46歳で退職してブロガーになってみた

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

目からウロコは自分だけ?『SUZURI』で自分用のグッズ作りのハナシ

先日、YouTubeで公開しているプロレスゲームの実況動画がらみで、グッズを作って販売したら・・・ってな記事を書きました。

www.maskednishioka.com

YouTubeチャンネルを応援してくださる方に喜んでもらえたら・・・と考えて思いついたグッズの作成&販売ですが、過去に経験がなく「面倒くさそう」という勝手な思い込みにより尻込みしていたところ、『SUZURI』という、グッズ作成も販売も郵送も全部やってくれるサイトを知ったことで、一気に物事が動きました。

で、早速購入してくれる人がいてありがたかったのですが、そこはやっぱりご祝儀的なところであり、その後はピタッと売れなくなりました。

ま、普通の人はこんなTシャツを買おうとは思わないでしょうから、当然といえば当然でしょうね。

f:id:maskednishioka:20200921103156j:plain

 

さて、そのときにも書きましたが、このグッズ販売において『著作権』やら『肖像権』なる言葉をほぼスルーしてやっております。

なんとなく「この画は使っちゃダメなんだろうなぁ」くらいには思いますが、果たしてそれが本当にダメなのか?、それを本家本元に聞くのは野暮だし、こっそりやればバレないかな?とか思ってみたり、よくわかりません。

なので、グッズに使用する画は出来るだけ著作権に引っ掛からなさそうな物をチョイスしているのですが、それだとやっぱりインパクトが弱い気もしています。

で、試しに作るだけなら・・・と思って作業をしていたら、ふと、気がついたのです。

これ、販売しなければ、誰にも怒られない?

いや、正確にはわからないのですが、誰かが著作権を持つ画像を使ってグッズを作って儲ける、つまり営利目的だと怒られるかもしれませんが、自分で作って自分で使うだけなら、もしかして怒られないのでは?みたいな感じです。

例えばコレ。

f:id:maskednishioka:20200923084048j:plain

実況しているプロレスゲームのロゴであり、発売しているゲームメーカーが著作権とか肖像権を持っていると思うので、このTシャツを販売したら怒られるのは目に見えているのですが、これを自分用に作って着て街を歩いたら、世間から白めで見られることはあっても、怒られることはないような気がします。

 

その流れで、もうひとつ。

f:id:maskednishioka:20200923084305j:plain

こちらは動画のサムネイル画像として作ったもので、ゲーム内の試合中の名シーンを切り取っています。

で、こちらもゲームメーカーから怒られそうですが、さらには後ろ姿ながら元プロレスラーである獣神サンダーライガーの姿が映っており、もしかするとそちらからも怒られるかもしれません。

しかし、これも「販売すれば(営利目的なら)」であり、自分用に作って街を歩けば・・・(以下同文)

 

そう考えるとこの『SUZURI』というサイトの見方が変わってきて、目からウロコ状態からの「これに気がついたオレは天才だ!」なのですが、どうでしょう?、世間的には当たり前なんですかね?

あと、ここに書いてしまっては元も子もないような気もしますが、それも合わせて考え過ぎでしょうかね?

 

ちなみに、上記の非売品Tシャツを自分で買うときのお値段は2,888円で、さすがにユニクロなんかに比べたら高くなりますが、そこに自分の好きなデザインを載せることができて、しかも1枚からで大丈夫となれば、割とお得なような気がします。

 

あ、『SUZURI』の宣伝みたいになっていますが、そちらからは1銭ももらってませんので、あしからず。

 

でわ、股!!

『ハリセンボン』と『コトセン』のハナシ

先日、朝のニュース番組(ワイドショー?)を、なんとなく観ていました。

番組の冒頭につかみとして海外の動画が紹介されて、台風か何かの影響でトイレの貯水タンクにハリセンボンが迷い込み、それだけでも珍しい映像なのですが、さらにハリセンボンが泡を攻撃するような仕草をすることで、話題となっているそうです。

で、この映像に対し各コメンテーターがいろんな話をしていたのですが、女性コメンテーターがこのような発言をしたのです。

「嘘をついたら、これを飲まないといけないんですね~」

f:id:maskednishioka:20200922120750p:plain

ん?一瞬不思議な空気が流れましたが、すぐに『針千本』と『ハリセンボン』の間違いであることに気が付き、さらにそれがわざとではなくガチだったことも判明して、番組司会者が何事もなかったかのようにスルーしていきました。

その様子を見ていた自分は、「針千本とハリセンボンを間違うってー!」とツッコミを入れようとしましたが、すぐに引っ込めました。

というのは、私、これまで50年間、『琴線』の読み方を「コトセン」だと信じて生きてきましたので、他人のことは全く笑えないのです。

それが判明したのはYouTubeのプロレスゲーム実況で、「どんなプロレスラーが好きか?」みたいな話の流れになったとき、「このレスラーが好きな理由の説明は難しくて、なんて言うんでしょう、とにかくコトセン(琴線)に触れるんですよね~」みたいな発言をしたら、視聴者の方から「それキンセンですよ」と指摘されて、判明しました。

もちろん顔から火が出るほど恥ずかしかったのですが、その後はそれが当たり前になって、わざと「キンセン」と発言したりして、今では動画内だけの共通用語のようになりましたので、『災い転じて福となす』って感じでしょうか。(違う?)

