46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

旅行の楽しみ方がわからなくて困る

ひとり言

どうも、マスクド・ニシオカです。

てるみくらぶが破産宣告をして、利用者に対する返金が困難になっているニュースで、「ブッチャーブラザーズ」のぶっちゃあさんが被害にあったことをメインで書いている記事を見ました。なのに、たった一行だけ矢部美穂さんのことが書かれているだけで、画像は矢部美穂ということに対して、なんとなく憤りを感じております。

f:id:maskednishioka:20170329105123p:plain

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000001-spnannex-ent

ちなみに右がぶっちゃあさん。芸人のラジオを聞いていると、たまに名前が出てくる先輩芸人です。

f:id:maskednishioka:20170329105519j:plain

引用 http://www.sunmusic.org/profile/butcher_brothers.html

何となく書きましたが、このことは本題とは関係ありません。ただひとつ「旅行」というキーワードのつながりだけです。

 

スポンサーリンク

 

 

嫁から旅行に誘われましたが

先日、嫁さんからこんなことを言われました。「どこかの連休で香港に行かない?」どうやら嫁の旅行好きの虫が騒いでいるらしく、とりあえず海外に行きたい!という思いから、まだ手軽に行ける海外旅行として香港を選択したようです。

その言葉に対して自分は、「いいよ、行こうか」と満面の笑みで返事をしました。しかし次の日、嫁さんからこう言われます。「やっぱり香港旅行はやめよう」

理由は以前、自分が会社を辞めてすぐに行ったシンガポール旅行で、自分があまり楽しそうでなかったことで、無理やり連れて行くことになるのが嫌だから、だそうです。

 

嫁は旅行が大好き

嫁の旅行好きは自分と出会う前からで、過去に旅行でたくさんのトラブルもあったのにも関わらず、今でも旅行に行きたがります。

結婚する前ですから20年以上も前に、友人と海外旅行に行って飛行機に乗っているとき、 飛行機の車輪が片方しか出ず、空港に胴体着陸をして緊急脱出したことがあったり、あの911テロのときも、英会話教室の人たちとアメリカ旅行をしていて、ロサンゼルスだったから直接被害はありませんが、帰国するための飛行機にしばらく乗ることが出来ず、一緒に行った旅行者とホテルにとどまり、予定より一週間遅れでなんとか飛行機に乗って帰ってきました。

さすがにそのときは「旅行はこりごり」と言っていましたが、時間が経てば喉元過ぎるようで、それくらい旅行が好きみたいです。

f:id:maskednishioka:20170329141848p:plain

 

自分はそれほど旅行が好きではない

「自分の行ったことのない場所に行きたい」という気持ちがないわけではないのですが、それほど強くありません。

もちろんこれまでに何度も旅行をしていますが、「どこかに行きたい」という目的ではなく「美味しいモノを飲み食いしたい」という目的があったからです。

しかし何度も旅行するうちに、なんだかんだいって日本の食べ物が一番美味しい(自分に合っている)ことがわかったり、年齢と共に食べる量が減ってきて、いくら美味しいモノでも食べ続けることが難しくなっていることがわかってくると、飲食目的の旅行も厳しくなってきます。

 

景色に感動しない自分

これだけネットが発達して、世界中の美しい映像がそれなりに美しく手軽に見ることが出来るようになったことが、そうなった原因かもしれません。美しい景色を直接見るための時間やお金を合理的に考えると、果たしてその価値はあるのかい?と思ってしまうのです。

すいませんね。つまらない男で。

しかし以前、仕事をしていたときのお客さんで、世界中を旅してきた人が「TVで見るのも直接見るのも変わらんね」と仰っているのを聞いて、同じ思考の人がいることに安心し、景色に感動しない自分がおかしくないと思うようになりました。

 

旅行の楽しみ方がわからない

旅行好きな人を否定する気は毛頭ございませんが、自分は家にいるほうが楽しいと思うので、旅行の楽しみ方がわかりません。

いくら居心地の良いホテルに行っても、自分にとっては家の方が居心地が良いですし、見たい景色は家で見ることが出来ます。地元でしか食べれない美味しいモノにはそそられますが、胃袋にも限界があるので全部食べることは出来ません。

過去に嫁さんと旅行に行っても、ホテルの部屋ですることがないので、ずっとモンハンをしていたことがあります。これでいいのか?とは思いますが、何かの本で旅行に何冊もの本を持っいって、それを全部読み尽くしてしまうというのを読んだこともあるので、そんなもんでしょうかね。

 

そもそもお金大丈夫?

