46歳で退職してブロガーになってみた

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

本当に本当に本当に好きな人に会ったらどうなる?のハナシ

それが誰か?なのかは書きませんが、本当に本当に本当に好きな人がいます。

ここでいう「好き」は恋愛ではなく、「尊敬」とか「憧れ」という感じです。

そして、「ちょっと好き」ではなく「本当に好き」であり、軽いモノではありません。

なので、もしそんな大好きな人に出会ったらどうなるか?、自分でもわかりません。

 

先日、ツイッターでこのようなツイートを見かけました。

かつてアメリカマット界を震撼させ、今ではバラエティー番組をにぎわせる、毒霧の使い手であるザ・グレートカブキさんが経営する居酒屋さんに、あのスタン・ハンセンが来店したのですから、そりゃあ「お客様びっくり&大喜び」となるでしょう。

もちろん、そもそもはプロレスラーが経営するお店ですから、プロレスラーが来店することは想像できなくも無いのですが、その相手がスタン・ハンセンともなると、プロレスファンにとってはたまらないサプライズとなったでしょう。

で、このツイートを見て思ったのが、「もし自分なら、泣いちゃうだろうなぁ~」ということです。

 

さらにそのあと、こんなことを考えたのです。

  • どーでもいい人⇒「無視する」
  • ちょっと好きな人⇒「握手してもらう」
  • 普通に好きな人⇒「ツーショットを撮る」
  • かなり好きな人⇒「泣いちゃう」
  • 本当に好きな人⇒「腰が抜ける」
  • 本当に本当に本当に好きな人⇒「???」

「本当に好きな人には近づけない」という理論があると思っていまして、ちょっと好きな芸能人やタレントの方だと、簡単に近づいて行って握手してもらったりツーショットを撮ったりなどが出来るのですが、それ以上になると、簡単に触れることや近づくことがダメなことに思えてしまうのでは?と思っています。

で、その最上級が「腰が抜ける」だと思っているのですが、それ以上に好きな人に会う、しかも、出会うことが絶対予想できない状態だった場合、もしかすると「失禁する」になるのでは?とか思うのですが、実際に会っていませんので、わかりません。

 

世の中わからないことだらけですが、ひとつだけハッキリしていることを最後に書いてお別れとしましょう。

 

例え逮捕前であったとしても、沢尻エリカと出会っていたら「無視する」です。

 

でわ、股!!

ガチで無課金なドラクエウォーク日記『8週目』のハナシ

f:id:maskednishioka:20191020083755p:plain

というわけで8週目、つまり2ヶ月となりました、ドラゴンクエストウォーク(以下、DQW)

いやぁ~ちゃんと続いていますね~

しかし、いつまで続きますかね~

もし、急に更新がストップしたら・・・

そういうことだと思ってくださいね~

 

今週の歩き具合

今週の言い訳

家を出る前に天気予想を確認すると「午後から雨」

そこで大急ぎで用事を済ませ、午前中に家を出て歩き出したのですが、ふと、空を見ると遠くの方から真っ黒な雲が近づいているので、急遽帰宅コースに変更したのですが、「ポツポツポツ・・・」

さすがに雨には勝てませんので、言い訳でもないのですが、問題はそのあと雨がやんで天気が回復したことで、そこから「もう一丁!」とまでならなかったので、言い訳とします。

 

今週のレベルアップ

先週も触れましたが、レベル50になると「永続」という固定ステータス効果が手に入るので、レベル50になったら全キャラの転職を計画しております。

で、それを書いたことで「早く転職したいな~」と思うようになり、それなら、どうすれば早く転職(=レベルアップ)が出来るか?と考えてみました。

もちろん「ガチで無課金」が絶対条件ですから、普通の戦闘を繰り返してレベルアップを図るのが最善策で、一応「においぶくろ」という、モンスターを集めるアイテムを使い、家で(歩かずに)経験値を稼ぐ方法も考えたのですが、これはちょっと違う気がします。

そこで、普通に効率よく経験値を稼ぐには、試練の扉を含むイベントをクリアすることを諦め、ひたすら歩き続け、出来るだけ多く戦闘することでどうだ?となりました。

現時点で最も困難なクエストを受け、目的地は適当に設定しておいて、あとはひたすら歩き回って戦闘を繰り返します。

もちろん全滅することもありますが、このドラクエは全滅しても大丈夫な仕様なので、気にせず歩き回っていれば、レベルを上げられます。

その結果、前回の40から2つ上がってレベル42となりましたので、まぁまぁ成功しているのでは?と思っておりますが、どうでしょうかね?

