46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

ノイズキャンセリングヘッドホンが怖くて使えない

ひとり言

どうも、マスクド・ニシオカです。

さして大きくも無く、しかし2人なら十分な大きさの我が家には、PCとTVが2台ずつあります。PCは自分と嫁がお互いに使うためにありまして、TVはコタツ用とダイニング用に分かれています。

ドッジボールが出来るほどの大きさは無いけれども、ちびっこ相撲が出来るくらいの大きさがある我が家では、各々のPCとTVが音を出していると邪魔になるので、それぞれ片方にヘッドホンが装備されています。

3DKで畳半畳の廊下が存在する我が家には、ヘッドホンが2つ使われていますが、その2つともどちらかといえば安物で、今はやりのノイズキャンセリングなんて機能は全く無く、普通のヘッドホンなのです。

ノイズキャンセリングヘッドホンもしくはイヤホンなんて、もうだいぶ前から出ているモノで、いまさら感のあふれるモノですし自分は体験したことも無く、実際にどれくらいのノイズをキャンセル出来るのか存じ上げませんが、もしTVCMでやっているのが本当で、雨音レベルの外部の音が消されるのであれば、正直自分は怖くて使えません。

スポンサーリンク

 

街でノイズキャンセリング

自転車に乗ってイヤホンをすること自体がルール違反となるので、そもそもルール違反なのですが、自転車に乗ってイヤホンをしていて、後ろから車のクラクションを鳴らされても気が付かないのは恐ろしいことです。他にも電車に乗っていて、車内アナウンスで何か大事なこともキャンセリングされるんではないかと考えると怖くて使えません。電車が目的地の途中の駅で止まって車庫に行くのに車内アナウンスをされても、キャンセリングされて気が付かず堂々と座っていて、駅のホームで次の電車を待っている人からクスクス笑われるのもキャンセリングされるかと思うと、恥ずかしい上に怖いものです。

家でノイズキャンセリング

家で過ごすことが多い自分としては、ノイズキャンセリングヘッドホンをしていたら、こうなるんじゃないか?という疑問が多々あります。

  • 家の電話が鳴ったら気が付くの?
  • 宅配便がやってきてピンポーンが鳴ったら気が付くの?
  • スマホの画面が見れない状態で地震警報が鳴って気が付くの?

いま使っている安物の、家電量販店でたたき売りされている、とりあえずステレオで左右から音が聞こえるヘッドホンでも、ちょっとボリュームを上げれば上記のいくつかは聞こえません。アマゾンで欲しいものを注文しているときは、到着時間を予測してヘッドホンを外して聞き逃さないようにしています。

そしてそれ以上に家で聞こえなくて怖いのは、「ゴハンできたよ」や「寝るね」や「おはよう」といった嫁のひと言です。もちろん嫁の機嫌が悪くなるパターンの方が多いのですが、実は一番恐ろしいのは「おはよう」です。

みなさん想像してみてください。嫁よりも早起きしてPCの前に座りエロい動画を探し出し、ムフフな気分でいるときに嫁がゴソゴソ起きだして、自分の背後を通りながらPC画面を見る、もちろん嫁のゴソゴソの時点で気が付けば、画面を変えてそしらぬふりが出来るのですが、もしこれが気が付かなければそのずべてが丸見えなのです。嗚呼おそろしや。もし自分のヘッドホンでノイズキャンセリングが行われると、こんな恐ろしいことが起きる可能性がかなり高くなるのです。そうなったときの気まずい空気感はたまったものではありません。

「なんでそんな朝早くからそんなことを!?」というご意見につきましては、みなさんのご想像にお任せいたします。

スポンサーリンク

 

ノイズキャンセリングの進化系

このように恐ろしいことが起きるかもしれないノイズキャンセリングですが、これは自分が知らないだけで実はすでに想定されていて、恐ろしいことが起きないようになっているのかもしれません。ちょっと調べただけですがノイズキャンセリングの仕組みとしては、小型のマイクが入っていて外部で拾った音と反対の音を出して消しているそうです。

ということは、これがもっと進化すればあらかじめ決まった音を登録すれば、その音だけはキャンセルせずに聞こえるように技術的に出来るはずです。家の電話もチャイムのピンポーンも地震警報も嫁の「おはよう」も全て聞こえるように、いや嫁のゴソゴソだけは逆にノイズをキャンセルどころか拾って大きくしてもらう機能が必要なのです。

最後に

ちょっとふざけた内容で進んでまいりましたが、意外とまじめに考えてもノイズキャンセリングの危険性はいわれているようで、特に外で使用する場合には注意が必要でしょう。我が家にノイズキャンセリングヘッドホンが導入されることはありませんが、安物ヘッドホンでもボリュームひとつで起きかねないことですので、注意したいと思います。みなさんもヘッドホンをしたままでのチョメチョメには十分ご注意を!

 

でわ、股!!

 

クリックはキャンセルしないでね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村