自分は会社を辞めて再就職していませんので収入がありません。このブログにも広告を貼っていますので、そこからの収入はありますが、あいかわらずアルバイトしたほうが手っ取り早い金額です。チクショー!

嫁さんはフルで働いているのでそれなりの収入がありますが、それほど高給取りではありません。子どもがいなくて家のローンもありませんが、どれだけ貯蓄があるのか自分はわかりません。

貯蓄を把握していて財布の紐も握っている嫁さんが、お金のかかる海外旅行に行きたいということは、もしかして我が家には莫大な額の貯蓄が眠っているのか!?と思わずにいられませんが、真実を知るのが怖いので聞けません。

f:id:maskednishioka:20170329142041p:plain

 

香港から東京に変更か?

香港はあきらめたという嫁さんが、今度は東京に行きたいと言い出しました。どうやら嫁さんが勤める会社の、東京の同僚が退職することになったようで、直接会いに東京に行くと宣言しました。

もちろん快諾しましたが、どうやら嫁さんは自分と一緒に行くことを目論んでいるようで、「スカイツリーって行ったことあったっけ?」といったジャブを繰り出してきます。そんな嫁さんに今度こそはと、満面の笑みを返しておきました。

自分は嫁の会社の同僚を知らないので、東京に行ったとしても別行動です。かといって東京に行っても特に行きたいところはありません。出来ればスカイツリーが見えて電源が使えてWi-Fiが使えるところで、モンハンを楽しみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

ふと思い出した

書いていて思い出したのですが、だいぶ前に嫁さんと京都までプロレスを観に行ったことがあります。

その日はメインには、あのミル・マスカラスが出場するということでたくさんのプロレスファンが集まっていて、ミル・マスカラスの入場曲「スカイ・ハイ」が流れたときには狂喜乱舞の大騒ぎとなりました。

しかしそんな大騒ぎの中、自分は見たのです。嫁さんがグースカ寝ているのを・・・。

確かに全くプロレスに興味がないのに、強引に嫁さんを連れて行ったのは自分ですが、あのミル・マスカラスが目の前にいるのにグースカ寝るとは驚きました。しかもタッグパートナーはボブ・バックランドで、しかも対戦相手は天龍と嵐のコンビです。ま、こちらはプロレスファンでなければ寝るのは仕方がありませんが。

もしかすると、嫁さんはそのときのことを忘れておらず、長年かけて自分に仕返しをしようとしているのではないか?と思わずにはいられません。(たぶん違う)

 

でわ、股!!

 

クリックしてくれると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人生なんとかなると思う 昔救急車に乗った思い出

ひとり言

どうも、マスクド・ニシオカです。

突然ですがアナタは救急車に乗ったことはありますか?

もちろん「救急車に乗る」という言葉の定義は「病気やケガで病院に運ばれるために乗る」という、患者として乗ったことがあるだけでなく、「救急車を運転するために乗る」や「誰かの付き添いで乗る」や「救急車を作るために乗る」いろいろあるでしょう。

自分の場合は「患者として乗る」を一度だけ経験していて、「付き添いで乗る」を何度か経験しています。スイミングスクールでコーチの仕事をしていたときに、お客さんの体調が悪くなって同乗したことが何度かあります。

今回のハナシは自分が唯一「患者として乗った」ときの話であり、そのことを思い出すと「人生なんとかなるでしょ」と思ってしまうのです。

 

子どもの頃住んでいた文化住宅

10歳まで文化住宅に住んでいました。近畿地方以外の方には文化住宅ってなんだ?と思われるかもしれませんが、簡単にいえば1階と2階で別家庭が住むことができる集合住宅であり、風呂なしアパートといえばわかりやすいでしょうか。

近畿地方における集合住宅の一呼称。 1950 - 60年代の高度経済成長期に使われ始めた用語で、主として当時に建てられた瓦葺きの木造モルタル2階建てで、1-2階の繋がったメゾネット、あるいは各階に長屋状に住戸が並んだ風呂なしアパートを指す[1]。「文化」(「ん」にアクセント)と略称されることもある。この種の住宅が「文化住宅」と呼ばれたのは、それまでの長屋や下宿屋など集合住宅の多くが便所や台所を共用としていたのに対し、これらの設備を各住戸に独立して配置したことから、従来の集合住宅よりも「文化的」という理由である。

(ウィキペディアより)