ま、それでも先は長いですけどね~

 

今週の遂に出た!36番!

これまで「出ないよぉ~!」とボヤいていた、モンスターずかんの36番。

前述したように、レベル50になれば転職して、そこでレベル1になれば再び出会うことになるだろうと思い、そこで無理に追いかけることはしませんでした。

しかし、ひょんなことから36番が登場、というか登場したこともわかっておらず、気が付いたら倒していた・・・という感じです。

さて、そうなると「どうやって出たの?」となるわけですが、後から考えてみると、どうやら試練の扉(☆☆)で登場していたようで、全くひょんなところに隠れていたわけです。

なので、なんだか「やったぜーー!」という感じの達成感はありませんが、まぁそれでもそれなりに喜ぶことが出来ました。

もちろん、まだまだモンスターずかんには空きがありますので、今後も(あくまでも普通のプレイで)埋めていきたいと思います。

 

今週のちょっとだけオモシロ看板

オムコ医研=お婿行けん

「だからどうした?」と言われましても・・・

 

というわけで、今週も「歩くことを目的」として、DQWを遊んで参ります。

 

ドラゴンクエストウォーク
ドラゴンクエストウォーク
開発元:SQUARE ENIX
無料
posted withアプリーチ

でわ、股!!

スイミングスクールにおける「マイナス指導理論」のハナシ

武藤敬司というプロレスラーがいます。

最近のプロレスファンはあまり知らないかもしれませんが、自分のようなオールドファンにとってはたまらない、そして日本だけでなく海外においても超一流を名乗れるプロレスラーのひとりです。

 

で、その武藤敬司さんが唱えるプロレス論がありまして、それを「マイナスのプロレス論」とかいいます。

当たり前ですが、プロレスでは多くの技(パンチにキックに投げて飛んで…etc)を使いこなし、戦う姿を観客に見せて、楽しんでもらいます。

そこで、より多くの技、そして、より派手な技を使うことで、観客を楽しませようとするのが普通の考え方ですが、「マイナスのプロレス論」はその逆で、いかに少なく地味な技で観客を魅了できるか?という考え方です。

最初に紹介した武藤敬司さんは、「入場だけで金が取れねぇかな?」と申していましたから、超一流と呼ばれるようになっても、まだ探求されているのでしょうね。

 

さて、自分がやっている仕事は「リングに命をかけるプロレスラー」ではなく、「プールで水泳を教えるコーチ」です。

なので「マイナス理論」なんて関係ないように思われますが、ちょっとだけ似ている部分があります。

それは特にちびっ子クラスにおける傾向として、不慣れなコーチほどオモチャに頼り、逆にベテランコーチになると、オモチャ無しでもレッスンを成り立たせる、ということです。

 

確かにちびっ子はオモチャを出せば喜びますし、それを見守る保護者も、我が子の笑顔を見て満足してくれるでしょう。

もちろん自分も過去に使っていましたし、オモチャを使うこと自体が駄目なことだとは言いません。

ただ、ある時、こう思ったのです。

「あれ?オレってオモチャに負けてる?」

つまり、オモチャが無いとちびっ子が笑顔にならないのは、自分の楽しませる能力が低いからで、オモチャが無くても笑顔にすることが出来れば、オモチャに勝ったということになる、ということです。

当然、初めから上手くいくわけもなく、試行錯誤を繰り返し、なんとかオモチャ無しでも笑顔溢れるレッスンをすることが、できるようになりました。

 

もちろん、これはあくまでも「個人的な考え方」であり、この考え方を広めたいわけではありません。

ただ、ある程度経験を積んだコーチが読んでくださって、「わかるわかる!」と理解をしてもらえれば、それで満足です。

そして、最初に書いた武藤敬司さんのように、今後も探求心を失わず、決して出ない100点満点を目指して精進して参ります。

 

でわ、股!!

