46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

退職してから戦っているのは自分そしてそれは尿意

ひとり言

f:id:maskednishioka:20161018074015p:plain

46歳の家からあまり出ないおっさん

どうも、マスクド・ニシオカです。ブログを始めて爪が伸びるのが早い気が。

退職をして4ヶ月、もう少しで5ヶ月、四捨五入すれば半年です。飽き性な自分がブログを続けられているのは、自分が表現した何かが人に評価されて、それを面白がってくれる人がいるからで、自分が何かやったことで他人の喜怒哀楽のどれかに触れることが出来るようになることを目指すようになったからです。

何をして人の喜怒哀楽に触れるか?となったときに、ブログが一番試すハードルが低かったのと、もともとキーボードで文章を書くのが好きだったからで、別に文才があるわけでもなく、文章を書くことについてはおもいっきり修行中です。

先日、物書きのプロの人とちょっとしたやり取りをして、自分の文章能力の低さを改めて感じました。その人には「ニシオカさんの書く文章、スキですよ」なんて言ってもらって本当にうれしいのですが、やっぱりそれでメシ食ってる人との差を感じます。当たり前のことですが。

そんな本題とは離れたことを書いたりするから、文章能力が低いままなんですけどね。ただ、ブログのことばかり考えていますから、家から出ない日が多くなりました。本当は外に出て刺激を受けてブログのネタを考えて、PCの前に座ったら集中してピャーーっと文章を書いたほうが効率がいいのかもしれませんが、実際には理想からかけ離れてPCの前でウダウダやっています。

ユニバーサルスタジオジャパン(以下ユニバ。出ないけど)の年間パスを買ってアトラクションに並びに行くのはブログのネタを考える時間と運動不足を解消するためのようなもので、それも全てブログを書いて少しでも読んでくれる人に喜んでもらえる文章を書けるようにするためです。これは蛇足。

スポンサーリンク

 

トイレまでの距離

ただ、無職のおっさんが家でブログを書いていることを、いわゆる在宅ワークといえばちょっとは格好良く表現できますでしょうか。かけている時間と得られる収入で比べれば月とスッポンポンくらいの違いがありますが、『家で何かしている』という部分だけは同じでしょう。同じだと思わせてください。

そんなニセ在宅ワーカーである自分の、座っているところからトイレまでの距離は6mで歩いて6秒ほどです。すぐに行けます。当然、トイレに行きたくなったら直行便です。我慢はしません。でした。

しかし、加齢と共に尿に関するトラブルが増えてくることをTVなどで見聞きすると、ちょっと心配になります。ヨボヨボのおじいちゃんになって紙オムツのお世話になるのは仕方がありませんが、それまでにそうなるのは、出来れば避けたいものです。46歳にもなるとそんなことを考えるのです。

ライフリー うす型軽快パンツ M22枚【ADL区分:一人で歩ける方】

ライフリー うす型軽快パンツ M22枚【ADL区分:一人で歩ける方】

 

 膀胱の訓練

自分は医者でも何でもないですが、膀胱に尿を溜める訓練というのがあることは知っています。単純にオシッコを我慢するだけです。そうすることによって膀胱に溜まる尿が量が増えて、尿の回数を抑えることが出来るようです。単純に、尿意を感じてすぐにトイレに行ける環境である自分が、我慢というものを忘れてしまったら将来どうなってしまうんだろう!?と考え、妄想は膨らみ、パッキンの壊れた蛇口のように止めようと思っても止まらない感じをイメージしてしまうのです。

ね、心配性でしょ?

尿と痛風の関係

ただ、自分には痛風という、やっかいで世間では「贅沢病」とかいわれてしまうモノを抱えていまして、この痛風の発作が起きないようにするためには、つねに体内水分の量を多くして、発作の原因となる尿酸を出来るだけ排出しなければならず、その主な排出方法が排尿となるわけです。こうやって難しく書いていますが、もっと簡単にわかりやすく説明しますと。

「おしっこで尿酸を、にょうさん出さないといけない!」

とりあえず謝っておきます。ごめんクサイ。

スポンサーリンク

 

尿意が起きたら1回は我慢してみる

調べてみると、尿に含まれる尿酸が長く膀胱に留まることによって別の病気(尿路結石)になる可能性は低いようですが、可能性が無いともいえない感じでした。なので無理しない程度に尿意が起きたら1回は我慢してみることにします。大風呂敷を広げれば、自分との戦いのゴングが鳴らされたわけです。

最後に

自分との戦いとは大げさかもしれませんが、運動不足だから体を鍛えるのと感覚は同じような気がします。仕事をしているときはなんだかんだと制限がありましたが、仕事を辞めてその制限はなくなりました。しかし、人間としての制限は今後もなくなりませんので、それを維持していくために鍛えるということですかね。

 

でわ、股!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

www.maskednishioka.com

www.maskednishioka.com

www.maskednishioka.com