46歳で退職してブロガーになってみた

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

たまに泣くハナシ

昨日書きましたが、職人気質です。

もちろん「俺は職人だ!」と勝手に思っているだけで、他人から「ニシオカさんって、ホント職人ですよね~」なんて褒め言葉は、一度たりとも言われたことはありませんが・・・

さて、職人気質の人間は、自分が作った作品や物語を、他人から評価されることを、何よりも喜びとする人間だと、思っています。

そのための手間と時間を惜しまず、他人がやりたがらないことをあえてやることが、職人たるゆえんともいえるでしょう。

しかし、世の中そんなに甘くなくて、いくら時間と手間をかけたとしても、いくら他人がやりたがらないことをしても、世間から評価どころか、他人の目に触れることすらないことが多々あります。

そういうとき、自分の才能やセンスの無さに落ち込みそうになりますが、そんな暇があるなば、さらなら努力もしくは工夫をして、新しい作品や物語を生み出さなければいけません。

そんな時、気分転換を兼ねて、才能とセンスの塊のような作品を(あえて)観ます。

観る作品選びのポイントは、「脳ある鷹は爪を隠す」もしくは「羊の皮を被ったオオカミ」で、演じている本人たちは「オレって凄いでしょ!」とは思っていないのに、それを見た人たちから絶賛される感じがあるところです。

 

どてらYMO

KING GNU 井口理&aikoによるカブトムシ 

たけしと志村の入学式サプライズ

(リンクを貼っておきますが、切れている場合がありますので予めご了承ください)

 

で、これらを観て泣くのです。

いや、こんな天才たちと自分を比べる時点でおこがましいことは100も200も承知なのですが、「作品や物語を作る職人」という、限りなく細くて薄いながらも繋がりがあるとしたら「同じ職人(気質)なのにオレは・・・」ということになり、で、自然と涙が流れてくるのです。

もちろん自分でも「キモっ!」とは思いますが、それでもその後は「よし!やるぞ!」という気になって、再び前を向いて進もうとするので、それでヨシ!としています。

 

というわけで、今日もやることやって、ガンバリマス!

 

でわ、股!!

頭を丸坊主にした理由のハナシ

スイミングスクールにおけるコーチの仕事は、職人の仕事だと思っています。

その仕事を長年やっている自分は、職人気質だと思っています。

この職人気質な人間の厄介なところは、職人の言うことは聞くけれど、そうじゃない人の言うことはあまり聞かない、ということです。

で、自分も職人気質なので、そうなっています。

もちろん仕事が出来なくても、それ以外の部分で尊敬できる部分があるのなら、年齢も経歴も経験も関係なく、その人のことを認めて言うことを聞きます。

しかし、職人の仕事が出来ないどころか理解しようともせず、さらに尊敬できる部分が無い人間には、頭を丸めて無言のアピールをするしかありません。

ま、どうせ、それも気が付かないんでしょうけどね。

 

でわ、股!!

無言のアピールのハナシ

昔、まだ会社勤めをしていた、20年以上前の話です。

ある日、会社の偉いさん(副社長)と雑談していると、こんな話をされました。

「アイツ辞めるんやろ?、それでオマエも大変やな~」

アイツというのは同僚の事で、その同僚が責任者に抜擢されたものの、仕事に行き詰って会社を辞めようかと悩んでいたことは知っていましたが、正式に退職が決まったとは知りませんし、自分に何か大変なことが起きることも、知りません。

それが顔に書いてあったのでしょう、その瞬間、副社長は慌ててこう言いました。

「あれ!?まだ聞いてなかった?ごめん!ごめん!」

どうやら同僚の退職により不在となる責任者の穴を、自分が転勤することで埋めることが会社の上層部で決まっていたようですが、当の本人には、まだ話が届いていません。

そのときは「いやいや、大丈夫ですよ~」と副社長には言ったものの、時間の経過と共に段々ハラが立ってきて、その日の帰り道、沸々と湧き上がる怒りを静めるため、そして無言のアピールを兼ねて、丸坊主にしました。

 

翌日、そのことを知らない別の偉いさん(部長)が現場に来て、自分に転勤と現場責任者就任を告げようとしたら、先に自分が丸坊主になっていることが気になったようで、何があったのか?を執拗に問い詰めてきました。

もちろん、最初は「別に何にもないですよ~」とダンマリを決めていたのですが、それで余計に火が付くような熱いタイプだった部長がエスカレートして、こんなことを言い出します。

「もし、オマエが何か思ってのこと(丸坊主)なら、オレが全責任をかけて会社に言ってやるから、言え!」

そして、この言葉に根負けした自分は、全てを話しました。

 

