46歳で退職してブロガーになってみた

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

仕事のこと-スイミング

スイミングスクールの体操のハナシ

そのスイミングスクールの運営方針や営業形態によって違いはありますが、ほとんどの場合、レッスンの前に「体操」を行います。 それが「体操場」(もしくはトレーニングルーム)や「プールサイド」など、行われる場所にも違いがあるでしょうが、大抵の場合、…

アメリカの女子高生が水泳の試合で『露出過多』で失格⇒やっぱり取り消しになったハナシ

このようなニュース記事を読みました。 アメリカ・アラスカ州の高校生の水泳選手が、9月6日に開かれた地区のシーズン戦で、100メートル・クロール競技で優勝した。しかし、プールを上がった直後、失格を言い渡された。 彼女の着ていた水着が国内基準に照らし…

長年の謎が解けてスッキリしたハナシ

19歳からスイミングスクールのコーチの仕事をしております。 最初はアルバイトで始めて社員となり、現場責任者も勤めましたが会社を辞めてしまい、その後は個人契約で週に2回だけ働いております。 現在49歳ですから約30年ほどこの仕事をやっていますが、自分…

お客さんから謝罪を受けたハナシ

先週、お客さんから殴られたのですが、その話の続きです。 www.maskednishioka.com (ちゃんと読んで下さっている方には、すでにネタバレしているとは思いますが、もうしばらくお付き合いください) その後、お客さんと話し合いの場を持ち、反省を促すために…

お客さんに殴られたハナシ

幸いにもグーではなく平手打ちですが、お客さんに殴られました。 ただ、平手打ちであっても相手は男性で、しかもフルスイングです。 周りの人が「アッ!」と声をあげるほどに、殴られました。 確かにこちらはスイミングスクールのコーチとして、指導というサ…

スイミングスクールのチビっ子クラスをおっさんコーチが担当するけれど・・・のハナシ

先日、このようなニュースを見ました。 ミュージシャン・漫画家の劔樹人(つるぎ・みきと)さんが2019年8月18日、娘を連れて新幹線に乗っていたら、誘拐犯と思われて警察に通報されたという体験談をツイッター・noteに投稿した。 https://headlines.yahoo.co…

家庭で出来る「平泳ぎのあおり足対策」のハナシ

まず、あおり運転の解決には「毒を持って毒を制す」が良いのでは?と書きました。 www.maskednishioka.com しかし、「ジェイソン vs フレディ」のラストで両方生き残っている(いや、そもそも両方生きていないけれど・・・)というオチでしたので、やっぱり「毒…

「あおり運転」と「あおり足」のハナシ

連日報道される「あおり運転問題」について、「この解決方法がわかればノーベル平和賞がもらえたりして・・・」とか思いながら、見ております。 で、昨日は「毒を持って毒を制する」というアイデアを記事にしたのですが、書き終えてすぐ、「でも最近は暴対法(…

お客さんから告白されたハナシ

お客さんから告白されました。 しかも「大好き」と、ストレートに。 これはマズい… 自分には嫁さんがいますし、それ以前に、自分は水泳を教えるコーチであり、相手はレッスンを受けるお客さんですから、商売的に考えてもよろしくありません。 しかし相手は魅…

スイミングスクールの「泳げる」は、大自然相手には通用しないハナシ

この時期、暑くなって水遊びをする人が多くなると、それに伴って、水難事故のニュースも増えます。 今年も、特に耳をダンボにしているわけでもないのに、勝手に水難事故のニュースが入ってきます。 自分はスイミングスクールで子どもに水泳を教えているので…

会社でかけられた洗脳は、実は悪くなかったのでは?というハナシ

かつて「2位じゃだめなんですか?」と発言して物議をかもした偉い人がいましたが、それを聞いたとき、自分はハッキリと「ダメなんです」と思っていました。 というのは、その当時勤めていた会社のトップから「100点以外はダメ」という、ある種洗脳に近い教…

出稼ぎに行ったプールで溺水事故が発生していたハナシ

数週間前、普段はやらない、市民プールの監視員の仕事をしました。 昔お世話になった人に頼まれたことと、一緒に働いてきた方の送別会を開催するお金が必要だったことが相まって、「出稼ぎ」と称して3日間働かせてもらいました。 屋外で立ちっぱなしでカンカ…

クロールで25m泳ぐ方法のハナシ

先日、このブログの【お問い合わせ&連絡】に、このようなメッセージが届きました。 (原文を載せても良かったのですが、何か問題がありそうな気がしましたので、概要をまとめます) 中学生のお子さんがクロールの自主練習中 ビート板を使っての前呼吸は出来…

昨日の研修で得た「何か」のハナシ

週に2回だけ働く仕事場で、安全に関する研修会に参加してきました。 もちろんどんな職種でも「安全」は大事なのですが、スイミングスクールのコーチという、子どもの命を預かる仕事である以上、会社から「絶対参加!」とお達しがあるのは当然です。 で、それ…

研修とは「引き出しを増やすこと」のハナシ

本日は週に2回の仕事の日ですから、いつものように電車を乗り継いで2時間ほどかけて職場であるスイミングスクールに向かうのですが、普段より早めに家を出ております。 というのは研修会があり、その研修には「絶対参加!」とお達しが出ているので、研修会の…

