拠に、たまにコメント欄でチャンネル登録者同士がプロレストークをしていたり、自分が知らないプロレスの世界を教わったり、実況の間違いを指摘してくれたり、自分の知識量なんて恥ずかしくなるくらいのプロレス好きが集まっています。

そんなプロレス好き、自分と同じ趣味の人が集まる場所になりつつあるのが嬉しくて、そのやりとりは大変楽しいです。

 

動画編集が楽しい!

当初はゲーム画面を録画して上げるだけでしたが、簡単な編集をするようになりました。といっても本当に簡単な編集で、使っているソフトも無料で使えるものばかりです。

  • oCam(撮影ソフト)
  • Windows ムービーメーカー(編集ソフト)
  • Pixlr Editor(画像編集ソフト)

たまに他のゲーム実況動画を見て、自分の編集技術とアイデアの無さに泣きたくなることもありますが、それでも少しずつレベルアップしてみようと試行錯誤を繰り返しています。

昔から、仕事でプレゼンをしているときから、高価で多機能なソフトで編集されたものを、安価で誰でも使えるソフトだけどアイデアで越えたいと思っていたので、今も変わらないのでしょうね。

 

差別化を楽しむ!

海外を含めると、同じファイプロを実況している人はめちゃくちゃたくさんいます。

そこで多くの人の目に留まるように、タイトルにプロレスラーの名前をダイレクトに入れるのが正攻法となります。例えば最近でしたら「オカダvs内籐」みたいに現実にありうる試合のシミュレーションであったり、「武藤敬司vsケニー・オメガ」みたいな夢のカードをタイトルに入れることで興味を持ってもらえます。

最初は自分もそうやっていたのですが、それだとどうしても1試合しかできないので短時間の動画になりますし、他の人と同じことをやっても誰も見てくれないだろうと考えました。

そこでトーナメントやリーグ戦など数十試合行われるシリーズ、つまりテーマを考えて、続きが気になるような仕組みにできないだろうか?と試行錯誤中です。

これまでの中で一番大きなシリーズは全78試合を16日かけて行い、しかもリーグ戦に出場するレスラーを、チャンネル登録者に選んでもらうという参加型システムを考えて試しています。

 

全然儲からない!

現在、YouTubeに動画を公開し始めてもすぐには収益化できません。少なくとも視聴回数が1万回を越えないと、Youtube側に認めてもらえず広告を付けることができません。(違っていたり変わっていたらスミマセン)

最初は「1万って・・・」と思っていましたが、とにかく「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる!」と信じて動画を上げ続け、なんとか1万回を越えてYouTubeに認めてもらってヤッター!とか思っていたのですが・・・収益化できるようになっても視聴回数が少ないと、全然儲かりません・・・

もちろん素人が金をかけずにやったところで、そう簡単に儲かることはないと思っていたのですが、こうやって続けているブログと同じくらいか、少し少ないくらいは・・・と思っていたのですが、全然ダメ。

あまり細かい数字は出しませんが、1日1ドルに手が届きません。ハイ。

 

それでも面白い!

世の中の、見るだけの人にとってはブログもYouTubeも同じようなものだと思われているようです。しかし中身は全然違っていて、違う楽しみと違う苦しみがあります。

ただ、ブログと同じような畑を育てる感があり、動画数(ブログでいう記事数)が増えれば増えるだけ、それだけ目に留まる可能性が上がります。もちろん可能性が上がるだけで何の保証もありませんけどね・・・

ブログについては文章を書く技術、YouTubeに関しては映像を編集したりプロレスの知識を学んだり、どちらも直接稼ぎには繋がらないものですが、ちょっとでも成長できることは辛くても楽しくて面白いものです。

「継続は力なり」という言葉を信じて(というかそれしかない・・・)、今後もこのブログともども、続けていきます!

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

十二支はサッパリないのに、主要日本人プロレスラー11人のフルネームはバッチリなハナシ

どうも、マスクド・ニシオカです。

何の番組で最近の作品化か過去の作品だったかも忘れましたが、ココリコの遠藤が干支に関するクイズで、「え~と、亥・・・」と答えて「ちゃうんやん!自分のやつじゃなくて、12個あるやろ!それを最初からいうねん!」みたいなツッコミを受けているのを観ました。

ちゃんとしたクイズの内容も忘れてしまいましたが、ようするに干支の十二支を順番にいうことがヒントになるみたいな内容で、それを言えない(覚えていない)遠藤が意外なところで恥ずかしい思いをする、という感じでした。

ハイ。

ここまででご想像いただけると思いますが、これを観た自分は笑えませんでした。

なぜなら自分も十二支を、ちゃんと言えないからです・・・

 

別の日、YouTubeにゲーム実況の動画を上げる企画で、主要日本人プロレスラー11人が出場するリーグ戦を思いつきました。

プロレスに詳しくない方のために簡単に説明すると、日本の有名なプロレスラーの頂点が力道山で、その後ジャイアント馬場とアントニオ猪木の2つに派生しました。それから多くの有名プロレスラーが生まれるのですが、ユニットとして現在も名を残すグループが3つあります。

  • 鶴藤長天
  • 闘魂三銃士
  • プロレス四天王

で、この3つのグループに属する11人のレスラーのフルネームを、何も見ずにスラスラと書くことができます。

<鶴藤長天>

  • ジャンボ鶴田
  • 藤波辰爾
  • 長州力
  • 天龍源一郎

<闘魂三銃士>

  • 武藤敬司
  • 蝶野正洋
  • 橋本真也

<プロレス四天王>

  • 三沢光晴
  • 川田利明
  • 田上明
  • 小橋建太

この11人が参加するリーグ戦なら盛り上がるだろうなぁ~と、そのときはそんなことしか考えず、企画に没頭していました。

でも、ふと気がついたのです。

十二支はサッパリでも、プロレスラー11人だったらバッチリだ・・・と。

 

「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるように、興味の有無が大きく関わっているとは思います。実際「別に十二支を覚えていなくても困らないだろう」という、子どもみたいな考えを持ち続けています。

きっとその考えは今後も変わらないでしょうが、よくよく考えれば「プロレスラーの名前が覚えれるなら、十二支も覚えれるのでは?」となり、最近、毎日十二支を口にしています。

 

ねーうしーとらーうーたつーみーうまーひつじーさるーとりーいぬーい

 

で、その覚え方を語呂合わせでできないか考える日々です。

 

ねぇ牛捉う?タッチミー上手っ!ヒツジ去ると、居ぬい

 

どうでしょうか?

 

ま、覚えたところでどこかで披露することはないのでしょうけどね。

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村