そんな文化住宅の2階に家族4人(父、母。自分、妹)で住んでいましたが、子どもの頃はそれが当たり前だと思っていたので、風呂がないことも玄関開けたらすぐに階段だったことも、トイレが外にあって一度ベランダ(っぽいもの)に出てから入らないといけないことも、特に不自由だとは思っていませんでした。子どもですしね。

 

ひな祭りの頃だったと思う

父親はどちらかというとマメな人で、子どもの成長を写真に残すことを面倒だとは感じず、子どもである自分たちはことあるごとに父親の構えるカメラの前でポーズを取らされていました。

記憶が正しければひな祭りの頃だったと思います。妹が主役となり雛人形の前で写真を撮ることになりましたが、人格が破綻していた子どもの頃の自分は、「どうせ写真を撮るなら目立たなくては!」と思い、4歳年下の妹を押しのけてカメラの前でポーズを取っていました。

しかしそのとき偶然にも、尿意が自分を襲います。ここで自分の中では「目立ちたい!」と「オシッコ漏れそう!」の戦いが始まるのです。

 

文化住宅のトイレは家の外

正確にいうと家の外というのは間違いで、洗濯物を干すためのわずかなスペース(ベランダっぽいもの)があり、一旦そこに出てからトイレに入るという形です。

f:id:maskednishioka:20170328110415p:plain

そんなに距離があるわけではありませんが、2回扉を操作しなければ便器にたどり着かず、トイレに行くことは、ちょっとメンドクサイことでした。

 

父親はアングルにこだわる人

尿意を我慢しながらカメラの前でポーズを取っていた自分ですが、カメラを構える父親はアングルにこだわる人で、なかなかシャッターを押してくれません。デジタルの今なら撮った画像をすぐに確認することが出来ますが、当時はフィルムだったこともあり、父親が納得しなければなかなかシャッターは押されません。

ひな祭りの主役である妹を押しのけて、自分がアングルの中心にいようとすることも、父親がシャッターを押さない原因でした。いま思えば、自分で自分の首を絞めていたようなものです。あの頃の自分には「馬鹿!」と言ってやりたいです。

なかなか押されないシャッターと、ジリジリと増していく尿意。自然とモジモジしてしまう自分がそこにいました。

 

頭の中で起こっていたこと

人間の脳とは不思議なもので、昨日の晩ゴハン何を食べたか思い出せないのに、このときの自分の頭の中で起こっていたことは、ボンヤリですが覚えています。

猛烈にオシッコに行きたいけれど、トイレに行っている間に写真を撮られてしまう!このままでは兄としての威厳も面目も丸潰れだ!ここはなんとしても我慢せねば!たぶんこんなことを考えていました。

こんな子ども時代を過ごしていましたので、「自分には子どもが出来なくて良かったかも」と思います。

 

父親との交渉

ここで自分は父親と交渉することにしました。

「オレがオシッコする間、写真撮らないで!」

このセリフだけを切り取ると、オシッコしているところを撮影しようとする変なおじさんに懇願する少年みたいな感じですが、ただのワガママであり、馬鹿の極みです。

しかし、それを了承しないとオシッコを我慢し続けると聞いた父親は、しぶしぶ受け入れることとなりました。

 

いかに早くオシッコを終わらせるか

父親との交渉に成功した自分は、慌ててトイレに向かいます。

しかし、いくら交渉が成立したといっても、それが守られるという保証はありません。もしかしたらこっそりと自分がいない間に、パチリと写真を撮るのではないか?と思い、いかに早くオシッコを終わらせるかを考えます。

早くトイレに行って、早くオシッコを出し切って、早くカメラの前に戻らなきゃ!

 

そして悲劇が・・・

「いかに早くするか」しか考えていない自分は、キビキビとした行動で立ち上がり、部屋の扉を開けて外に出て、トイレに向かいます。

ズボンのチャックを勢いよく下ろし、ムスコを取り出してオシッコを始めます。当然、勢いはフルパワーで、便器から的が外れていようが多少足元に尿の飛沫を感じようがお構いなしです。とにかく早く終わらせないといけないのです。

そしてようやくオシッコを出し切って、後はカメラの前に戻るだけだ!と思い、大慌てでチャックを勢いよく上げたとき、悲劇は起こりました。

ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

 

チャックから皮が出ている

自分では何が起こったかわかりませんが、下半身に衝撃的な痛みが走り、見るとズボンのチャックから自分のムスコの皮が出てています。

とにかく痛かったので声を上げて助けを呼びました。ここで自分は泣き叫ぶだけで何も出来ません。あわてた父親は力ずくでチャックを動かそうとしますが、皮が邪魔をして動かず、逆に動かせば自分が「痛い!痛い!」と叫ぶだけです。

