46歳で退職してブロガーになってみた

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

ありがとう山本KID ごめんなさい山本KID おつかれさま山本KIDのハナシ

昨日、山本KID徳郁さん(以下、山本KID)が、亡くなられたというニュースを目にしました。

数日前に樹木希林さんが亡くなられて、「これでまた個性的な俳優さんがいなくなった・・・」とショックを受けていましたが、プロレスと格闘技が好きな自分には、このニュースの衝撃はかなりのモノでした。

きっと他の方も同じようなことを考えていたのでは?と思うのですが、少し前に“山本KIDがガンに侵されて闘病中”というニュースがあり、それでも最近の医療は進んでいるし、まだ若いから病気に打ち勝って、そのうち、美憂(姉)やアーセン(甥)のセコンドで、元気な姿を見せてくれるんだろうなぁ~って、思っていました。

だから余計にビックリしたし、信じられなかったし、ごめんなさいって思いました。

 

ありがとう山本KID

格闘技イベントが多数開催され、TVでもその試合が放送されていた格闘技ブームの頃、山本KIDは彗星のごとく現れて、格闘技ファンを興奮させました。

何より、その卓越したスピードと異常なまでの当て感で、数多くのKOシーンを生み出し、格闘技ファンの興奮を通り越して、度肝を抜いてくれました。

ニュースを聞いて衝撃を受けて、真っ先に思い出したのが、対宮田和幸戦の秒殺シーンです。

youtu.be

ゴングが鳴って試合が動き出した次の瞬間、飛び膝蹴りで仰向けに倒れた宮田を見てレフェリーがゴングを要請し、それで試合は終了です。(試合時間4秒)

あくまでも個人的な考えですが、プロレスにしろ格闘技にしろ、対戦相手に勝つことよりも、観客を納得させられるか?の方が大事で、たとえ勝ったとしても観客に不満の空気が流れれば、負けに等しいと思います。

それら全て加味したとしても、相手にも勝ち、観客も納得させたこの試合は、山本KIDの代名詞として、これからも燦然と輝くでしょう。

 

ごめんなさい山本KID

それでも自分は、山本KIDが好きになれませんでした。

プロレスを入り口にして格闘技を観始めた自分としては、プロレスにおけるパフォーマンスにはショーとしての意味があるけれど、格闘技におけるパフォーマンスは不要で、どちらかといえばアンディ・フグや、武田幸三といった“武士道”が感じられるファイターの方が好きでした。

だから、試合に勝ってリング上で舌を出し、音楽に合わせて踊りだす感じが、何かイヤで好きになれませんでした。

もうひとつの理由は、強過ぎたこと。

何となく、弱い方を応援したくなる性分なので、試合前には「どうせ勝つんでしょ?」とか思っていて、負けたら負けたで「ざまぁ!」って思っていました。

ごめんなさい・・・

 

おつかれさま山本KID

山本KIDは凄かった。

凄いけれど、好きにはなれなかった。

それでも亡くなったと聞けば、やっぱりショック。

どうか安らかにおやすみください。

合掌。

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

メルカリの販売利益75円のその後のハナシ

先日、このような記事を書かせていただきました。

www.maskednishioka.com

会社を辞めて自由な時間が増えたので、身の回りの不要になったモノをメルカリに出品するようになりました。

始めた当初はそこそこ売れていたのですが、ほったらかしにしているせいか最近はたまにしか売れず、やっと売れたかと思っても、その売上げは75円にしかならず、しかもその75円もそのままにしておくと、自分の手元には入ってこないのでは?という話です。

そもそも、この記事を書くきっかけになったのは、久しぶりにメルカリで昔読んだ小説(文庫本)が売れたことで、それ自体は普通のことなのですが、そのあと、ちょっとした出来事が起きまして、今回はそれについて書いてみます。

 

