46歳で退職してブロガーになってみた

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

スイミングスクールの仕事をしていて良かったこと3つのこと

f:id:maskednishioka:20160807104427j:plain

過去26年の経験で言えること

自分はスイミングスクールのコーチの仕事をこれまで26年以上やってきました。訳あって会社を退職して今は無職となりましたが、これまでにいろいろ経験して酸いも甘いも見てきたつもりです。そして、会社を辞めた当初は勢い余ってこんな記事も書いていました。

www.maskednishioka.com

書いてから少し時間が経っておりますが、書いた内容について訂正するつもりも無く考え方は変わっていません。しかし、ちょっとだけ見方を変えて、いままでお世話になってきた仕事の良かった点を書いてみたいと思います。

仕事のやりがいとか小難しいのは置いといて

以前の記事にも書いてありますが、スイミングスクールのコーチの仕事自体はやりがいのある面白い仕事です。教えた子どもやその保護者からお金以上のモノがもらえることもあって、これは他の仕事では得られない心のご馳走とでも言えるものです。ただし、その反面・・・なんて小難しい話は置いておいて、スイミングスクールの仕事をしていて良かったなぁ~と素朴に思えることを書いてみたいと思います。

スイミングスクールの仕事をしていて良かった3つのこと

あくまでも個人的な感想です。それとスイミングスクールの仕事を経験している方にとっては当たり前のことです。しかし、この仕事を経験していない方にはきっと珍しいことでしょう。

スポンサーリック

 

 

男も女もすっぴん顔が見れる

当たり前のことですがプールに入るときには化粧をしてはいけません。水質維持がその理由です。女性のお客さんはすっぴんになることに抵抗があってプールを敬遠する方もいるようですが、実は慣れてしまえば気にならなくなります。

もちろん、男性が女性を見る場合が多いと思われますが、逆に女性が男性を見る場合もありまして、男性のかっこよく決まっている髪型もプールに入ればみな同じです。こういうのもすっぴんと同様に素の部分が見ることが出来ます。自分の場合は面倒くさいので丸坊主にしていたりしていましたが、中には毎回プールから上がったごとに髪形をビシーーーっと決めているコーチもいましたけどね。

同じ仕事をしているスタッフのすっぴんの状態が見れるのもこの仕事の面白いところで、何らかの状況(会社のパーティーなど)で女性も男性も着飾ってキレイにしてきた場合、プールで見る姿とあまりにも違いすぎて、笑ってしまうこともあります。

あくまでも個人的な意見ですが、自分は女性のすっぴんばかり見てきましたので、逆に化粧をしている女性の方が違和感を感じるようになってしまいました。これは今でも変わらず、厚化粧している人はどれだけキレイでも嫌いです。あくまでも個人的な意見でございます。

いつでもシャワーが浴びれる

自分の場合は社員でしたので、スイミングスクールのコーチであっても会社員ですから、通勤のときにはスーツを着て出社していました。しかし、職場であるプールに着いてしまえばすぐさま仕事着(ジャージ類)に着替えて汗だくになっても平気です。しかし、営業等のサラリーマンの方はいくらクールビズだと言っても汗だくになるはずです。そして、当たり前ですが会社にはシャワーの設備は無くて、汗だくのまま帰らなければなりません。ただ、ここまで書いといてアレですが風呂がある会社はあるかも・・・それは無視して続けます。

スポンサーリンク

 

 

ポロシャツに短パンで館内を清掃し、営業活動としてマンションのポストにチラシを配りに行って、どれだけ汗だくになってもプールに入る時間になればシャワーを浴びて、プールに入って涼しく仕事が出来るわけですから、幸せ者でしょう。

ただ、だからと言って楽だろうというわけでもなくて、夏は稼ぎ時として朝から晩まで働かないといけないわけで、涼しいだけが唯一の救いとなるわけです。

手がスベスベになる

これも自分だけの話かもしれませんが、手がスベスベになります。男性の手って硬くてゴツゴツしてがさがさのイメージがありますが、これがツルツルのスベスベの手になります。そりゃそうですよね、1日に何時間も水の中に入っているわけですから水分たっぷりで自然とそうなります。もちろん、プール特有の塩素というものも一緒に入っていますが、塩素と合わない人はダメですが、そうでない人はそんなに影響ありません。

わぁ~キレイな手!と言われることはうれしいのですが、男らしく熱いものを手でガッ!とつかむことが出来ません。忘年会に行って鍋をみんなで食べようとして、材料を入れて鍋に蓋をして、鍋が吹いてきて蓋を取って、さぁ食べよう!ってときに、アチチチ!となってかっこよく蓋を素手でつかめません。『猫舌』ならぬ『猫手』になるわけです。あくまでも個人的な意見でございます。

一般の人からよく言われること

以上3つがスイミングスクールのコーチをやっていて良かったなぁ~と思うことですが、一般の方からは違う部分でもっと良いことがあるだろう!と言われることがあります。そのひとつが『女性の水着姿が見れる』というのがありますが、これは現代ではセクハラとかの対象になってしまうので、逆に男性の方が気を使わないといけないのでしんどい部分です。

それと、『男性のコーチは保護者のお母さんからモテる』というのも言われますが、残念ながら自分は保護者のお母さんからモテたことがありません。自分がただ単にモテないだけかどうかは知りません・・・。意外とお母さんはコーチに対して子どもをきちんと教えてくれるかどうかを見ているので、いくらイケメンのコーチでも教え方が下手なら人気は出ません。

最後に

スイミングスクールの仕事から離れて2ヶ月が経過しましたが、これまでに嫌というほど水に入り続けてきましたので、あまり水が恋しくなることはありません。しかし、オリンピックを観ていて泳ぎたくなるのは事実でして、ちょっと泳ぎに行こうかな?と思っています。泳ぎに行って何か気が付くことがあれば、また書いてみたいと思います。

 

スイミングのことをまとめてみました!

 

でわ、股!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村