46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

無事に結婚して満20年を迎えることが出来ました

f:id:maskednishioka:20161102230231j:plain

どうも、マスクド・ニシオカです。

先日、ブログに結婚20年目のことを書かせていただきました。そこで、退職して再就職もせずにブログを書いている、夢見るおっさんを支えてくれている嫁に対して、なにかコメントをください、というお願いをしまして、それに対してたくさんコメントいただきました。本当にありがとうございます。

毎年、お互いの誕生日と結婚記念日には、ちょっとお高いけれどもめちゃくちゃ美味いイタリア料理の店に行くことに決めていますので、今年もそこに行って、料理とワインを堪能して、いま帰ってきました。

みなさんからいただいたコメントを、どのタイミングで嫁に見せるか考えましたが、スマホで見せることの方が、なんだか近代的だ!と思って、店で料理が出る合間に見せました。もちろん、嫁にはコメントを募集していることなんて伝えていませんでしたので、ちゃんと説明してからにしました。

嫁の反応としては、「ありがたい、けど、それ以上に、マスクド・ニシオカが書く文章が好きって書いてくれていることが凄い」というものでした。嫁は自分がどんなことを書いているか詳しくは知りませんでしたし、たくさんの人がマスクド・ニシオカを気にしてくれていることを実感してくれたようです。自分としては、嫁が喜んでくれることが自分の喜びですので、大変うれしく思いました。再度、コメントをいただいた方には感謝します。

それが狙いでコメントを書いてもらったわけではないのですが、これをきっかけに嫁がどう思っているのか、少し聞くことが出来ました。旦那が再就職しないことを、真面目に考えれば放ってはおけないことだけど、何とかなるか!と思っているみたいで、本人はそういってませんが、まるで「宝くじが当たれば大丈夫でしょ」みたいな感じです。

自分も嫁も、こんな感じで今後大丈夫かわかりませんし、ちゃんとした人から見れば、おかしな夫婦と思われるかもしれませんが、それでも20年連れ添って来れたので、良かったと思っています。

自分としては、ブログを始めてまだ半年足らずですが、こうやって続けることが出来ているのと、自分のブログを楽しみにしてくれている人がいることがわかりましたので、嫁には今後も続けていきたいと話しました。

それに対して、嫁は、「ダメ」とも「いいよ」と口にしませんが、自分が退職してから家事の手伝いや、一緒に時間を過ごすことや、会話をすることをうれしくは感じているみたいで、それまで、自分が仕事をしているときに、背中を向けられるのは辛かったみたいです。

それが答えだと自分は受け止めて、今後もブログを続けていきたいと、嫁には伝えることが出来ました。これもひとえにみなさまのおかげでございます。本当にありがとうございます。

ちょっと面白かったのが、その店に、常連さんらしき白髪のダンディーな年配の方が来られていました。たぶん、どこかの会社の社長さん。自分たちと同じくカウンターに1人で座り、常連らしくマスターを会話をしながら持参したスパークリングワインを楽しんでおられました。

自分たちの料理がデザートに差し掛かるころ、マスターに結婚20年の報告をしました。そのときの店の空気感として、和やかな感じが出来上がっていたので、ダンディーな社長さんも一緒に祝ってくれました。その話のついでに、自分が退職したこともマスターに話しました。そのときに、全くしらないダンディーな社長さんがこういってくれました。

「大事なのは今ハッピーかどうかやろ?オレなんて、嫁と2人で食事することもないで、うらやましいわ!」

たぶん、そういう言葉って鵜呑みというか、真に受けたらいけないような気もしますが、単純な自分はありがたく受け止めました。社長さんありがとうございます。

最後に

コメントのお返しに、自分に何が出来るかと考えてみると、ブログを続けて何かを発信していくことだと思っています。もとい、そんな発信なんてカッコイイこと出来ませんね、ただひたすらに何かを書いて行きます。うん、しっくり。今後もブログどころか人生どうなるか、何にもわかりませんが、許される限り続けていこうと思っていますので、今後もよろしくお願い致します。

あと、コメントにて、稼ぐための記事をくことオススメいただきました。もちろん、このようなコメントもすべて読ませていただきまして、今後のブログの中で、上手いこと説明できればと思っています。なんだか、ストレートに書けないのはお許しください。

 

でわ、股!!