鍵をかけたかどうかを忘れることを忘れるハナシ

どうも、肩書きが「カルトプレーヤー痛風」のマスクド・ニシオカです。

ナンノコッチャ?と思われる方は、コチラを隅から隅まで読んでいただければ・・・

 

さて、今日もかなりどーでもいい話です。

ひとりで家を出るとき、鍵をかけたかどうか?が、かなり気になるタイプの人間です。

ちゃんと鍵をかけて家を出ても、しばらく歩いたところで「アレ?鍵かけたっけ?」と気になって、踵を返して家まで戻って確認したことは、もう数え切れないほどやっています。

でも、結局は全て鍵をかけているし、その時間が無駄だし、精神的にもよろしくない感じがするので、鍵をかけるときに記憶に残るアクション(意味なく尻を叩く)をするなどの対策を講じているのですが、それでもやってしまっています。

 

で、先日も同じことの繰り返しで、家を出て少し(2~3分)歩いたところで踵を返し、鍵をかけたことを確認してから仕事に向かいました。

仕事に向う途中、電車に揺られながら「どうすれば、この無駄な行動を止めれるだろう?」と考えてみるのですが、そのうち職場(スイミングスクール)が近くなると、鍵のことよりも「今日はどんな練習をしようか?」とか「あの子どもが来たら、こーしてあーして・・・」など、こなすべき仕事の事が頭を支配して、鍵のことはどこへやら・・・

もちろんそんな調子なので、仕事中はコーチの仕事に集中して、子どもだけじゃなく保護者の表情にも気を配り、頼まれてもいない(一銭にもならない)のに、若手コーチの動きにも目をやりつつ、数時間の仕事を終えます。

 

その帰り道、無事に仕事を終えたことに安堵しつつ、恒例となった買い食いパン(この日は「まるごとソーセージ」)を食べながら駅のホームで電車を待っていると、ふと、「アレ?鍵をかけたことを忘れることを忘れている・・・」と思い出します。

あれだけ気になっていたことのはずなのに、時間と共に忘れてしまっている・・・

鍵をかけたかどうかを忘れる

鍵をかけたどうか忘れることを忘れる

鍵をかけたかどうか忘れることを忘れることを忘れる

(以下、省略)

 

それでも家の場所と嫁の顔だけは忘れていないのがこれまた不思議で、「ナンダカナ~」とかボヤキながら、今日もカンパイです。

 

 

でわ、股!!

肩書のハナシ

自分の肩書。

ブログを書いているので、「ブロガー」です。

ただ、YouTubeで動画作品を公開しているので、「ユーチューバー」でもあります。

しかし、その両方でほとんど収入を上げておらず、家事の何割かをやっているので、「主夫」ともいえます。

さらに、スイミングスクールで水泳を教える仕事をしているので、「コーチ」もしくは「インストラクター」ともいえますが、それが週2回で名乗れるのかは知りませんし、そう考えると「フリーター」も「無職」も、全くのハズレとはいえません。

あとは、ファイプロというゲームで一日10時間くらいレスラーを作っているので、「ファイプラー」という肩書も無くはないのですが、あまりにも世間に浸透していないので、これは辞退しておきます。

「ブロガー」

「ユーチューバー」

「主夫」

「コーチ」

「インストラクター」

「フリーター」

「無職」

さて、これらの肩書は自由に名乗れるものであり、もし自分が何らかの「好意的な」取材などを受けた場合、きっと選ばせてもらえるでしょうし、向こうに勝手に決められることはないでしょう。

しかし、もし、自分が他人さまに迷惑をかけるようなことをして、お縄を頂戴することになり、新聞やニュースに出ることになったら、きっと、その時点で一番世間的にカッコ悪い肩書が付けられる。

というのが、自分が「肩書」に対するイメージですが、あくまでも勝手な想像なので、正しいかどうかは知りませんので、あしからず。

ただ、カッコ悪いのは嫌なので、出来るだけ世間さまに迷惑をかけないよう、慎ましく生きてまいります。

 

でわ、股!!