46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

AdSenseの審査が厳しくなったというハナシを聞いて

ブログのこと ブログのこと-アドセンス

f:id:maskednishioka:20161023130119p:plain

どうも、マスクド・ニシオカです。湯シャンを始めてみました。まだ二日ですが、心なしか髪の毛が立つようになった気がします。その代わり、ブラッシングを物凄くするので腕がパンパンになりますが。

スポンサーリンク

 

 

 どうやら、アドセンスの審査が通りにくくなっているらしいですね。自分はこのブログを始めて少ししたくらい、今から4ヶ月前くらいに審査に通ることが出来ました。ただ、そのときも、「以前より厳しくなった」と言われていまして、そのときに一番厳しくなったのが、「有料ドメインじゃないとダメ」に変更されていたことです。

その本当の理由はわかりませんが、原因はハッキリしていましたので、アドセンスの審査に通る=有料ドメインも必要ということになりました。そして、そのときも「無料ブログで小銭稼ごうとする人が増えすぎたから」というような理由で、グーグルの締め付けが厳しくなったんだ!と言われていましたが、それが本当かどうかはわかりません。

もともと、忍者ブログで書いていたのを移籍してきて、はてなブログだったら審査が通る、という勝手な思い込みで審査に挑んだものの、まったく相手にされず、はてなブログもドメインも有料にして、それで再度アタックして、しばらくしてから通りました。

ほんの数ヶ月前にことですが、その当時でも数十回やってもダメ、みたいな人がいる中で、数回で審査に通ったのはありがたかったのですが、半分ウケ狙いで、「グーグルさんにブログ内で直接懇願する」というやってみたあとに審査が通ったときには、うれしいやら恥ずかしいやらで複雑な気持ちになりました。

スポンサーリンク

 

 

もう、あれからアドセンスの審査に関することに触れていませんので、実際どうなっているかはブログの記事でみるだけですが、今回の騒動?で思ったことが3つあります。

  • もっと厳しくなったら、どうなる?
  • 何を基準に審査しているか?
  • 審査通ったんだから、大事にしよう

もっと厳しくなったら、どうなる?

自分が体験しているのは、ドメインが無料から有料に変わったことです。しかし、有料からさらに厳しくするのはどうするでしょう。単純に、今後はアドセンスの利用料が必要になるかもしれません。もちろん、そうすれば今度は離れていく人が多くなるでしょうが、申請する人が増えすぎているから厳しくしているんであれば、それを制限するためにはありうることです。それ以外に厳しくする方法が、自分には思いつきません。

何を基準に審査しているか?

これは以前から言われることですが、いまだにこれといった正解がありません。いくつかの可能性があるだけで、これをやれば絶対通る!ではありません。自分のときは、グーグルが申請を出しているブログを、ひと通り機械の目でチェックして、それを潜り抜けたブログは人の目でチェックしていると思っていたので、その人に語りかけるようにブログを書いたのですが、今思えば、ない、ですよね。

審査に通ったんだから、大事にしよう

今後どうなるかはわかりませんが、自分はアドセンスの審査に通って使えているので、これを大事にしないといけないと感じました。理由はどうあれ、審査に通らない人がいるなかで、使わせてもらっているんだから、やっぱり大事にしないと。かといって、特別何をするわけじゃないですけれど、なんとか毎日更新して、多くの人に楽しんでもらえる記事を書いて、審査が通らない人から「面白くないブログ書いてる、お前らのせいで審査通らないんだよ!」なんて言われないように、日々精進します。

 

でわ、股!!

 

 

というわけで、グーグルさん、今後もよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Google AdSense 成功の法則 57

Google AdSense 成功の法則 57