実は前回の記事を書いたあと、さらに2冊の本が売れました。

これで75円だった販売利益が225円となり、満額が口座振替できる1万円にはまだ遠いですが、口座振替の最低金額211円はクリアしたので、「14円は手元に入ることなった!」などと、かなり底辺に近いことを考えていたのですが、それと同時に、アレ・・・?となります。

というのは、「もしや!これはブログを読んでくれた人が、足長おじさんばりに支援をすべく、メルカリで商品を買ってくれたのかも?」ということです。

そう思うのは、ブログもメルカリもハンドルネーム(古い?)が、同じマスクド・ニシオカなので、面倒ではありますが、探そうと思えば探せるからです。

会社を辞めてブログを始めても大して稼げず、さらにYouTubeで動画に公開するようになっても利益が発生するまでに至らず(つまり0円)、さらにさらに嫁さんに主夫失格の烙印が押された自分を不憫に思ってくださった心優しいどなたかが、タダで金を渡すのは良くないけれど、協力という形なら・・・とメルカリで本を買ってくれたのでは?という妄想です。

しかし、その後に売れた本が、前回売れた本と同じ作家さんで、しかも購入してくれた方も、前回と同じ方なので、「単純に、この作家さんを気に入って買ってくださったのかな?」と勝手に解釈し、ブログによる足長おじさん妄想は、すぐに頭から消えました。

 

というか、そもそも順番として、先に本が売れたことがきっかけで前回の記事を書いていますから、同じ方が購入してくれている時点で、購入者がブログ読者さまである可能性は低いはずです。

 

ところが・・・

 

いつものように商品(本)を梱包し、コンビニに出向いて発送処理をして、メルカリ経由で購入してくださった方に、発送したことを連絡するのですが、ここで返ってきた文面に驚くことになります。

 

迅速な対応ありがとうございます。

ブログ楽しみにしています。

Twitterもフォローさせていただきました。

デスマッチも楽しみにしています。

(内容は要約しています)

 

ひえぇぇぇぇぇぇ!!

読者さまでしたか!

 

しかもツイッターのフォローどころかデスマッチとは、今度YouTubeで公開するプロレスゲームの新しいシリーズ(企画)のことではありませんか!!!

www.youtube.com

そんなところまで見てくださっているとは、どこのどなたかはわかりませんが、本当にありがとうございます。

もしかすると、今回記事にしてご迷惑だったかもしれませんが、あまりにも嬉しくて、嫁さんにも話して、その勢いで書いてしまいました。

メルカリはともかく、ブログとYouTubeは楽しんでもらえるように頑張りますので、今後もヨロシクお願い致します。

 

というわけで、ネットのおかげで、さらに世間は狭くなったなぁ~という話でした。

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Craft Warriors(クラフトウォリアーズ)無課金日記(26ドット)

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

f:id:maskednishioka:20180619101507p:plain

どうも、マスクド・ニシオカです。

実はこのブログ、職場の方に身バレしていて、一部の方に読まれています。

しかし、そんな奇特な方が「月曜日だけは読まない」と仰られていました。

理由は簡単で、その方がCraft Warriors(以下クラウォリ)を遊んでいないからです。

・・・ということは、月曜日に職場のことを書けばバレずに済む!と思ったのですが、全く意味の無いことだと気が付きましたので、普通にクラウォリのことを淡々と書いていきます。

では、スタート!

 

シーズン21の報告

前回(シーズン20)が114位なので、順位としてはランクダウンなのですが、報酬は変わらずジェム55個を手に入れたので、まぁ、良しとしましょう。

ただ、最近はどちらかというと“パワープレイ”といえばカッコイイですが、いわゆる“適当”に街を攻めることが多く、「ダメならダメで仕方なし!」という精神でプレイしています。

もちろん勝てば嬉しいですから、負けないように考えるのですが、効率を考えて、このライバルよりももっと簡単にトロフィーを奪えるライバルがいるのでは?と思って、違うライバルを選べるまで3分間待つのは、精神的に疲れるのでやらなくなりました。