いろいろ試したものの、どうにも出来なくなった両親は、救急車を呼ぶことになります。

 

病院で大工手術

救急車がサイレンを鳴らして来たことで、同じ文化住宅に住む人が何事かと家から出てきました。担架に横たわりグッタリする自分に近所の優しいおばちゃんが、「大丈夫か?」と声をかけるものの、両親に事情を聞いたとたんにニヤニヤしていたことは、今でも忘れられません。

そのまま近くの病院に運ばれますが、何の因果かそこは自分が生まれた場所で、父親の草野球仲間の医者がいる病院です。痛いけれど恥ずかしい、ずっとそう思っていました。

しかも、こんな症例は珍しいということで、続々と医者が集まってきます。命に別状がないわけですから仕方がないのですが、さらに恥ずかしいという気持ちが高まります。とはいっても全て自業自得なので、誰に文句をいうことも出来ません。

結局、この手術は「チャックを壊すこと」という方針が決まりましたが、病院には大工道具がありませんので、父親が大急ぎで家に取りに行き、その大工道具でチャックを破壊し、ほどなく大工手術は無事終了しました。

その後、当分の間はムスコにチャックに挟まれたアザが残りましたが、時間と共に消えていきました。しかし記憶だけは残ったのです。

 

その当時は真剣に悩んだ

これが自分の初めて救急車に乗った記憶ですが、当時は真剣に悩んでいました。

「オシッコができなくなったらどうしよう?」なんていうのは直接医者や親に相談できますが、「エッチなことができなかったらどうしよう」とはいえません。

そして月日が流れ大人になってから、ちゃんとできたときには本当に嬉しかったものです。

 

人生なんとかなる

途中から何のことを書いているか忘れていましたが、結局はそんなことがあっても、「なんとか生きています」ということです。

こうやって書いている自分が思うのですから、アソコの皮がチャックに挟まったことくらいで大げさな・・・と思われるかもしれません。ただ、その当時は真剣に悩んでいて「このアザは一生残るのだろうか?」とか「男性としては終わったのではないか?」とか、子どものくせに想像力だけは一丁前でしたので、そんなことばかり考えていました。

ですが時間が経って振り返ってみると、その当時の悲壮感はなく、逆にそれがおもしろい笑い話になるわけです。そう考えると、いま起こっていることも後になれば笑えるんだろうなぁ~と思ったりするのです。

自分は46歳で会社を辞め、再就職もせずにブログを書いています。世の中の人にいわせればおかしなことをやっていると思われたり、ちゃんと働くべきだと思われているかもしれません。自分でも「このままでいいのか?」と思うときがありますから、そう思われるのも仕方がありません。

ただ、この判断が正解かどうかは別として、いつか退職したことを、子どものときのことのように笑える日が来るんだと思っています。

もちろん、世の中にはもっと大変になっている人がいて、こんなことくらいでいえる立場ではなかもしれませんが、ふと子どもの頃のことを思い出して書いてみました。

 

でわ、股!!

 

クリックしてくれたら助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

MHXX(モンハンダブルクロス)60時間カマキリ装備の考察

好きなこと 好きなこと-ゲーム 好きなこと-MHXX

どうも、マスクド・ニシオカです。

あいかわらずボチボチ狩りに出ております。遊んでばかりではございません。ちゃんと家事をしながらです。無職の身で狩りにばかり出ていると、家庭の中で自分の身が危ういのでボチボチ狩りに出ています。

前回ハンラーランク(以下HR)の開放をしたところまで進みましたが、それ以降はあまり進んでおりません。というのも、開放するための緊急クエストに登場するモンスターの素材で作れる装備が、あまりにも使いやすいので、武具によるスキル構成の実験ばかりしていました。

 

通称カマキリ装備

とあるモンスターの素材で作れる、巷ではカマキリ装備と呼ばれる武具を全身装備するとこのようになります。

この装備のおもしろいのは、これだけでは普通のスキルは発生しませんが、装飾品をはめるスロットが15個もあり、さらに護石のスロットを加えれば、最大18個のスロットがあるということになります。

このスロットを使えばいろんなスキルを発動させることが出来そうですが、この防具の凄さはこれだけではありません。

 

