46歳で退職してブロガーになってみた

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

駅のゴミ箱撤去と性善説(性悪説?)のハナシ

仕事場に向うのに電車を利用し、何度か乗換えをしているのですが、そのうちのひとつの路線で、ゴミ箱の撤去が実施されました。

少し前に、自分が住む大阪でサミットがあり、その影響で撤去されたと思っていたのですが、サミットが終わってもゴミ箱は帰って来ることはなく、そのまんまです。

「これはサミットを良いことに、掃除スタッフの人件費を削る作戦だな!」

なんて思ったものの、確かめる術もやる気もございませんので、そのまんまです。

 

しかし、ただゴミ箱が無くなっただけなのですが、これが結構困ります。

食べ終わったオニギリの包装ビニール

飲み終わったドリンクのペットボトル

食べ終わったハンバーガーの包み紙

今までだったら駅のホームに設置されたゴミ箱に捨てることが出来たのが、ゴミ箱自体が無くなったので捨てることが出来ず、仕方なくカバンに仕舞いこんで、家に持ち帰るか、別のゴミ箱を発見したときに捨てています。

 

スポンサーリンク 

 

 

ところで、「性善説」と「性悪説」というものがあります。

あるのは知っていますが詳しく説明できる知識を持たないので、ネットで調べた内容を載せると、こんな感じです。

【性善説】

人間にはもともと善の端緒がそなわっており、それを発展させれば徳性にまで達することができるとする説。孟子が唱えた

【性悪説】

人間の本性は悪であり、たゆみない努力・修養によって善の状態に達することができるとする説。荀子 (じゅんし) が唱えた。

 goo辞書より

もともとは「良い人」なのが、いろいろ経験して「悪いことを覚える」のが【性善説】で、もともと「悪い人」だったのが、いろいろ経験して「良いことをするようになる」のが【性悪説】で合っていますかね?(違ったらゴメンナサイ・・・)

 

で、このゴミ箱撤去についても、日本人の性善説に基づいて実施されたのでは?と思うのは考えすぎでしょうか?

つい、鉄道会社が「日本人は性善説だから、ゴミ箱を撤去しても大丈夫っしょ!」と考えて、それで大阪サミット開催を口実に、そのままゴミ箱を撤去したのでは?と、思っちゃうのです。

自分は持ち帰るか他のゴミ箱に捨てていますが、その考えが頭にチラつくと、心の中で「悪の気持ち」が芽生えてきて、つい「性善説を信じるなら、悪い方に行ってもいいんだぞ!」なんて思っていたら・・・

 

 

あら、先にやられてた・・・

 

もちろん、一度だけの現象を捉えて「ホレミロ!」と騒ぎ立てるつもりはなくて、ゴミ箱が撤去されてから、こういう景色が増えている気がして、思わず写真を撮ってみました。

そして不思議なもので、こういうのを見ると、「自分はちゃんとしよう」みたいな気持ちが芽生えてきて、せめて「自分のゴミはゴミ箱に・・・」とは思いましたが、このゴミを持ち帰るまでには至らず、です。

 

ま、何だかんだと書いてきましたが、これに比べたら小さな問題ですけどね。

これは「性善説」と「性悪説」という問題じゃないような気もしますが。

 

ちなみに、自分が仕事に行く路線ではございませんので、あしからず。(近いけど・・・)

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スコちゃんさんのひと言にシビれたハナシ

「言及ラッシュ」からの「言及ラリー」になりそうなので、書こうかどうしようか迷いましたが、やっぱり書きます。

 

事の発端は、ブログ仲間であるスコちゃんさんが個展を開くと発表されたことでした。

www.mayuchandesu.com

で、それに対し、ここまで49年間という時間をのらりくらりと生きてきて、一度たりとも「個展を開こう!」と思ったことの無い自分は感銘し、「凄い!」というメッセージを添えて、ブログで言及(PR)をさせていただきました。

49年間生きてきて「そうだ!個展を開こう!」と思ったことは無いハナシ(スコ個展PR) - 働けおっさんブロガー

 

