46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

スイミング業界の人手不足と経験不足を考える

f:id:maskednishioka:20160918070114p:plain

どうも、マスクド・ニシオカです。最近、家のトイレは小でも座ることにしました。

相変わらず、飽きずに懲りずにブログを書いていますが、日々何か特別なことが起こるわけでもなく、平凡な日が続いています。特に自分の場合は積極的に外に出ることもなく、嫁と一緒に近所のスーパーに行くのがその日最大の外出イベントだったりしますが、それでも日々、何かが向こうからやってきます。

昔、世話になった人から久々の連絡

その人は、以前一緒の会社で仕事をしていましたが、その人が会社を去り同じ業界にいるという状態でした。その後自分が仕事を辞めて業界から離れましたが、ほとんど連絡を取ることはなく、何か緊急事態がなければメールなんて送りませんし来ませんでした。

しかし、先日その人からメールが来ました。自分としては、その人からの連絡=飲みに行く、というような方程式が出来上がるほどの関係でしたので、メールで「何時にどこですか?」とだけ返事を返しましたが、どうやら当てが外れたようです。

結局、話の内容は誰かスタッフを紹介してくれないか?ということであり、事情を聞くととある現場(スイミングスクール)の人手不足が続いていて大変なんだそうで、アルバイト募集はしているけれど大型ショッピングモールに若い人を取られているようで、人が回ってこないようです。

ただ、自分もその現場には勤めていたことがあるので通えないことはないのですが、その人は自分に来て欲しいとは言わなかったのです。あれ?自分嫌われていたのかな・・・いや、たぶん気を使ってくれていると信じています。

スポンサーリンク

 

23:00に翌朝の仕事の依頼

また別の日、TVを見ながらブログをだらだらと書いていたら時間がかかってしまい、いつもなら早めにしているその日2回目の記事の公開に手間取っていると、携帯にメールが送られてきました。

電話もメールも送ってくる相手が少ない自分としては、時間によって連絡してきた相手がだいたい予想できるのですが、この夜はちょっとわかりませんでした。しかし、送ってきた相手が誰かわかった時点で仕事の内容であることを確信します。なぜなら、送ってきた相手は自分に「飲みに行こう」なんてメールを送ってくることはなく、ガチンコで仕事の相談か依頼かのどちらかしかありません。思わず、ちょっとだけ背伸びをしました。

結局、内容としては翌朝の仕事の依頼でした。あまり詳しくは書けませんが、予定していたスタッフが熱を出していて欠勤希望の連絡をしてきたので、代わりの人間が探してみたものの手札が切れて自分のところにお鉢が回ってきたようです。以前、自分がいた愛着のある現場であり、退職後に一度仕事を依頼されてそのときも行っているので、ふたつ返事で行くことにしました。

仕事内容は子どもの水泳レッスンの間の監視業務とちょこっとした体操です。時間にして全部で2時間も有れば終わる仕事です。一応バイト代は出ますが、それ以上にちょっとだけ働ける喜びと、嫁以外の人と話せる機会であり、さらにブログのネタとしては最高の機会ですので、断る理由はありません。

どこの業界でも人手不足ですか?

結局、その仕事をちゃんとこなしてお客さんからも「久しぶり!」と声をかけてもらえたので自分としては、働いてもらったお金よりも得るものがあったと思います。働いてもらったお金はすぐに美味しいものに化けてしまいました。

f:id:maskednishioka:20160918154707j:plain

 

現場のスタッフに聞いてみると、自分を呼ばないといけないくらいですから人手不足であることは間違いなく。ギリギリの人数で回しているので、誰かが休んだり特別な行事などがあると、とたんに回らなくなるようです。

その会社を辞めた自分が言うのもなんですが、適正人数の確保がままならず、結果未熟なスタッフに重責を任せないといけなくなっていて、それを重荷と若いスタッフは辞めていくという悪循環のようです。これは自分がいるときからのことで、今に始まったわけではありませんが、自分が現場を去ってから3ヶ月ちょっとくらいでは変わりる気配はなさそうです。

これも、あんまり書けない話ですが、他にも自分のいた会社で退職を考えていると相談を受けました。その人にはよく考えるように言いましたが、自分も退職しているわけですから、その人の退職を止める権利はありません。自分の場合はこうした、というような話をしました。

自分はフィットネス産業の中のスイミングスクールという、かなり特殊な狭い世界のことしかわかりませんが、どこの業界でも人手不足なのでしょうか?前に手続きのためにハローワークに行って説明を受けていると、事務の仕事は人手が余っている状態ですが、それ以外は人手不足ということで、「みなさんにもチャンスはありますよ!がんばって仕事を見つけましょう!」と仰ってました。

働きたいけれど働けなくなった人と、働く気力を失った人では大きな違いがあって、ハローワークに来ている人たちが、全て働きたいけど辞めざるを得なかった人ではないような気がします。でも、このことを書き出すと脱線するのでこの辺にしておきます。この話は。

スポンサーリンク

 

スイミングスクールのコーチという特殊な仕事

この業界の人には当たり前のことですが、スイミングスクールのコーチの仕事には特別な資格は必要ありません。知識と経験だけであとは偉い人がやらせるかどうか決めるだけです。どこの業界でも同じでしょうが、十分な経験のある人が必要な仕事の数だけいれば問題ありませんが、十分な経験を持った人の数が足りなければ、不十分な経験しかない人に仕事を任せないといけません。

それが時間をかけれが全員で手分けして出来るのであれば、大変ではありますが大きな問題は起きません。しかし、人の命を預かるという特殊な仕事なのがやっかいなところです。間違いが起これば事件になるわけで新聞に載るかもしれないわけです。

もちろん、きちんとした研修をして厳しい目で見て仕事を任せているのですが、単純に人が少なくなれば、その目が緩んでしまうのは仕方がないのでしょうか。自分はこれを逆手にとって、「客を減らすことでバランス取る!」と会社に言ったことがあります。だから、会社を辞めたようなものですけれど・・・。

人手不足を解消できる会社があれば

自分が退職したとき、退職理由としてフィットネス産業の人材不足を解消するために、会社を出て人材を確保する事業を始めたいと言って出てきましたが、結局それに対して何も動けていません。人材を確保してスイミングスクールに紹介できるような仕組みを考えていましたが、もうちょっとシンプルに、ブログで人材募集している会社の情報を載せるようにするとか、簡単に考えた方がいいかもしれませんね。

でも、それを考えさせられる状況であることは間違いないということを、肌で感じる今日この頃だということです。

 

スイミングのことをまとめてみました!

スイミングスクールで26年水泳コーチの仕事をやってきて思うことのまとめ - 働けおっさんブロガー

 

でわ、股!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村