スキル加点+2と護石系統倍加

装備一式で「スキル加点+2」と「護石系統倍加」というスキルが発生します。

<スキル加点+2>

発動したスキルに2ポイントプラスされます。例えば10ポイントで発動するスキルは、8ポイントで発動します。画像を見てもらえればわかりますが、護石系統倍加は8ポイントなのに合計10ポイントで発生しています。マイナスで発生しているスキルにも2ポイント加点されますので、マイナス要素を減らすことも出来ます。

<護石系統倍加>

護石のスキルポイントが倍になります。例えば護石で4ポイントのスキルがあったとして、それを装着すると4が倍になって8となり、さらに前述した「スキル加点+2」で2が加わって、結局4が10になります。

 

大剣向けのスキルを付けてみた

自分の場合は大剣しか使えませんので、大剣を使うときに便利なスキルを付けてみました。ちなみに今はブレイブスタイルの練習中です。

  • 斬れ味レベル+1
  • 抜刀術【技】
  • 納刀術
  • 集中

これで、斬れ味レベルをひとつ上げて、抜刀するときに会心率が+100%になって、溜め攻撃の時間が早くなって、納刀するときの時間も減るという装備に仕上がりました。大変残念なのは、あとスキルポイント1で斬れ味レベル+2になるのですが、どうしても手持ちの護石では出来ません。

装備している護石は、納刀+4に装飾品のスロットが3つ開いているもので、そこに溜め短縮が+4になる装飾品をはめています。つまり、この護石だけで納刀術と集中のスキルが発生するわけです。ちなみに護石には大雪主-2が付いています。

この防具一式でレベル5まで上げた(限界突破していない)状態で、武器の分も加えて防御力が861となっています。これは前作のクロスで作れた大剣の代表格となった、ブラックS装備の641よりも、200ほど上がっていることになります。(ブラックSも限界突破せず)

 

ちなみに装備している武器の詳細はこのようになっています。

  • 攻撃力 330
  • 斬れ味 斬れ味レベル+1で紫が長め
  • スロット 3
  • 防御力 +60

見た目は別として、この大剣武器を越える武器は登場するのでしょうか?それくらい有能な武器です。よほどのこだわりがなければ、大剣使いの人はこの武器以外不要かもしれません。

 

カマキリ装備でスキルは自由自在

この防具があれば自分の好きな組み合わせでスキルを付けることが出来ます。自分のあれやこれや考えて、回避能力の高いのや、高級耳栓の付いたものを作っては試しています。

もちろん、もっとスキルが発生する防具の組み合わせも見つかっているようですが、その防具を作るためにはかなり強いモンスター(G級の獰猛化)を倒さないと作れないようなので、それに比べればこの防具一式は、自分にも作れたので作りやすいほうでしょう。

ブレイブスタイルなら抜刀術【技】は不要だと思われるかもしれませんが、自分のような下手くそハンターは、毎回溜め斬りを狙えるわけではありませんの、普通の抜刀斬りの火力を上げるために外せなくなっております。

 

スポンサーリンク

 

 

今後は護石を探す旅か

このカマキリ装備に限っていえば、護石がキーポイントになります。

  • 自分が付けたいスキルが2つ付いている
  • そのポイントが両方4以上である
  • スロットが4である

護石の仕様がどうなっているか詳しくは知りませんが、この条件に合う護石が見つかれば、護石だけでスキルを3つ発動させることが可能です。自分の倉庫に入っている護石を確認してみましたが、スロットが3つでポイントが両方4以上の護石はひとつしかありませんでした。ただ使えるスキルではありませんでした。

今回作った装備については、あと1ポイントで斬れ味レベルがもうひとつ上がるのですが、どうしても足りません。可能性があるとしたら斬れ味が上がる「匠」のスキルポイントが付いた護石を手に入れるしかありません。

 

スポンサーリンク

 

 

カマキリ装備一式は入門着

ワーイ!すごい装備が作れたー!と喜んでいる場合ではありません。これでやっと入り口に立てたようなものでしょう。まだこれから倒さなければいけないモンスターがわんさかいます。このカマキリ装備は狩りの道を進むための入門着なのです。

特にブレイブスタイルを練習中の自分は、「当たればデカイんだぞ!」と心の中で叫びながら空振りを連発しております。集会場で誰かが倒してくれたモンスターには溜め斬りで高火力を発揮するのですが、ソロの場合は攻撃を当てることから練習中です。

ただ、この入門着があまりにも高性能なので、どうしても同じ装備のハンターが多くなります。そんなときのために「防具合成」が出来るようになった?としたら、カプコン凄いですな。

 

まだモンハンダブルクロスを買うかどうか迷っている方、まだまだ今からでも間に合いますよ。

 

でわ、股!!