で、自分以外にも、この「スコ個展開催!」のニュースに反応したはてなブロガーの皆様が言及を行い、人気ブロガースコちゃん言及ラッシュ!!となりました。

www.mayuchandesu.com

今回の記事のタイトルに「シビれた」と書いたのは、上記の記事に書かれた一文についてで、このように書かれているからです。

スコちゃん「スコ個展」を2年前から実はずーっとやりたかったのですが

やらない理由を1000個近くクリエイトしては、やらなかったのです

(文字の装飾は筆者が行っています)

人間誰しも「やりたいこと」はたくさんあるけれど、それら全てがやれるわけではありませんし、みんながみんな「やりたいこと」をやっていたら、世界がメチャクチャになりそうな気もします。

もちろん、そう思わないタイプの人もいて、「学校に行きたくないから行かない!そしてYouTuberになる!」という小学生もいれば、「前の車に腹が立ったからエアガンで撃った!」というおっさんも、現実にいます。

「やりたいから、やる!」ことに対して文句を言うつもりありませんが、その前に「本当に?」とか「大丈夫?」なんて考えるタイプの人がいて、自分はそういう人が好きです。というか、わかります。

 

スポンサーリンク

 

 

先日このブログに書きましたが、20年前から愛聴している女性シンガーbirdの20周年ライブがあるけれど、節約生活をしている自分としては、ライブのチケットの購入ボタンを押せずにいます。

働かざる者birdのライブに行くべからずのハナシ - 働けおっさんブロガー

これ、スコちゃんさんと同じで、ライブに行かない理由をいくつもクリエイトしています。

 

お金が無いし(あるけど使えないし)・・・

 

会社を辞めて働かない自分が贅沢なんて・・・

 

行かなくても死なないし・・・

 

そして何より、夢が叶ってしまうことが怖い・・・

 

さすがに1000個には足りませんし、2年も経てば20周年ライブは終わっていますが、ライブに行かない理由をクリエイトしています。

他にも、長年勤めた会社を辞めるまでに何年も思い悩んだ月日があったり、お昼ゴハンを100円のハンバーガーにしようか?それとも108円のオニギリにしようか?だって悩むのです。

だから、そんなスコちゃんさんにめちゃくちゃ共感でき、そしてシビれるのです。

 

というわけで繰り返しとなりますが、「スコ個展」のPRをしておきます。

「スコ個展」

会期・20191011日(金)~20日(日)

時間・13時~19

場所・あべのま(アートスペース+ギャラリー)

大阪市阿倍野区阿倍野筋4-23-17

地下鉄谷町線「阿倍野駅」6番出口より徒歩5分

詳しくはこちらhttp://abenoma.com/contact/

 

そして、スコ個展に行かない理由をいろいろ考えていたのですが、それはモゴモゴモゴ・・・

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

49年間生きてきて「そうだ!個展を開こう!」と思ったことは無いハナシ(スコ個展PR)

先日、嫁さんが54歳の誕生日を迎えました。

f:id:maskednishioka:20190915071447j:plain

(画像処理にて嫁さんの名前は消去してあります)

そうだ!ケーキを買おう!のハナシ - 働けおっさんブロガー

無事(?)にケーキを購入し、2人きりで誕生日パーティーを開催し、大変喜んでもらいました。(たぶん・・・)

さらにブログ界の先人であるwatto氏より、大変ありがたいメッセージまで頂きました。

そうだ!ケーキを買おう!のハナシ - 働けおっさんブロガー

奥さまお誕生日おめでとうございます。幸い多き一年でありますよう。

2019/09/12 23:12

b.hatena.ne.jp

わっとさん、本当にありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

 

さて、嫁さんの誕生日から約3ヵ月後には自分の50歳の誕生日がやって来るのですが、まぁ年末の忙しい時期ということでだいたいスルーされますので、ここでもスルーしておきます。

ということで、これを書いている現在49歳なのですが、これまで49年間生きてきて、「そうだ!個展を開こう!」と思ったことは、一度もありません。

「個展」が何かはなんとなくですが知っていますし、「個展」に行ったことも数回のみありますが、「個展」を開くのは全然別モノです。

 

そんな自分にとってはほぼ無縁である「個展」を、ブログ仲間(と勝手に思っている)スコちゃんさんが、開催されるそうです。

www.mayuchandesu.com

これは凄い!