「パクれるもんならパクってみな!」のハナシ

まず全力で否定しておきますが、何らかの犯罪に手を染めて、警察に追われているわけではございません。 これからお話するのは、そっちじゃない「パクる(パクられる)」の話です。 さて、前回も書きましたが、スイミングスクールでコーチの仕事をしていて、…

嫁さんに刻み込まれた「短期」という言葉のハナシ

スイミングスクールを運営する会社にとっては「稼ぎ時」、そのスイミングスクールで働く人にとっては「地獄」の、夏となりました。 スイミングスクールに通う子どもたちが夏休みに入ることで、その期間を利用して開催される「短期教室(以下、短期)」により…

来年の東京オリンピック、入れ墨(タトゥー)の入った水泳選手はどう説明するのだろう?のハナシ

日本全国にあるほとんどのプールは、タトゥー(入れ墨)お断りです。 もちろん自分が知らないだけで、中には許可しているプールもあるでしょうが、ほとんどはダメなはずです。 で、先日より行われている水泳の世界選手権を観ていると、そこそこの割合でタト…

クリエイティブな仕事とそうでない仕事のハナシ

昔世話になった人から連絡を受けて、3日間だけ市民プールで監視員の仕事をしてきました。 炎天下のせいで軽度の火傷くらいの日焼けして、ほぼ立ちっぱなしのせいで足はクタクタで、とても大変な仕事でしたが、その分、仕事終わりの一杯は格別でした。 さて、…

出稼ぎが終わったハナシ

「出稼ぎ」と称したプール監視の3日間の短期バイトが終わりました。 朝6時半に家を出て、9時から炎天下の中ほぼ立ちっぱなしで監視して、途中で休憩やら水分補給やらを繰り返し、17時半の閉館時間になったら清掃とゴミ回収とロッカー点検などをして、18時に…

出稼ぎで自身の中学生時代を振り返るハナシ

「出稼ぎ」といっても通いで、たったの3日間という短期間なのですが、お金が入り用になるのに合わせて、普段はやらない市民プールの監視員という仕事に精を出すので、「出稼ぎ」と称しています。 (筆者の腕) さて、初日に比べ快晴となった2日目は、大変元…

出稼ぎに行ったら焼けたハナシ

昔お世話になった人から連絡を受け、3日間だけ、プールの監視員の仕事をすることになりました。 初日、降ったりやんだりの天候なので、お客さんはそれほど来ないと思っていたのですが、それでもやって来るのが子どもだなぁ〜とか思いつつ、それでもプールサ…

今日から出稼ぎに行くハナシ

出稼ぎとは、冬になって雪が積もって農作業ができなくなる地方の働き手が、その期間だけ都会に出て別の仕事に従事すること。というイメージを持っておりますが、古いでしょうかね。 そんな古い考え方を持つ自分が長年やってきたのは水泳にまつわる仕事であり…

実は泣いてる子どもの方が…のハナシ

スイミングスクールでコーチの仕事をしていると、定期的に泣いてる子どもを相手にすることになります。 もちろん泣くのは低年齢の子どもですから、バリバリ泳げるクラスを担当するコーチなどはほぼ無関係ですが、それでも子ども全体を管理する必要があると考…

昨日書いた「勤めていた会社への苦情の出し方」の続きのハナシ

長年勤めていた会社に通う子どもを持つ方から、回り回って「苦情を出したいけれど、どうすればいいか?」と相談を受けました。 そこで「現場責任者に直接伝えるべき」とアドバイスしておきましたが、その結果が出るのはもう少し先だと思っていました。 とこ…

久しぶりにあった連絡は「勤めていた会社への苦情の出し方」だったハナシ

会社を辞めて3年ほどが経ちました。 19歳でアルバイトから始めて社員になって、現場責任者もさせてもらって20年以上勤めた会社でしたが、大きくなるにつれ変わっていく会社の考え方に違和感を感じるようになり、46歳のときに突然辞表を出して、後先考えずに…

だからスイミングスクールのコーチの仕事はやめられないハナシ

ハッキリ言って、スイミングスクールのコーチの仕事は大変しんどい、辛い、嫌な仕事です。 しかし、19歳でアルバイトから始めて、その後社員になって現場責任者もやらせてもらい、46歳で会社を辞めたけれど、そこからも個人契約で続けて今年で50歳ですから、…

痛風のおかげで「おしりたんてい」を観れたハナシ

嫁さんいわく、「おしりたんていに助けられた」そうです。 仕事で疲れたとき、たまたま入ったコンビニの雑誌のコーナーで、「おしりたんてい」の本を目にしたそうです。 おしりたんてい (単行本) 作者: トロル 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2012/10/06…

仕事を休むときに思い出すハナシ

痛風の発作が起きたものの、それでもテーピングや痛み止めの薬なんかで何とか歩けていたのですが、それも出来なくなりました。 少しだけ細かく説明すると、それまで膝だけが痛かったのが、今度は踵(かかと)も痛くなり、その痛みが尋常ではなく、歩くどころ…

スイミングスクールにおけるお客さんのニーズのハナシ

当たり前ですが、スイミングスクールにやって来る子どもは「泳げない子ども」であり、その保護者のほとんどは、「水泳指導経験の無い方々」です。 そして、スイミングスクールもサービス業のひとつですから、お客さんのニーズに応える必要があります。 例え…