たぶん、この「キンセン」以外にも勘違いしている言葉があるのでしょうが、それをいちいち気にしているとやっていられないので、間違えていることを指摘されたときに受け入れる心構えだけしておいて、今後もマイクに向かいます。

 

でわ、股!!

 

あ、この「股」はわざとですからね?

『SUZURI』でグッズを作って販売してみたら・・・のハナシ

先日、このような記事を書きました。

www.maskednishioka.com

そもそもただのプロレス好きだったサムソン宮本というおじさんが、 10万人に3人という難病になったことを機に「人生一度きりなのだからやりたいことをやるべきだ」という考え方に至り、「こんなのがいたら面白くない?」と身長3mのアンドレザ・ジャイアントパンダというキャラクターを生み出し、それがバズって新根室プロレスというアマチュアプロレス団体を全国的に有名になり、さらには東京での興行を成功させるというサクセスストーリーも、生み出しました。

しかし、残念ながら病魔の進行を止めることは出来ず、サムソン宮本氏の肉体は滅んでしまい、多くのファンは悲しみに暮れることになったのですが、その精神は多くの人の心に残り続けるでしょう。

 

で、自分も影響を受けた1人として「やりたいことをやるべきだ!」ということになりまして、詳しいことは割愛しますが、「Tシャツなどのグッズを作ってみよう!」という考えに至りました。

しかし、絵心もセンスのかけらもなく、しかも販売するためのノウハウも手間をかける時間もないのでかなり尻込みしていたのですが、ブログ仲間のスコちゃんさんが『SUZURI』というサイトを利用されていることを知り、「これだ!」となりました。

しかし、それでも、こういうのに対して「本当は難しいんでしょ?」とか「簡単とか言って本当は・・・」的なイメージを持つ自分ですが、割と簡単に出来ましたので、そのご報告などをしてみます。(以下がマスクド・ニシオカショップでございます)

suzuri.jp

 

ちゃんと作業内容をメモっていなかったので記憶が曖昧ですが、たぶん以下のような流れでショップをオープンすることが可能です。

  • 会員登録(メールアドレスが必要でツイッターかニコニコかアップルのIDがあれば便利かも)
  • ショップの名前やデザインを作る(特にこだわりがなければ適当で問題なし。あとで変更も可能です)

ハイ、終わり。

で、あとは実際にグッズ(商品)を作っていくのですが、これは既に決まったアイテム(Tシャツなど)があって、そこに自分が作ったデザイン図を載せる形になります。

もちろんデザインのサイズが決まっていたり、画像の透過をする必要はあったり、もちろん著作権などのチェックを自身でチェックする必要はありますが、ほぼオリジナルのグッズを作ることが出来ます。

そして、架空ファイプロ団体wMwの公式グッズとして実際に販売をスタートしたのが、以下の商品となります。

 

架空ファイプロ団体wMwロゴTシャツ

f:id:maskednishioka:20200921102738j:plain

もともと自分で作ったデザイン(wMwのロゴ)を元に、出来るだけシンプルに。

 

 

マスクド・ニシオカ ワンポイントTシャツ

 

f:id:maskednishioka:20200921102935j:plain

架空ファイプロ団体wMwのオーナー権レスラーであるマスクド・ニシオカが胸元に。

 


マスクド・ニシオカTシャツ

f:id:maskednishioka:20200921103156j:plain

たぶん、誰も買わないでしょう。

 

wMwマグカップ

f:id:maskednishioka:20200921104011j:plain

マグカップなら買ってくれるかも?

 

というわけで、こんな自分でもグッズを作って販売することが出来ました。

もちろん、これが売れないとただのお遊びで終わりなので、売るための努力をしないといけないのですが・・・

 

f:id:maskednishioka:20200921104642j:plain

なんと!売れちゃいました!