 

弱いモンスターでも数を狩ればHRが上がっちゃうんですよね~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

モンハンのこといろいろ書いています。

www.maskednishioka.com

姫路のこども園いろいろ問題を見て思う そりゃあ保育士増えないわ

ひとり言 仕事のこと 仕事のこと-働き方

どうも、マスクド・ニシオカです。

最近にニュースで取り上げられる「姫路のこども園」のことですが、このようなニュースがありました。

定員を大幅に超える園児を受け入れていた兵庫県姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」(小幡育子園長)が2015年度、保育士との間で、遅刻などに対し最大10日間の無給勤務を科すとした「労働契約書」を交わしていたことが、関係者への取材でわかった。

(中略)

園が認定こども園になった15年度の「労働契約書」によると、無断欠勤の制裁は「7日間ボランティアで勤務」。30分以上の遅刻・早退は2日間、30分未満の遅刻・早退は当日1日間を、それぞれボランティア勤務とする、などと定めていた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170326-OYT1T50000.html

正直、自分に子どもがいないこともあって、劣悪な環境の保育施設が摘発(?)されたことについては、それほどピンと来るものは無かったのですが、この保育園のやり方については、ビビビと来ました。 

f:id:maskednishioka:20170326155929p:plain

 

保育士はなぜ辞めないのか?

新聞にも同じことが書かれていたので読んでみると、「無断欠勤の場合は7日間のボランティア」とか、「保護者の方を待たせた場合、10日間ボランティアで勤務。お客様宅に謝罪に行く」などと、労働契約書に書いてあったそうです。なんだか労働契約書に書くというのが、ちゃんとしているのか無茶苦茶なのか、わけがわかりません。

このニュースを見たときに「なんで保育士の方々は辞めないんだろう?」と単純に思いました。あくまでもここに書かれていることは一部のことだけで、本当は保育士の先生は園長のことを慕っていて、それで辞めないのか?とも思いました。が・・・。

途中、保育士たちに真実を説明させようと、同席していた姫路市の職員が園長に退席を促しました。すると…。

【保育士】
「私も意を決して、牛乳飲ませてあげたい、食べさせてあげたいって言ったんですけど、すべて却下されてしまって。給食の先生を雇ってくださいとお願いしたが、『そこはいらない』とはっきりと言われてしまって」

(中略)

【保育士】
「退職届を受理してもらえなかった。新人の先生が辞めた時に、自宅に行って、30分おきに、ピンポンされたりというのを聞いて、どうしても逆らうことができなくて」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000005-kantelev-l28

これは問題が発覚したあとに保護者説明会が行われたときの一部です。これが真実かどうかはわかりませんが、もし本当なら「自宅に行って、30分おきに、ピンポン」って、すごい執念ですよね。そりゃあ保育士も辞めるのを躊躇しますね。

 

そりゃあ保育士増えないわ

保育士になったことがありませんから、保育士の仕事がどれだけ大変なのかは想像でしかわかりませんが、自分がスイミングスクールでコーチの仕事を長年やってきたので、子どもを扱う仕事がどれだけ大変かは理解しているつもりです。

普通に給料が払われて普通の時間働いていても、子どもを扱う仕事というのは、いつも子どもが大ケガをするというリスクと隣り合わせで、神経をすり減らしながらやっています。

ただでさえしんどいのに、それに加えて勤務時間が長いとか辞めたくても辞められないとか、そんな仕事環境なら働きたくないのは当然です。保育士の資格を持っている人はたくさいんいるのに働こうとしないのは、そりゃあそうでしょう。

これでまた当分「日本死ね」といわれそうですね。

 

スポンサーリンク

 

 

金と地位が人を変える(?)

よくわかりませんが、この園長も最初からこんな感じではなく、ちゃんとしていたのかもしれません。ところが人の上に立つようになって、目の前にお金が動くようになって、人が変わってしまったのかもしれません。

es(エス)という有名な映画があって、演じているだけでも人は変わってしまうということが描かれています。映画の内容は事実を元にされていて、普通の人を擬似刑務所で看守と囚人に分けて、お互いがそれぞれの役を演じるという実験を行って、本当は実験なのに、些細なことから看守側が本気になってしまって、惨劇という結末を迎えるものです。

問題の保育園も保育士はなんとかしようとしていましたが、そう思っていた人でも上の立場に立ってしまえば、変わってしまうのかもしれませんね。怖い怖い。

 