だって、これまで自分が49年間生きてきて、一度もやろうと開こうと思ったことのない「個展」を開くわけですから、これは凄いことなのです。

確かに、ギャラリーとかいう場所を借りて、そこに作品を並べれば、それで「個展」を開くことは物理的に可能なのですが、まずギャラリーを借りるお金(の余裕)も無いですし、そして何より、並べる作品がありません。

 

というわけで、スコちゃんが開く個展で『スコ個展』。

詳しい内容については下記をご参照頂き、お近くの方は是非お立ち寄りくださいませ。

「スコ個展」

会期・20191011日(金)~20日(日)

時間・13時~19

場所・あべのま(アートスペース+ギャラリー)

大阪市阿倍野区阿倍野筋4-23-17

地下鉄谷町線「阿倍野駅」6番出口より徒歩5分

詳しくはこちらhttp://abenoma.com/contact/

 

え?オマエは行かないのかって?

それは、モゴモゴモゴモゴ・・・

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スイミングスクールの体操のハナシ

そのスイミングスクールの運営方針や営業形態によって違いはありますが、ほとんどの場合、レッスンの前に「体操」を行います。

それが「体操場」(もしくはトレーニングルーム)や「プールサイド」など、行われる場所にも違いがあるでしょうが、大抵の場合、行われるはずです。

そして、一般の方は、この「体操」を「準備体操」と捉えているかと思われます。

もちろん「準備体操」で間違いないのですが、自分と同じようなベテランコーチの場合、また別の見方をしています。(少なくとも自分は)

 

その「見方」というか「考え方」の目的は2つあり、ひとつは「調子伺い」で、もうひとつが「コントロール」です。

「調子伺い」は、これからレッスンに参加する子どもが、今日はどんな気分で来ているのか?、親や学校で怒られてショボン状態なのか、楽しみで楽しみでワクワクが止まらないのか、それともいつも通りの平常運転なのか、それを表情や行動から伺うわけです。

そして「コントロール」は、沈んでいる子どもを鼓舞し、逆に調子に乗っている子どもをクールダウンさせ、その情報を担当コーチに伝達し、これから始まるレッスンがスムーズに出来るようにします。

「なぁ〜んだ、そんなことか」と思われるかもしれませんが、多いときは子ども100人相手にコーチ1人ですから、上手くやるには相当な技術かセンスが必要となり、これが上手く出来るコーチは、たぶん、そのスイミングスクールで重宝される存在でしょう。

 

というわけで、いま自分が勤めているスクールでも体操をやっていますが、正直、体操がキチンと出来ているか?なんてどーでもよくて、それよりどんな顔になっているか?を見ています。

もしかすると、その不真面目な態度を見て、「なんだ!あのコーチは!」と思われるかもしれませんが、そんなことを考えているコーチもいるということだけは、書き残しておきます。

 

でわ、股!!

アメリカの女子高生が水泳の試合で『露出過多』で失格⇒やっぱり取り消しになったハナシ

このようなニュース記事を読みました。

アメリカ・アラスカ州の高校生の水泳選手が、9月6日に開かれた地区のシーズン戦で、100メートル・クロール競技で優勝した。しかし、プールを上がった直後、失格を言い渡された。

彼女の着ていた水着が国内基準に照らし合わせ、「ルール違反」だったというのだ。

州大会でも活躍する、アンカレッジにある高校の17歳の水泳選手は競技の際、他のチームメイト同様に学校指定の水着を着ていた。それにも関わらず、彼女だけが失格判定を受けた。大会時に現場にいた審判は、他の審判が下した失格判定は、「選手のお尻が過度に露出していた」ことが理由だとAnchorage Daily Newsに話した。

(文字への装飾は筆者が行っております)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00010002-huffpost-int

で、このニュースには続きがあって、失格に対する批判が巻き起こり、結局は取り消しとなったそうです。

米アラスカ州で6日に行われた水泳大会で、学校指定の水着を着用していたにもかかわらず、臀部(でんぶ)の露出過多により女子選手が失格となっていた問題で、激しい批判を受けて10日、失格が取り消された。

