46歳で退職してブロガーになってみた

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

リライティングのやり方がわからない

f:id:maskednishioka:20160613162538j:plain

自分の中だけ決めていたことですが、今後の戦略として100記事書いたらリライティングしようと考えていました。しかし、リライティングの仕方がよくわからない。

(この記事、内容を決めずに考えながら書き始めましたので、どのようになるかわかりません。あしからず。)

リライティングをしよう

100記事書いたらそれなりの情報量になるから、それを読みやすくするために一度公開した記事を見直して訂正したほうが良いとよく書かれています。それを見てなるほど!とよくわかってもいないのに納得して、100記事越えてからの戦略としていました。

確かに、自分の大好きなグーグルアナリティクスのリアルタイムを見ていても、書き上げたばかりの記事でなく過去の記事を読んで頂いているのをみて、その方は自分の知りたいことが読みたいんだろう。というのがわかります。

ただ、悲しいことに過去に書いた記事は自分でも嫌になるくらいの駄文であり、書いた本人ですら『えっ!?それは読まない方が・・・』と思いますから、リライティングは必要なのでしょう。

リライティングを舐めていた

過去の記事を書き直すだけ。と思っていたのですが手を付け出すと意外なことに気がつきました。

  • タイトルはどうする?
  • 更新日付はどうする?
  • 手がつけられないほどヒドイ内容はどうする?

別に自分の書き手としての腕が上がったなどとほざくつもりはございません。しかし、昔の自分の記事の内容がヒドイ。タイトルはそのままで中身を書き直そうと思ってもそもそもタイトルがヒドイ。もうこれは・・・いっそのこと消してしまいたい記事もあります。

 自分の中で過去記事の中でヒドイ記事ワースト3を発表

過去記事ワースト第3位

www.maskednishioka.com

 題材として、脳が行う仕事として『閃き』と『記憶』というのを別の箇所で行われているのはわかるけど、同じ脳なんだからうまいことできないの?みたいな感じで書いたと思うんですけど、多少なりとも調べていたら形にはなった。つまり題材としては悪くないかも知れないのですが、調べないで書き出したもんだからこんな内容に・・・ヒドイです。

過去記事ワースト第

www.maskednishioka.com

 ストレスが体に良くないことはわかってるんだけど、暴飲暴食も体に良くない。ってことが書きたいんだろうけど、これ行き着くところは『適度にすればいいんじゃね?』ってなるんですよね。で、それを書いている間に気がついたのか、カップヌードルの感想に移行するのですが、その感想もいまいちわからない着地をします。ヒドイ

過去記事ワースト第

www.maskednishioka.com

なんだこれは!?

ただ単に自分がシンガポールに行くことの自慢がしたいだけじゃないか。言及記事としてきちんと紹介することも出来ずシンガポールの魅力も垣間見えないヒドイ記事。タイトルにしても何が言いたいかわからないヒドイ内容です。

消すか残すか

どこかに書いてあったと思うのですが、過去記事でヒドイものはバッサリ消した方が良いという意見もありました。何らかの経緯でこのブログに辿り着いたのはうれしいことですが、タイトルだけでしか中身が判断できないので読まれた記事がヒドイ内容であれば、あっさりブログから去って行くでしょう。

ブログはアートである

これもどこかに書いてあることですが、書いたものは芸術品と同じような扱いを受けるべきだともありました。この考え方も好きです。

結局のところ

自分が甘いのかもしれませんが消すのには惜しいような気がするので、今ある記事に追記として何か書き足していこうかと思います。ただ、これって書く作業はしているけど、新しい作品を作り出しているわけではないから、苦難の作業になりそうですね。いいわけです、しばらく毎日5記事は諦めます。

この記事も1年後にはヒドイ記事?

1年後、この記事だってヒドイ記事と自分に言われているんでしょうかね。その前にこのブログと自分に1年後があるかどうかですけどね。

 

でわ、股!!