46歳で退職してブロガーになってみた

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

実は出待ちがいるハナシ

出待ちとは?

TVやラジオやイベントなどに出演するタレント等有名人のファンが、それぞれの会場の出入り口前で、目当ての有名人が出てくるのを待って接触を図り、サインしてもらったりプレゼントを渡したり一緒に写真を撮ってもらったり、などの行為を行うこと。

と書いてはみたものの、これが正しいかどうかはよくわかりません。

だって自分は有名人ではないですし、TVやラジオの仕事なんてやってませんし、逆に誰かの熱狂的なファンになって出待ちしたこともないので、当然です。

しかし、先日、「アレ?これって出待ち?」と思うことがあったので、書いてみます。

 

このブログでは何度も触れていますが、長年スイミングスクールでコーチの仕事をしています。

以前はスポーツ施設を運営する会社に勤めており、現場責任者などをしていましたが、今は会社を辞めてフリーでコーチの仕事だけしています。

現場責任者をしている頃は、レッスン以外にデスクワークや施設管理の仕事が山盛りで、朝から晩まで施設にいることが当たり前でしたが、フリーとなってからは、担当するクラスのレッスンが終われば仕事も終わりです。

で、そのことにより、今までは無かった「担当したお客さんと施設を出る時間が変わらない」という現象が起きるようになり、たまにお客さんと話すこともあります。

とはいっても、それは偶然であり、それでは「出待ち」とは呼べないのですが、こんなことがあったのです。

 

ある日、いつもならレッスンを終えてスッと帰るところが、ちょっと若手スタッフと話すことがあり、いつもより施設を出る時間が遅くなりました。

ですが特に予定も用事もなく、ただ帰宅するだけなので急ぐこともなく普通に施設を出ようとしたら、担当したお客さんが、まだ残っているではありませんか。

で、そのお客さんにこう言われました。

「あ!やっと来てくれた〜」

「うちの子がね、『ニシオカコーチが来るまで帰らない!』ってゴネていたとこなんですよ〜」

 

ハイ。お客さんといっても3歳の子どもであり、その保護者から言われただけで、それを「出待ち」と呼ぶには無理がありますが、その子どもだけはいつも待ってくれていて、たまに食べているお菓子をくれたりするので、「まるで出待ちされているみたいだ…」と思っただけの話でした。

 

ま、可愛いファンがいるということで。

 

でわ、股!!

志村ショック…のハナシ

今日書くネタは、別にありました。

『実は出待ちされているハナシ』みたいなタイトルになる予定でした。

しかし、それを書く気力が全て奪われてしまいました。

 

ドリフのメンバーとのドタバタ劇を繰り広げ

東村山町が本当にあることを知り

カラスが鳴くのはカラスの勝手であり

ヒゲをつけてダンスを踊る

特にあの頃が大好きでした。

 

「人間は二度死ぬ」という言葉があって、一度目は普通に亡くなったときで、もうひとつは人々の記憶から消えたとき、という意味だそうです。

残念ながらお亡くなりになりましたが、記憶からは消さない、いや消えることはないでしょうから、永遠に。

 

どうか安らかにお休みください。

 

でわ、また。

コロナ!コロナ!と騒ぐ前に、とりあえず『コンテイジョン』を観て手洗いとうがいをして・・・のハナシ

まず最初に、この記事はコロナウイルス騒動にかこつけて、世間を煽動しようとか、ひと儲けしようとか思っていませんので、あしからず。(多少の広告は許してね)

 

早速ですが、『コンテイジョン』という映画をご存知でしょうか?

コンテイジョン (字幕版)

コンテイジョン (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 日本公開が2011年の11月ですから、もう10年ほど前の古い映画となるのですが、約10年後に起きるコロナウイルス騒動を予言するような内容の、いわゆるパンデミック映画、もしくはパニックスリラー映画で、この内容が現在の状況とあまりにも似ているため、再び注目されているようです。

youtu.be

ある日突然人が亡くなり、その原因がわからないまま同じ症状の人が増え始め、それが世界に広がり始め・・・という感じの完全なるパンデミック映画であり、ゾンビが登場したり宇宙人が攻めてきたりするわけじゃないのですが、全編を通して暗いイメージで描写されることもあり、ホラー映画とも捉えられています。

 

