46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

自分と同じ年(1969年)生まれの有名人を調べてビックリした

f:id:maskednishioka:20160921174017p:plain

1969年12月生まれの山羊座のA型

どうも、マスクド・ニシオカです。

ふとしたことから、自分と同じ年(1969年)生まれの人ってどんな人がいるんだろうかと調べてみました。自分が覚えているのは、スチャダラパーのBOSEさんが同い年、でさらに山羊座もA型も同じなんです。自分の好きなアーティストと同じ部分が多少なりともあるのは、こちらの勝手な気持ちですが親近感が、さらにわきます。

このBOSEさん以外に自分と同じ年の人を調べてみると、まとめているサイトがあったので「あ~ぁ、これじゃ記事に出来ないなぁ~」みたいなことを思っていたのですが、ちょっと気になることがありましたので、書いてみたいと思います。

 

 1969年生まれの有名人(の一部)

船木誠勝

f:id:maskednishioka:20160921213508p:plain

かつて新日本プロレスから、最年少デビュー(当時)したプロレスラー。ヒクソンと戦って破れ一度引退後、復帰するが大仁田と電流爆破で戦うとは誰が予想してであろうか?

井上京子

f:id:maskednishioka:20160921213621p:plain

女子プロレスラーとして一時代を支えた悪役レスラー。だが凶器などはあまり使わず己の肉体とパワーで豪快な技を武器にして、表情でプロレスが出来た。現在は療養中のはず。

曙太郎

f:id:maskednishioka:20160921213728p:plain

第64代横綱で現プロレスラー。相撲廃業後は格闘家としてデビューもしたが戦績は振るわず、プロレスラーに転向。その巨体は試合会場で直接見るだけの価値がある。

桜庭和志

f:id:maskednishioka:20160921213838p:plain

IQレスラーの異名を持つ格闘家でありプロレスラーである。別名グレイシーキラーとも呼ばれ、ホイスとの激闘は今でも名勝負として語り継がれている。

スポンサーリンク

 

 

ザ・グレート・サスケ

f:id:maskednishioka:20160921213951p:plain

東北岩手で地方プロレス団体として成功した東北の英雄。元岩手県議員でもあり、マスクは素肌だと言い切りマスクを外すことはないと明言する。怪しいことが大好きでUFO研究家でもある。

マイク・ベルナルド

f:id:maskednishioka:20160921214112p:plain

かつてK-1の四天王として一時代を支えたキックボクサー。豪腕と呼ばれ、そのパンチとローキックに日本の格闘ファンは興奮しました。残念ながら42歳のときに自殺。

吉田秀彦

f:id:maskednishioka:20160921214220p:plain

柔道でバルセロナオリンピック金メダリスト。格闘家に転向し、桜庭が破ったホイスグレイシーとも2回対戦したが、2回とも不明瞭な結果となっている。現在は柔道家に復帰したはず。

キューティー鈴木

f:id:maskednishioka:20160921214548p:plain

女子プロレスラーでありアイドル。その美貌に男性ファンからの人気が高かったが、若手時代は苦労しており、所属していたプロレス団体が消滅するということもあった。

井上貴子

f:id:maskednishioka:20160921214643p:plain

女子プロレスラーであり、写真集でオールヌードを披露したこともある。前述した井上京子とタッグを組んでいたこともあり、現在でも現役プロレスラーである。

田村潔司

f:id:maskednishioka:20160921214749p:plain

通称、赤いパンツの頑固者。格闘技色の強いプロレスラーであり、エンターテイメント性の一切見られないガチ勢であるが、ヘンゾグレイシーとの対戦の入場時にUWFのテーマが流れたときの観客のどよめきは凄まじく、伝説の入場と言われる。

youtu.be

スポンサーリンク

 

 

秋山準

f:id:maskednishioka:20160921215410p:plain

全日本プロレスの四天王としのぎを削り、五天王とも呼ばれたプロレスラー。激しいプロレスが信条だが、副業にも熱心で実業家としての一面も持つ。現在もプロレスラーとして一線に立ち続けている。

ディック東郷

f:id:maskednishioka:20160921215523p:plain

かつて日本にルチャリブレを持ち込んだプロレス団体、ユニバーサルの所属選手としてデビューし、様々な団体を渡り歩いた名レスラー。通称マスターオブセントーン。一度は引退したものの現役復帰した。好き。

浅野グレース恵

f:id:maskednishioka:20160921215817p:plain

元DDTというプロレス団体の女性レフェリーであり、通称インディーの女王。スープカレーショップの店長でもある。

フライングキッド市原

f:id:maskednishioka:20160921215918p:plain

かつてFMWの1期生としてデビューし、大仁田の息子を名乗ってみたりいろいろあったが、現在もフリーランスとして現役を続けている。はず。

一宮章一

f:id:maskednishioka:20160921220018p:plain

前DDTプロレス社長であり、父が元相撲取りの親方であり、弟が元朝青龍のマネージャーであった。そのため、朝青龍のトラブルが取り上げられる際にサンデージャポンに出演することがあった。

井岡弘樹

f:id:maskednishioka:20160921220118p:plain

元ボクシングの世界チャンピオンであり、現プロボクサーである井岡一翔は甥にあたる。自分のボクシングジムを持ち会長職に就いている。とんでもない天然であり、パンチドランカーではない。

 (以上、敬称略)

 

以上16名全員格闘技関係の人ということ

というわけで、自分と同じ1969年生まれの人を調べたら、格闘技関係の人が多かったということでした。ざっくり調べただけなので完璧ではありませんが、意外だったので記事にしてみました。特に感想はございません。

 

でわ、股!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

www.maskednishioka.com

www.maskednishioka.com

www.maskednishioka.com