(文字への装飾は筆者が行っております)

https://news.livedoor.com/article/detail/17074229/

まとめると、こんな感じです。

  •  女子高校生が100mクロールで優勝
  • しかし「お尻が見え過ぎ!」で失格に・・・
  • コーチが「水着は問題ない!体型がふくよかなだけ!」と激怒しブログに投稿
  • 批判殺到した審判側が「じゃあ取り消しに」

(ちなみにコーチの投稿がコチラ(全文英語です))

この話、日本だと考えにくいですが、多種多様な人種の集まるアメリカなら、規定の水着に収まらないボディーを持つ女子高生がいても不思議じゃないのでは?と納得です。

ただ、この事件(?)の背景には、そのふくよかな体型を持つ女子高生に対し、同じチームの男子生徒の保護者から「不謹慎だ!」とか「水着がおかしい!」という声が上がっているみたいで、それで審判に圧力をかけたのでは?という想像もできますが、真実はわかりません。

しかし、昔、高校生スイマーだった自分としては、V字型のいわゆるブーメランパンツが主流だった時代、お尻のワレメが見えるくらい小さいサイズの水着が流行していて、「それはルール違反とならなかったのになぁ~」とか思っちゃいますけどね。

f:id:maskednishioka:20190913102325j:plain

(当時の高校生スイマーの後ろ姿)

あと、自分は小さい水着だとお尻のワレメより、お腹のオニクの方が気になるので、普通サイズの水着を愛用していました。

 

スポンサーリンク

 

 

日本の競泳のルール(競泳競技規則)を見てみると

筆者自身英語がさっぱりダメなので、アメリカ競泳界のルールを調べるのはすぐに断念しましたが、日本語の方はまだ何とかイケるので、日本の競泳のルールである『競泳競技規則』を見返してみました。

https://www.swim.or.jp/about/download/rule/r_swim20180401_02.pdf

で、この中に『第 14 条 水着等』という項目があり、そこにはこう書かれています。

1 水着・キャップ・ゴーグルは見苦しくなく、人に不快感を与える
ようなものであってはならない。

つまり、日本であっても、他人が「見苦しい」とか「不快だ」と思うような水着であれば失格となる可能性があるわけです。

ただ、現在の日本におけるルールとして、公式の大会に参加するには、FINA(国際水泳連盟)が指定し、その承認ロゴが入った水着でないと参加出来ない、というルールがありますので、実際にはあってないようなものですかね。

 

ちょっと話はズレますが・・・

この『競泳競技規則』の中には、水泳指導に携わる人間であれば「当たり前」ですが、一般の方であれば「へぇ~」ということがいくつか書かれているので、紹介してみます。

自由形はクロールじゃなくても良い

第5条 自由形 
1 自由形はどのような泳ぎ方で泳いでもよい。ただし、メドレーリ
レーおよび個人メドレーにおける自由形は、バタフライ・平泳ぎ・
背泳ぎ以外の泳法でなければならない。

自由形=クロールなのは、単にそれが一番速い泳ぎ方だからであり、別にクロールじゃなくても、つまりバタフライや平泳ぎでも失格にはなりません。

昔、公式大会の400m自由形を全てバタフライで泳ぐのを見たことがありますが、あくまでもレベルの低い大会での話であり、さすがにオリンピックなどでは見ることはないでしょう。

 

途中で立っても歩かなければ失格にはならない

第 10 条 競技

5 自由形競技またはメドレー競技の自由形に限り、プールの底に立
つことは失格とならないが、歩くことは許されない。

なぜ自由形に限られるのかは謎ですが、歩かなければ立っても失格にはなりません。

なので、それを知るコーチは、チビッ子スイマーが競技中に何らかの理由(水を飲んだ等)で立ってしまった場合、プールサイドから「歩くなよー!」と指示を出すことがあります。(滅多にないですが・・・)

 

最後に

書こうか書くまいか迷ったのは、「規定の水着からはみ出るお尻って、どれくらい大きいのだろう?」という素朴な疑問ですが、結局心の声がはみ出てしまい、書いてしまったので謝っておきます。

ゴメンナサイ。

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村