 

鍛冶屋アップグレードの誘惑

これを書いている現在、ジェムの保有数は2500を超えています。

これまで街の施設のアップグレードを優先させてきたので、大工を増やすためのみにジェムを使ってきましたが、現在大工を増やすために必要なジェムの数は4,000個であり、まだまだ遠い道のりです。

そこに「オレならすぐにアップグレードできるぜぇ~」とアピールしてくるのが、鍛冶屋の家です。

確かに鍛冶屋を増やすことによって、ユニットのアップグレードが早まるのですが、かといって大工の仕事がなくなっているわけではありません。

(ちなみに、科学者の仕事は終わりました=全てのアップグレートが完了)

正直、悩むところなのですが、とりあえずは大工の数を増やす、つまりジェムが4,000個貯まるまで我慢して、そこから一気に街の発展を!という計画です。

 

新武器が出ない~!

公式発表で、新武器が3つ追加されたようです。

  • アーチャー 対空中ユニット用の武器
  • バックラー 反撃時、相手を麻痺機能を持つ武器
  • タイタン 攻撃時、相手を気絶させる武器

個人的には、この仕様変更は大変面白く、どんな感じになるのだろう?と興味津々なのですが、とにかく新武器が出ません。

もちろんプレイヤーレベル等の条件は満たしていて、ライバルとの戦闘に勝利したときに、ごく稀に現れるボックスから手に入ると思っているのですが、それがなかなか現われません。

でも、その分出たときの喜びは大きいでしょうから、楽しみにしておきます。

 

というわけで、次回もお楽しみに~!

 

Craft Warriors (クラフト・ウォリアーズ)
Craft Warriors (クラフト・ウォリアーズ)
開発元:Translimit, Inc.
無料
posted withアプリーチ
これまでのクラウォリ無課金日記はコチラ!
 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランチパックのシュガーマーガリンにやられたハナシ

週に2回だけ、働きに行っています。

自宅の近くから電車に乗って、途中で別線に乗り換えて、最寄駅に付くのは1時間後、そこから歩いて、田んぼや山が見える、ちょっと田舎の職場に辿り着きます。

仕事がスイミングスクールのコーチということで、多い日には5時間プールに入って、さらにミーティングがあったりして、そこそこの肉体労働となります。

 

そんな肉体労働の帰り道、家に帰れば晩ゴハンが待っているのですが、それまでに1時間ちょっと、お腹が空いて何か食べたくなります。

そんな小腹を満たすためには、寄り道してコンビになどに行けばいいのですが、家が一番落ち着く派なので、帰りが遅くなるのは避けたい・・・

そこで唯一の選択肢が、職場の最寄り駅の売店で菓子パンを買って、それを食べながら帰宅するのが、『小腹を満たせる』&『早く我が家に帰れる』の両条件を満たせる良策です。

 

しかし、その駅の売店がクセ者で、菓子パンの品揃えが少なく、さらには早々と閉店しているときがあります。

その売店を逃すと後は家までの駅には売店が無いので、ここが最初で最後のチャンス!なのに、シャッターが閉まっているときの落胆具合は半端ではありません。

もちろん合理的に考えれば、職場に向うとき、まだ品揃えがバッチリのときに好きな菓子パンを買えばいいのですが、それはなんとなく“負けた感”があるので行いません。

なので仕事から帰るとき、毎回「今日は何パンが残っているか!?」「いやいや、それ以前に売店は空いているのか!?」という“菓子パン勝負”が繰り広げられています。

 

きっと他人からするとくだらない“菓子パン勝負”ですが、個人的にはこういうくだらないことをどれだけ楽しめるかどうか?が、お金をかけずに人生を楽しむ方法だと思っていますので、気にしません。(誰にも迷惑をかけていませんし・・・)

 

で、先日、この“菓子パン勝負”にキョーレツなパンチを喰らわせるニューカマーが現れました。

 

f:id:maskednishioka:20180916122603p:plain

シュガーマーガリン | ランチパックスペシャルサイト | 山崎製パン


この日は他に選択肢は無く、コレしか置いていなかったので、「今日の“菓子パン勝負”は、引き分け、いや負けに等しいか・・・」などと思いつつ購入、敗北を感じつつ袋を開けておもむろにかじりつくと・・・

ウマー!!