自分は昔この映画を観て、最近のコロナウイルス騒動があったので再び観ました。

で、もちろん映画の中の話であって、必ず同じことが起きるわけではないのですが、やっぱり現在起きていることとそっくりで、「このままいけばこうなるのか?」みたいな予測も出来ます。

なので、もし、この映画が観れる方(U-NEXTなど)は観てもらうのが手っ取り早いですが、これでレンタルビデオ店に行って感染するのも忍びないので、映画で描かれている注意点などを、簡単にまとめてみます。

 

*以下の内容については、映画『コンテイジョン』の内容に基づいて書かれていることであり、現実に起きていることとは違いますので、情報の取り扱いにつきましては十分ご注意ください。

 *あと、映画のネタバレも含みますので、さらなるご注意を。

 

特効薬が無い以上、出来る事は限られる

コロナウイルス騒動が起きてからかなりの時間が経過していますが、まだ特効薬(ワクチン?)は開発されていません。

これは映画の中でも同じで、最終的には特効薬が開発されてハッピーエンドとなるのですが、そこまでにかなりの時間がかかります。

そこで民間人が、「本当は特効薬が出来ているのに隠しているんだろう!」と怒り出すのですが、本当に出来ていないので、最善の予防法として以下の方法を挙げます。

  • 手を洗う
  • うがいをする
  • 人と接触しない
  • 顔を触らない

で、当然ながら「こんな方法ではダメでしょ!」と怒る民間人が・・・って感じでストーリーが進むのですが、特効薬が開発されていない以上、未然に予防することが最善の策であり、なんだか当たり前すぎて効果が薄いようにに思われますが、これが最善の予防策なので仕方がありません。

 

ウイルスよりも人間の方が怖い

これも映画の中でのお話ですが、ウイルスの感染が広がっていることがニュースで流れ、世間は不安に襲われるのですが、それではまだパニックとまでいきません。

しかし、レンギョウという薬草(漢方薬)が有効だというデマが流され(詳しくは後述)、それを求める人が薬局などに集中し、対応できなくなった薬局で暴動が始まり、さらにスーパーマーケットなども襲われてまともに買い物すら出来なくなります。

幸いリアルの世界ではそういうことは起こっていませんが、マスクやトイレットペーパーなどを求める人が薬局などの開店前に並んでいるのを見たり、そこでトラブルが起きているのを見聞きすると、映画の内容が、あながち間違っているとは言えませんね。

 

ブログがめっちゃ悪者になる

映画の冒頭、バスの中で感染した人が倒れるシーンがあり、それをフリーの記者が特ダネとして扱おうとしますが、情報を持ち込んだ新聞社(だったと思う)が拒否をしたことで、フリー記者がブログに書きます。

そのフリー記者はいわゆる陰謀論者であり、ウイルスの感染が広がる前に記事を書いていたことで注目され、さらにそこにお金の匂いを感じた人が群がってきたりして、だんだん力を持つようになります。

で、そのフリー記者がどこで仕入れた情報かわかりませんが、レンギョウという薬草が有効だと言い出して、それで前述したような大パニックが起きるわけです。

もちろん、この情報はデマであり、デマを流したフリー記者は詐欺で逮捕されちゃうのですが、その後ブログ信者が保釈金を支払って解放され、その後も虎視眈々と何かを狙っているところで、フリー記者の描写は終わります。

ここで自分は、はぁぁぁぁぁ!?フリー記者に制裁は!?と叫びそうになりましたが、もしかすると何か見落とした描写があったかもしれませんので、怒りをとどめました。

もちろん「ブログが悪者」ではなく「ブログを書いている人が悪者」であり、ブログには罪はないのですが、なんだか同じようにブログを書いている身としては、気をつけないとなぁ~と思ったりって、そこまで影響力はないですけどね・・・

あと、これがリアルの世界だったら情報はブログではなくSNSで広がっており、この映画の予測にSNSは含まれていなかったのかな?なんてことも思ったりしました。

 

映画のラストはハッピーエンド

すでに書いておりますが、この映画のラストは特効薬が開発されて、一応ハッピーエンドとなります。

ただ、それまでに亡くなった人の数は膨大であり、リアル世界の数字と比べると、桁違いのトンデモない数です。(あえて数字は書かずにおきます)

ただ、特効薬は製造されたものの、すぐに人類の数と同じだけ製造することは出来ず、誰が最初に特効薬を手にするか?の抽選を行うことになるのですが、これが「誕生日」で決まることになり、つまり一番最後の人は「365番目」となり、そこまで待っている間にウイルスにやられて・・・というシナリオとなっています。

つまり、リアルの世界でも、特効薬が開発されたとしても、その数が揃うまでには時間がかかるはずで・・・ってことが、起きるのでしょうかね?