スポンサーリンク

 

 

かしこい人が上に立つとこうなる

この保育園では他にも、徹底的に暖房を節約して室温が14度しかなかったとか、いろいろとあって、他にもまだまだ叩けばホコリが出てきそうです。

ただ園長がやっていることは、方向性は間違っているのですが、物凄いパワーで動いていたはずです。じゃなかったら、新人の先生が辞めて自宅に行って30分おきにピンポンなんて、やらないでしょう。

お金勘定という意味でかしこい人が上に立つと、こうなるような気がします。もちろん運営が出来ないほど数字に疎い人では保育園が潰れてしまいますし、難しいですね。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

こうやって抜き打ち監査で発覚したから問題になっていますが、バレていなければそのまま続いていたのでしょう。ですが実際に働いている保育士はこれを知っているはずですから、これを利用すればいいのではないかと思ってみたりしまいます。

国か自治体かなんでもいいのですが、保育士がタレこみ出来るようにして、その保育士がタレこんだ後の安全の保障と仕事の確保をするようなシステム。もしくは内偵保育士の育成をして、ヤバそうな保育園に仕込ませる。まさに「家政婦は見た」ならぬ「保育士は見た」ですな。(古すぎる!)

どうか保育士のみなさん。大変だと思いますががんばってくださいね。もしダメだと思ったら無理せず辞めちゃっても、保育園はたくさんあるはずですからね。

保育士求人・保育園求人なら【保育士バンク】

 

でわ、股!!

 

「家政婦は見た」はもちろん市原悦子の方ですよ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

クリックしてくれたら助かります。

 

気分転換にいかがですか?

www.maskednishioka.com

MHXX(モンハンダブルクロス)50時間プレイ雑感

好きなこと 好きなこと-ゲーム 好きなこと-MHXX

どうも、マスクド・ニシオカです。

どうですか?みなさん狩りに行ってますか?モンハンの世界も格差社会であり、発売されて1週間足らずで「めちゃくちゃ狩っているハンター」と「あんまり狩っていないハンター」の差が激しくなっています。

モンハンにおける格差問題(?)は、ハンターの力量の目安となるハンターランク(以下HR)で示されていて、発売当初は前作からデータ引継ぎをしたハンターも、HRが開放されておらず全員同じような数字でしたが、鬼のようなスピードでクエストが消化されて、あっという間にHRが開放され、HR100越えのハンターも現れるようになりました。

自分は50時間ほど狩りに出て、やっとこさHRが開放されました。(HR47)あまり詳しいことはめんどくさいから書きませんが、HRが12くらいでも作れるG級の装備があって、それを揃えれば攻撃力も防御力も100以上数値が向上するので、自分のように下手くそハンターでも、活躍できるなかなか死なないようになりました。

 

スポンサーリンク

 

 

ブレイブスタイル(大剣)の可能性

以前このブログで体験版でプレイしたときの感想で、新しいスタイルの2つに対してこのようなことを書いています。

  • レンキンスタイルは下手くそサポート向け
  • ブレイブスタイルは上級者向け

ダブルクロスが発売されてからも、レンキンスタイルを当然使っていたのですが、集会所で狩りをする場合ほとんどレンキンすることがありません。ソロでのんびり狩りをする場合は使えそうですが、レンキンスタイルでレンキンしなければなんのためのレンキンスタイルかわからないので、使うのをやめてしまいました。

ブレイブスタイルについては上級者向けで、モンスターの攻撃を読んで立ち回らないと使いこなせないスタイルだということは、なんとなく理解していましたが、どれほどのものか試したくて、しばらく使ってみました。

ブレイブスタイルでは攻撃を受け流す「イナシ」という行動が出来ます。これは納刀するときに攻撃を受け流しながら剣を収めるということで、ダメージは受けませんがゲージが赤くなる(一時的なダメージ)程度でおさまります。

この「イナシ」が自分のような下手くそハンターにとっては優秀で、モンスターの直接攻撃だけでなく、咆哮や火炎ガスといった攻撃も受け流してくれます。これがあまりにも優秀なので、今はブレイブスタイルの練習中でもあります。