数日後、自分の目の前には社長と副社長が並び、今回の件について頭を下げられました。

もちろん、会社の副社長が一社員に転勤をバラしたところで大した問題ではないのですが、その当時、自分が勤める会社はまだヨチヨチ状態だったので、自分のようなバカ社員であったとしても辞めさせるわけにいかなかったのと、会社の方針として『人を大事にする!』みたいなのを掲げていたこともあり、それなら頭を下げたほうが・・・となったのでしょう。

そして、会社のナンバー1&2から頭を下げられた自分は、もちろんそれを受けて転勤して責任者となったのですが、それ以上に、本当に『男気がある』というか『情に厚い』というか、とにかくこの会社でよかった~と思ったエピソードです。

 

ところで昨日、丸坊主にしました。

午前中の仕事を終えたあと、現場責任者の方から呼び止められて、ちょっと仕事の話をしたあと、昼ゴハンを食べて10分くらいで散髪してくれる床屋に滑り込み、そこそこ伸びていた髪をバッサリ切って現場に戻りました。

が、現場責任者には何も言われませんでした。

 

以上、現場からお届けしました。

 

でわ、股!!

鏡を見てまた頑張るハナシ

長年、スイミングスクールでお客さんに水泳を教える仕事をしています。

特にチビッコクラスを担当するのが好きで、もちろんバタフライや平泳ぎを教えることは出来ますが、それより全然泳げない子どもを泳げるようにする方が、やってて楽しいです。

当然、チビッコなので保護者が一緒に来るのですが、たまに、その保護者がレッスンに介入しようてして、イラッとすることがあります。

例えばチビッコが泣いているとき、その理由を母親が恋しいからと判断できる場合、ひたすら「レッスンが終わったら帰るからね」と念仏のように唱え続けてなだめる(もしくは諦めさせる)のですが、そこに母親がギャラリーの窓から満面の笑みで手を振っていたり、さらにはプールサイドまで乗り込んで来ようとしてみた、り、いや、親心としてそうなるのは仕方がないのですが、チビッコとしたら「ママ!なんで来ないの!?」と思うのも当然なので、さらに泣いて…みたいなことがあります。

その瞬間、「オカン!出てくんな!」と、口にはしないけれど顔には出してイラッとしますが、もちろんレッスンは続くわけで、それでもなんとか乗り切ります。

しかし、レッスンが終わり、チビッコを保護者に引き渡したあと、ふと鏡や窓に映る自分を見てみたら、そこにいるのは決してシュッとしたイケメンではなく、往年の名レスラーみたいな身体の上に、ちょっと疲れたおっさんの顔が乗っているだけです。

そりゃ初めて見る保護者からすれば、「こんなおっさんで大丈夫?」と思って当然であり、我が子が泣いていたら、「ママはここにいるよ!」となるのも仕方がありません。

 

これは悲しいながらも、事実。

 

しかし、チビッコクラスは楽しいから、やめられません。

 

というわけで、鏡を見て頑張ります。

 

でわ、股!!

ハガキとは意外にデンジャラスでは?というハナシ

ふと思っただけの話なのですが・・・

ハガキって、当たり前ですが、丸見えなんですよね。

オモテとウラこそあるものの、ひっくり返せば全てが読めちゃいます。

f:id:maskednishioka:20210305105650p:plain

確かにポストに入れてしまえば相手に届くまで見ることはできませんが、郵便局の人や配達する人が(見ようと思えば)見れるわけですし、もし、何らかの形で落ちてしまったり誤配なんてされた日にゃ、そこに書いてあることは丸バレです。

昔、同じクラスの男友だちに年賀状を出す際、ネタでエロい雑誌の一部を切り取って糊で貼ってポストに投稿するという豪傑(宮里君じゃなかったっけ?)がいましたが、アレだって完全に相手に届くまでに誰かの目には触れているわけで、差出人の名前はバッチリ書いているわけで、よくよく考えれば恥ずかしい話です。

最近はスマホで簡単にメッセージのやり取りが出来る時代となり、ネットに関する脆弱性や、SNSなどで広まってしまう危険性を危惧する方もおられますが、よくよく考えたらハガキの方がやばいのでは?と思うのは、私だけでしょうかね?

 

ま、そんなハガキに全部目を通す暇な人なんていないでしょうから、ここまで成り立っているんでしょうけどね。

あと、郵便局の人が悪いことしてるー!なんて、全然思っていませんので、あしからず。

 

でわ、股!!