 

エンディングを観て手洗いの大事さを・・・

映画のラストがハッピーエンドで終わった後、エンディングでウイルスの感染源(発症源?)が明らかにされるのですが、それが「手洗いをしなかったこと」なのです。

ウイルスを持った食肉を扱った料理人が、きちんと手を洗わずに握手をしたことで人から人へ感染して、それが全世界を巻き込むパンデミックを引き起こし、人間をパニックに陥れる原因となったのです。

もちろん映画の中での話であり、コロナウイルスとは別モノなのかもしれませんが、「こんなことで?」ということが原因になるかもしれないので、やっぱり出来ること(手洗いやうがい)をするしかないのでしょうね。

 

というわけで、誰に自粛要請をされたわけでもないですが、もともと家にいるのが好きな、かっこよく言えばインドア派なので、今日も自宅を満喫したいと思います。

 

でわ、股!!

妹からの仕事依頼のハナシ

妹からLINEでメッセージが届きました。

「最近どないしてんの?」

細かいことを言えばキリがないので、こう返しました。

「普通に生活してる」

すると再び妹から。

「子どもを(スイミングスクールの)短期教室に通わせてみたけど、まだ水を怖がっているみたいやから、お兄ちゃん見たってくれへん?」

決してスイミングスクールの指導内容にケチをつけているわけではなく、水に慣れる機会を増やしたいと思った妹が、会社勤めを辞めて暇なはずの兄に頼めばタダで…と思ったかどうかはわかりませんが、そういうことです。

で、可愛い甥っ子姪っ子のためであれば、ひと肌でもふた肌でも脱ぎますよ!ということで、その仕事依頼を受けることにしたのですが

 

ひとつだけ心配が…

 

というのは、私、会社を辞めて3年ほど経つのですが、そのことを両親どころか親族に発表しておりません。

ただ、妹にだけは伝えていて、逆に言うと妹しか知りません。

どちらかというと「おしゃべり」な妹としては、きっと兄が会社を辞めたことを言いたくて仕方がないと思うのですが、黙ってくれています。

しかし…今回の仕事依頼を受けて、週一回とか月一回とか定期的に甥っ子姪っ子と会うようになったら、正月に親族で集まったときに、甥っ子姪っ子が何らかの形でバラすのでは?と心配しております。

これが大人であれば口止めすることも出来るのですが、相手が小学生と幼稚園児ということで、下手な工作は自滅の恐れがあります。

 

というわけで、妹からの仕事依頼を受け、甥っ子姪っ子とプールに行って水の楽しさを教えるのは喜んでやりたいのですが…ってな話でした。

 

でわ、股!!

子どもは何にも変わらなかったハナシ

昨日からスイミングスクールの仕事が再開されました。

コロナウイルスのせいで3週間ほど休講していたのですが、このまま自粛を続けるのは、財政的に無理があるのか?、自粛ムードに抗いたかったのか?、会社の判断はよくわかりませんが、とにかく再開されました。

もちろん、コロナウイルスの影響が無くなったわけではありませんから、子どもが集中しにくくなる措置が講じられていて、普段のレッスンとはちょっと違う形となっていますが、それでも再開されました。

 

ただ、それで子どもがどれくらい来るかどうかはわからないですし、来たとしても元気がなかったり、逆にテンションが上がりすぎていたりと、いつもと違う感じになっているかも?と心配していましたが・・・

 

何にも変わりませんでしたー!

 

いつも通りに子どもがやって来て、いつも通りにニコニコ笑って、いつも通りにワイワイ騒いで、いつも通りに泳いで、いつも通りに帰っていきました。

本来、この自粛ムードで外に出れなくてストレスが溜まっている子どもに元気を与える役目であるはずが、逆に子どもに元気をもらった気がして、なんだか申し訳ない気がしつつ、岐路に着きました、とさ。

 

ただ、久しぶりにちゃんと働いたせいか、ひたすら頭が痛くて・・・

それだけ頭を使っていなかったからですかね?

 

でわ、股!!