46歳で退職してブロガーになってみた

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

日本シリーズで3連敗の巨人は弱いけれど、その巨人に負けた阪神は弱い!のか?のハナシ

あまり野球に詳しくはありませんが、いま日本シリーズが開催されていて、巨人とソフトバンクが戦っていて、ソフトバンクが3連勝したことくらいは知っています。

で、今朝、関西ローカルの番組(おはよう朝日です)を観ていたら、出演者が「これ阪神が日本シリーズに出ていたら、3連敗なんてことはなかったのでは?」みたいな発言をされていました。

それを朝ゴハンを食べながら、「しかし、その3連敗する巨人に負けた阪神は何も言えないんじゃないの?」とか思っていました。

ただ、そのあとよくよく考えてみると、【もし】阪神が日本シリーズに出ていたら戦い方は変わっていたでしょうし、いくら『人気のセ、実力のパ』とはいえど、ソフトバンクが負けていたかもしれません。

というのは、勝負の世界には『3すくみ』という言葉があり、グーはチョキには勝てるけれどパーには負ける、というジャンケンの理論があるからです。

つまり、ここまで好き勝手に書けているのは野球に詳しくなくて、巨人と阪神の力関係を今年のリーグ戦での結果でしか判断していないからで、もっと詳しい方からすれば「阪神にはソフトバンクが苦手とするバッターが揃っている」みたいな分析が出来るのかもしれません。

とはいっても野球に興味がありませんので正直どちらが勝ってもいいのですが、なんとなく日本シリーズが続いたほうが日本の経済的に良さそうな気がするので、とりあえず巨人には頑張って欲しいものです。

 

でわ、股!!

反面教師パパのハナシ

このブログで何度か触れていますが、母親が入院して、退院しました。

お腹の中にデキモノが見つかって、それが大きくなっているそうなのですが、現代の医学でキレイにすることは難しく、とりあえず自宅で様子を見ることになりました。

それから介護保険の申請をしたり、ケアマネージャーさんや訪問看護さんとの打ち合わせなど、自分と妹を含めた家族全体で行っています。

そんな中、母親のために手すりなどを付ける工事について、ケアマネージャーさんと相談しているときに、風呂場のイスの話題となりました。

風呂場におけるイスといえば、普通はこういうイメージがあると思いますが

アスベル 風呂イス20 「Emeal」 ホワイト 5630

アスベル 風呂イス20 「Emeal」 ホワイト 5630

  • メディア: ホーム&キッチン
 

介護を目的とした場合、こういうのを指します。

高齢に加えて入院等で筋力が落ちたことにより、しゃがむこと立つことの動作が難しくなっているため、風呂場にこれがあれば楽チンになるということで、ケアマネージャーさんもオススメしていました。

しかし、これに対して父親が口を挟みます。

「いや、コレ、以前使っていたけどやめた」

そこで、その場にいる全員が、何か特別な、例えば母親が嫌っている、などの理由があると思って耳を傾けたのですが、父親から発せられたのはトンデモ発言でした。

「これに座ると鏡の高さが合わなくて、ヒゲを剃るのが難しい」

なんと、母親がどうのこうのではなく自身が使いにくいという理由で、その後も「邪魔になる」などの理由を付け加えていくのですが、もちろん家族からは総スカンで、ケアマネージャーさんの表情にも「こ、これは・・・」という文字が浮かんでいました。

ただ、長男である自分が知る限り、父親はそういう考え方というか神経の持ち主であり、その血を受け継いでいる自分としては「父親なら、言いかねない」と妙に納得していました。

もちろん咄嗟に「それはオヤジが妥協しろよ」とは言いましたが・・・

 

そんなことがあった実家からの帰り道、「先行きが思いやられるなぁ~」とか思っていましたが、よくよく考えると「オヤジの血を受け継いでる自分も同じことをするのでは?」と、ちょっと怖くなりました。

ただ、今回のことを反面教師にして、これから20年後に訪れる自分と嫁さんの老後に対して、肉体的にも精神的にも準備をしておくしかないでしょうね。

というわけで、とりあえず軽くスクワットから。

 

でわ、股!!