 

ランチパックといえば、「ピーナッツ」などの甘い系もあれば、「カレー」や「ツナマヨ」などの惣菜系、そして限定販売されるご当地系など、多種多様な品揃えが有名ですが、それらに比べると、この「シュガーマーガリン」はシンプルしか取り柄がありません。

しかし、シンプル イズ ベストとはこのことで、マーガリンの風味と砂糖の甘味、そしてシャリシャリ感が口の中を支配していきます。

もちろん、マイナスイメージから入ったせいもあるかもしれませんが、その美味さには感動すら覚えるほどで、引き分けもしくは負けだと思っていた“菓子パン勝負”は、逆転勝利となりました。

 

ところが、この「シュガーマーガリン」、それ以降クセ者売店で見かけることはありません。本来ならルール違反であることも百も承知の上で、帰りではなく、行きに売店のラインナップを覗くのですが、一度も見かけることはありません。

 

いつでも探しているよ

どっかにキミのカケラを

旅先の店 新聞の隅

こんなとこにいるはずもないのに

 

というわけで、ランチパックのシュガーマーガリンにやられた話でした。

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

スイミングスクールにおける多人数指導のハナシ

スイミングスクールに子どもを通わせる親は、ほぼ確実に「少人数」を好みます。

多人数だと危険だし、泳ぐ回数やコーチから直接教えてもらう回数が少なくなるのが、主な理由でしょう。

しかし、スイミングスクールを運営する会社は「多人数」を好みます。

少人数だと儲かりませんし、下手したら赤字→倒産だって起こりうることです。

 

長年この仕事をしてきましたが、両者の溝が埋まることはありません。

でも飲食店なんかは、行列ができる方が人気があったりするのにな〜、などと思うのですが、経済学や人間行動学に詳しいわけではないので、残念ながら自分には溝を埋めることができません。

 

さて、この両者の間に挟まれる形で存在するのが、実際に子どもを指導するコーチです。

このコーチが、「少人数」を望むか「多人数」を望むかは、そのコーチの経験によって違ってきます。

基本的には「少人数」でも「多人数」でも、指導した時間の分だけ給料が支払われるシステムなので、当然「少人数」の方が教えやすくて、気は抜けませんが、気楽ではあります。

しかし同じコーチでも、経営に近い立場だったり、数字に強く頭がよかったりすると、「少人数で大丈夫か?」と考えて、「多人数じゃないといけない」と思うようになります。

そうなると、本当は「少人数」がいいけれど、経営を維持するためには「多人数」じゃないといけないから、「多人数」での指導ができるように勉強したり考えたりするようになります。

しかしそこに気がつかないコーチは、何だかんだと理由をつけて、「多人数の指導はよくない!」などと言い張り、さらには「保護者目線で!」なんてことも持ち出します。

 

しかし、残念ながら、そういう考えのコーチは生き残るのが難しく、いつか若くて安く雇えるコーチに取って代わられます。

自分の場合は幸いなことに、前に勤めていた会社で現場責任者をやらせてもらっていたので、「多人数じゃないとまずいのでは?」と思うようになっています。

だからこそ、会社を辞めた今でも、それまで縁もゆかりないスイミングスクールで働くことができ、さらには多人数指導の考え方をレクチャーすることもあります。

 

もちろん自分だって「少人数」の方が気楽ですが、勤め先が潰れてしまえば、全てはパーです。

そうならないためにも、せめて自分だけは…と今日もプールで奮闘します。

 

でわ、股!!