 

もちろん買ってくれたのはYouTubeのチャンネルのファンの方々で、少し前に公式グッズ販売を宣言していたので、販売開始のアナウンスをしたらすぐに購入してくださいましたが、本当に買ってくださるとは思っていない部分もあったので、ただただ感謝です。

で、ここからは『売れた商品の発送』となるのですが、これもSUZURI側がやってくれるので、あとは無事に届くことをコチラも祈るばかりです。

 

というわけで、SUZURIというサイトを利用して、『グッズの作成から販売まで』というやりたいことを意外とアッサリ達成したわけですが、もちろん今後も新しいグッズを作ったり継続してやっていきます。

そして、ここまで数日間(2~3日)の出来事なのですが、このサイト(SUZUR)の使い勝手を含む感想をまとめておきます。

  • サイズや色はかなり豊富
  • 色と数量は限定販売にすることが可能
  • 売れたときのトリブン(取り分)は0円から5,000円まで100円単位
  • Tシャツ等の色が選べる場合、色によって値段(原価)が変わる
  • 著作権に関しては、あとで怒られるかも
  • 在庫を抱えないので気分でグッズを作成できる
  • Tシャツなどの素材については「良い」という意見を確認

 

最後に、よくわからないのが『著作権』の部分で、たとえばゲームに登場するレスラーは実在するので、そうなると見つかった場合ゲーム会社とレスラーの両方から「ナンボかよこせ!」と言われそうな気がしますが、そもそもグッズひとつ売れたところで100円なので、その何パーセントかを持っていかれたところで・・・というか、そうなった方が嬉しいような気がしないでもない・・・そんな自分は狂ってますかね?

というわけで、とりあえずどんな感じかだけでもチェックしていただいて、ズキュン(いいね!みたいなの)をしてくれとありがたいです。

suzuri.jp

 

でわ、股!!

お酒の飲み方に歳を感じるハナシ

「痛風のクセに酒を飲むとは!」と呆れた声が聞こえてきそうですが、ごめんなさい、飲んでます。

しかし、ちょっとだけ飲み方を変えました。

f:id:maskednishioka:20200920110226j:plain

画像はキリンの氷結(シチリアレモン味)ですが、氷を入れています。

今度は「これの何が変わったの?」という声が聞こえてきそうですが、これまで薄めることを拒否してきた自分としては、氷を入れるというのは御法度だったのです。

痛風との付き合いが長くなると、アルコールを摂取したときに限らず、とにかく水分を補給することが重要ということを、痛みを伴いながら学びます。

特にお酒を飲んだとき、飲んだアルコールを分解するのが肝臓の役目ですが、その機能を高めるには水分が必要で、お酒を飲みながら水を飲むのが良いとされます。

しかし、それって酒飲みとしてどうなの?という考え方があり、なんかカッコ悪いイメージがあったので拒否してきたのですが、もう、そんなことも言ってられない年齢になりました。

 

というか、痛風コワイ・・・

 

というわけで、今後もお酒を楽しめる(=通風の発作が起きない)ように、新たなルールを受け入れていきたいと思います。

 

でわ、股!!

裸より鼻毛のハナシ

長年スイミングスクールでコーチの仕事をしていると、自然と着替えるのが早くなります。

早くなるのは『時間』という制限もありますが、『場所』という理由もあります。

例えばハッキリと『男子更衣室』と決められた扉のある部屋があって、その部屋がゆったり着替えられるスペースならば、そんなに早くなることはないでしょう。

しかし、部屋の片隅をロッカーとカーテンで仕切っただけの、2〜3人が限度のスペースであれば、ノンビリ着替える雰囲気もなく、早く着替えないと他のコーチの迷惑ともなります。

(もちろん女性コーチは別。が、しかし、そのスペースを確保するために、男性コーチは…)

そして、そういう『部屋』ではなく『スペース』なこともあり、意外に大事な『何か』があったりして、そこに女性スタッフが入ってくることもあります。

例えば、とあるスイミングスクールの『男子更衣スペース』には配電盤があり、電気系のトラブルや照明器具のオンオフなどで、女性スタッフが急に入って来ることがあります。

それが着替える前か後であればいいのですが、着替え中だった場合、女性は「キャー!」の男性は「オ、オゥ」となります。

ま、慣れてしまえばそれまでなのですが、いくら歳を重ねても、お互い『乙女』と『漢』でありたいので、そうなります。

さて、そんなスイミングスクールのコーチあるあるを紹介したのは、先日、このようなことが起きたから。

現在働かせてもらっている現場では、お客さんと同じ更衣室を使うことになっているので、割と広くてノンビリ着替えることができます。

ところが先日、まだ営業前の時間に着替えていると、突然女性スタッフが入ってきて「キャー!」となりました。

まだ営業前でお客さんがいないから、誰もいないと思ったのでしょうが、そこには裸に近い自分が立っており、さぞ驚いたことでしょう。

もちろん自分も『漢』ですから、「オ、オゥ」と返したのですが、慣れていることもあって恥ずかしくなるどころか、ホッとしました。

というのは、その女性スタッフが乱入してくる直前まで鏡に向かって鼻毛の手入れをしており、それも手で直接なので悪戦苦闘していたので、そんな姿を見られるくらいなら裸なんて安いもので、内心「よかった〜」と思っていました。

 

といわけで、全国のスイミングスクールやフィットネスクラブにお勤めの女性スタッフの方々には、「お気をつけて頂きたい」と願うばかりです。

 

ま、その前に「家を出る前に処理して来い!」と言われて終わりでしょうけどね。

 

でわ、股!!