みんなこの読み方どうやって知ったの?のハナシ

さすがに『平仮名』と『カタカナ』は読めますが、『漢字』と『英語』には複数の読み方があるので、「これで合っているの?」と思うことが多々あります。

ただ、自分の中でその読み方で覚えてしまえば(’誰かにバレなければ)問題ないので、特に調べる必要もありません。

しかし、それらの正しい読み方を知ったときの驚きは、自分が「こうだ!」と思ったときから経過した時間に比例して、「ずっと○○○だと思っていたぁぁぁ!」となります。

というわけで、『最近正しい読み方を知った言葉』ベスト3の発表です。

 

最近正しい読み方を知った言葉 第3位

f:id:maskednishioka:20201123093428j:plain

画像は 坂本 勇人 - 読売ジャイアンツ - プロ野球 - スポーツナビ より

坂本 勇人(さかもと はやと)

つい最近まで「ゆうと」だと思っていましたが、正しい読み方は「はやと」だそうです。

ただ、正直野球にも巨人軍にもそれほど思い入れがございませんので、正しい読み方を知ったときの落胆はさほど無かったので、良かった(?)です。

 

最近正しい読み方を知った言葉 第

f:id:maskednishioka:20201123094401j:plain

画像は 鷲見玲奈 | 株式会社 セント・フォース より

鷲見 玲奈(すみ れいな)

これ、どう考えても「わしみ」でしょ!?しかし、いつだったか、たまたま観ていたTVにこの方が出演していて、それで司会者が「すみさんは・・・」って言ったときに「えっ!?」となって、それで初めて正しい読み方が「すみ」と知りました。

ただ、こちらもご本人には申し訳ありませんが、こういう「ワタシ、キレイでしょ?」というタイプの方が苦手ですので、正しい読み方を知ったとしてもどれほどのダメージは受けませんでした。

 

正しい読み方知って驚いた読み方

ここで惜しくもベスト3入りは出来なかった、正しい読み方を知って驚いた読み方を発表しておきます。

 

水卜麻美(みうら あさみ)

これのややこしいのは、読み方も「みと」で共演者がニックネームの「みと」で呼ぶために、ずっと「みと」で合っていると思っていたので、正しい読み方が「みうら」と知ったときの裏切られた感は、かなりありましたね。

 

武井咲(たけい えみ)

これはどう考えても「さき」で、どこからどうすれば「えみ」となるのか?と思って調べてみると、ウィキペディアにこのようなことが書かれていました。

本名である咲(えみ)という名前の由来は、花が咲くように笑みの絶えない子に

武井咲 - Wikipedia

なるほどワカラン!それならもっとストレートに「笑」みしたほうが・・・なんて野暮なことはやめておきましょうね。

 というわけで、栄えある(?)1位の発表です!

 

 

最近正しい読み方を知った言葉 第

Supreme(シュプリーム)

ずっと「スーパーミー」だと思っていたのです。

英語に堪能なわけではないので、日本語の「スーパー」のスペルが「super」だということに気がつかず、「Supreme」が「最高の」または「史上の」という意味を持つ英単語としてちゃんと存在することも知る由も無く、ずっと「スーパーミー」だと信じて疑いませんでした。

しかしあるとき、「シュプリーム」なるブランド品があることを知り、そこからかなりの時間が経過する間に徐々に「これはもしや・・・」ということになり、今では「シュプリーム」だとは理解していますが、自分の中ではいまだに「ずっとスーパーミーだと思っていたシュプリーム」という記憶が残っております。

 

というわけで、たぶん、まだ正しい読み方を知らない言葉がたくさんありそうですが、それを確認する方法がございませんので、それまで楽しみにしておきます。

 

あ、そういえば「琴線」も「ことせん」と読んでいましたねぇ~(遠い目)

 

でわ、股!!