ちなみに、実際に狩りに行ったときのイメージを文字にしてみますので、特に大剣使いの方ならきっとその良さがわかってくれると思います。

「よぉーし!現れたなグラビモス!」

「む!チャンス!やつの懐に飛び込んで、腹に一撃だ!」

「ザシュッ!決まった!」

「あ!やばい!グラビモスがガスを噴出そうとしている!」

「よし!イナシで受け流してやる~」

「ブシュー(火炎ガス)」

「キュイーン!(イナシ)」

「よぉーし!まだ戦えるぞ!」

つまり大剣の場合、溜め斬りだろうが抜刀斬りだろうが、攻撃の直後に回避しても逃げ切れない場合がありますが、剣を振り切った直後に納刀することで「イナシ」で受け流すことが可能になります。

もちろんブシドースタイルのジャスト回避など、火炎ガスを逃れる方法は他にもあるでしょうが、自分のような下手くそハンターでも、ブレイブスタイルの「イナシ」なら回避できたということがお伝えしたかったので、異論は受け付けません。ごめんなさい。

 

スポンサーリンク

 

 

いろいろ批判もあるようですが

アマゾンの評価を見るとかなり散々な内容となっています。残念ながら今作ダブルクロスは前作クロスに追加要素を加えただけですし、その追加要素にソフト代として5,000円以上出すのは、お金の無駄という気持ちもわかります。

ただ無印からプレイしている自分のようなハンターからすれば、「ずっと無印をやってられる?」と思うのです。モンハンの新作が出るたびに「前のほうが良かった!」という人は、前作をやり続けていればいいのです。

文句をいっているのはこれまでにモンハンをプレイしてきてた人であり、過去のモンハンを知っている人のはずでです。それで新作よりも旧作の方が優れていると感じるなら、旧作をプレイし続けていればいいのです。極論過ぎますかね?

もちろん新作が出て、新要素がたくさんあって新たな世界で新たなモンスターを狩りに行けるほうが楽しめそうですが、これまでにモンハンをやってきた人には無理なんですよ。きっと。

怪鳥イャンクックとの出会いを越えられない

「いや、イャンクック先生ではなく、リオレウスだろ」という異論は認めます。はい。ただ自分にとってモンハンは、まずイャンクックを倒すことだったのです。

モンハンシリーズをどこから始めたかで、その対象は変わるかもしれませんが、初めてモンハンをプレイした人は、自分と同じような経験をしていると思います。

真剣にモンスターを倒すために考えて、上手く自分の思いどおりに動けて攻撃が決まったときの喜び、モンスターが足を引きずったときの「もうちょっとで倒せる!」という緊張感、全て味わい尽くしてしまっていて、いくら新しいモンスターが出ても、たぶん味わうことは出来ないのでしょう。

再びモンハンの世界に引き戻してくれる代金

自分はこれまでのモンハンシリーズをほとんどプレイしてきていますが、そのどれも遊び尽くしたことはありません。もちろんエンディングは見たし、自分に必要な武具は揃えたし、大体のモンスターは狩りました。しかし、大小金冠を揃えたことはありませんし、ひとつの武器をフルコンプしたこともないし、タイムアタックを極めたこともありません。

その時々で何らかの理由でモンハンの世界から離れていきますが、新作が出るたびに戻ってきています。たとえそれがG級というのが加わった(今作でいえばXが加わった)だけで、大した新要素がなくても帰ってきます。

前作に新要素が加わっただけのソフトに対して払う金額は、普通に新作ゲームを買うのと比べて高いような気もします。しかし、自分はこのお金を「モンハンの世界に引き戻してくれる代金」だと思っています。

もちろん、この考え方を理解してもらおうとも、広めたいわけではありません。ただ自分は、ず~っと旧作をプレイする気にはなりません。無印みたいに肉を焼くためだけに狩りに出る気にはなりません。そう考えたらいろいろ便利になったものです。

払った分だけ楽しめばいいんじゃない?

小難しいことは抜きにして、払った分だけモンハンの世界を楽しめばいいのではないでしょうか?「おもしろくないから楽しめない」という声も聞こえてきそうですが、それは自分がおもしろいことをみつけられないからで、遊び方を教えてもらえないと遊べないのと同じではないですよ。

自分もそれほどお金に余裕があるわけではなく、その中から出したお金ですから無駄にはしたくありません。だから今作は遊び尽くしてやろうと思います。

そのためにはブレイブスタイルを練習して、自在に大剣を扱えるようになりたいものです。他の武器?それはちょっと…。

 

というわけで、今後もモンハンの記事を書いていくと思いますので、よろしくお願い致します。

 

でわ、股!!

 

プレイ時間100時間くらいあっという間に・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

モンハンのことをいろいろ書いています。

好きなこと-MHXX カテゴリーの記事一覧 - 働けおっさんブロガー