46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

ケータイ大喜利に再チャレンジの結果

どうも、マスクド・ニシオカです。

昨夜のケータイ大喜利も惨敗でした。しかし前回は偶然見ていて参加しただけで、まるでぶらりと散歩をしていたらバスケコートで3on3をやっているところに出くわして、飛び入り参加したものの、何の活躍も出来ずにコートを後にしたようなものです。

今回はぶらり散歩ではなく、自らの意思でコートに向かいました。新聞の番組欄で得られるお題の情報を元にある程度イメージして立ち向かいました。が、当然今回も投稿が採用されることもなく、再びコートを後にしました。

今回も何の爪痕を残せませんでしたが、あんまりにも悔しい、以前に不思議なことがあって「なんでみんなこんなに早いの!?」と思っていました。番組が始まって正式なお題が発表された瞬間から集中して頭をフル回転させて、なんとかひねり出した回答をスマホに打ち出したときには、もうすでに画面ではオモシロ回答が読まれていて、思わず「はやっ!」と口にしてしまうのです。

実は放送終了後には次回のお題が発表されていて、事前に予約投稿出来ることを知りました。つまり何度も採用されている投稿常連の方は、お散歩気分でも試験が始まって答案用紙をひっくり返すのでもなく、バリバリに準備してトレーニングしていて、コートに来たときにはすでに出来上がっているのです。そりゃあ勝てませんわな。

f:id:maskednishioka:20161211174929p:plain

まぁ、事前にお題がわかっていたからといってオモシロ回答を出せるわけではありませんが、お題が発表されてから考え始めて何も思いつかなくて、「オレの頭はなんて固いんや〜カッチカチやで!悔しいです!」とはならずに済みそうです。

「二度あることは三度ある」か「三度目の正直」か、果たしてマスクド・ニシオカの文字がNHKに登場するのでしょうか?


でわ、股!!