つるとんたんよりコロッケそばのハナシ

先日、人生初の『つるとんたん』に行ってきました。

基本的に貧乏性なので、正直「うどんに1,000円とかアホちゃう!?」とは思いますが、嫁さんが行きたいとのことで、ついに実現しました。

で、食べたのがコチラ。

f:id:maskednishioka:20201122095800j:plain

『明太餡かけ玉子とじのおうどん』1,380円(麺モア(大盛り))

麺が好きでうどんも好きなのですが、それゆえにゴチャゴチャとしたトッピングが嫌いなので、メニューの中でも比較的シンプルなのを注文しました。(嫁さんは天ぷらときつねと肉が入ったスペシャルな感じのやつ)

なお、メニューを隅々まで見ると「麺の大盛り無料」的なことが書いてありましたので、注文の際、迷わず店員さんに「モアで」(大盛りの意味)と告げました。

で、食べてみたらもちろん美味しいのですが、決して「うおぉぉぉぉ!」と感動するほどではなく、嫁さんの注文した分もちょっと食べて腹は一杯になったのですが、それ以上のものではありません。

それで支払いを済ませて店を出た瞬間、嫁さんには「たぶん、もう来ない」と呟きましたが、嫁さんからすれば重々承知の上で、「一度来れただけで十分」と言ってました。

もちろんつるとんたんは人気のあるお店ですし、あくまでも個人的な好みとして、「二度と行かない」と思っているだけで、決して「不味い!」とか「高い!」などの文句を言うわけではございません。

ただ、自分にはつるとんたんよりもコロッケそばの方が、口に合うというか似合うというか・・・

f:id:maskednishioka:20201122102858j:plain

決してオシャレでもなく映えもしませんが、スーパーで買った袋そば×2にコロッケ×4と生卵、こっちの方が好きです。

 

というわけで、麺類における月とスッポンを楽しんだわけですが、どちらにしてもネギは不要です。(ただのネギ嫌い・・・)

 

でわ、股!!

長年スイミングスクールのコーチをやってきて『見本』をしなくなったワケのハナシ

30年ほど、スイミングスクールで子どもに水泳を教えています。

その昔、まだ経験が浅かった頃は、まず子どもに泳ぎ方を『口頭』で説明し、次に『見本』をして(泳いで)みせて頭でイメージさせ、最後に実際にやらせて『補助』(直接触れて間違いを気づかせること)をしながら、正しい泳ぎ方に導いていました。

たぶん、このやり方に大きな間違いはないと思うのですが、いつからか『見本』に対してちょっとした疑問を持つようになりました。

「コーチ(自分)が見本を見せている間、子どもはちゃんと見ているのだろうか?」

「そして見本を見せている間、コーチ(自分)はそれを確認できないじゃないか!」

これが他のスポーツ、例えば野球とかサッカーだったら、見本を見せながら子どもが見ているか?の確認が同時に行えるのですが、何せ水泳は水の中ですから、顔を水に浸けてしまうとかなり難しくなります。

さらにいえばコーチが複数人いて、見本を見せる係と子どもを見る係に分けれたらいいのですが、スイミングスクールのコーチはひとりでやることがほとんどなので、それも出来ません。

そう考えるようになったのは、他のコーチが見本を見せているのをたまたま見ていて、その間子どもがソッポを向いたり潜ったりしているのに、泳いだコーチがドヤ顔をしているのが寒くて寒くて…「こうはなりたくないなぁ〜」と強く思ったからです。

もちろん長年の経験で子どもに集中させる技(鬼滅の刃とは無関係)は持っていますし、その集団の中で上手い子どもに泳いでもらいそれを見本とする、などの手法もあり、それでもダメなら自分がやるのですが、決して疑問は消えず、問題は解決していません。

 

というわけで、お子さんをスイミングスクールに通わせている方で、「最近のコーチは見本をしないなぁ」と感じている方がおられましたら、もしかすると、そういう理由かもしれません。

そして逆に、見本をバンバンやるコーチがいたら、そのときの子どもの様子と泳ぎ終わったコーチの顔を見て頂ければ、と思います。

 

でわ、股!!