46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

マグロに賭けた男たち2017に未経験漁師が挑戦

どうも、マスクド・ニシオカです。

マグロ漁師に密着する番組は昔からあり、それほど珍しいものではありません。そして自分もそれほど番組を追いかけているわけでもなく、なんとなく年明けに放送されていた「マグロに賭けた男たち2017」を録画していて、それを先日見ました。

自分の知る限り、漁師の世界は男の世界であり、女性漁師というのはかなり珍しいのではないでしょうか。女性が嫌いなわけではありませんが、男らしい世界が好きで、まさに漁師の世界は男臭くていろいろとどうなっているのだろう?という興味があります。あ、モチロンそういう意味で男が好きなわけではありませんので。

f:id:maskednishioka:20170111202836p:plain

今回の漁師は4人

今回の番組の構成としては、4人の漁師に密着してマグロを釣り上げるまでのドラマを追いかけます。この番組自体は、もう何年も前からやっているので、昔から追いかけている漁師の方が多く、昔から番組を見ている方にとっては「あ~あの漁師さんね」となるかもしれませんが、自分は初めて(もしくは記憶にない)漁師の方ばかりでした。

山本さん 大ベテランだが、もう何年もマグロが釣れていない

息子さん 山本さんの息子さんで、はえなわ漁の船に乗っている

泉さん  最年少(30歳)の漁師で、最近子どもが生まれた

坂本さん 大阪からやってきた漁師経験ゼロの50代の新人漁師

スポンサーリンク

 

4人の漁師のドラマはそれぞれ

大ベテランの山本さんは、自分の年齢と戦い、年季の入った船や装備と悪戦苦闘しながら4年ぶりに100kg超えの大物マグロを釣り上げます。その息子さんはマグロ漁師となって2年、大きなはえなわ漁の船に乗って悪戦苦闘しながら、先輩漁師に仕事を教わっています。それまでチャラい感じだった泉さんは、子どもが出来てこれまで以上に責任を感じて、それまで長かった髪をバッサリ切ってマグロ漁にのめり込むようになりました。

この3人とは全く違うドラマを描いていたのが、坂本さんです。子どもの頃からの夢が漁師というだけで、それまでやっていた仕事を辞めて大阪からやってきた、54歳の漁師経験ゼロのド素人。10年前からマグロ漁師になるための漁具を集めていて、妻を大阪に残して大間に移り住み、知人の紹介で知り合った元マグロ漁師に手伝ってもらいます。

正直、見ている自分が一番の素人ですが、「そんな素人にマグロが釣れるはずが・・・」と思わずTVにつっこんでしまいます。持参した大量の漁具は、元マグロ漁師から使えないとバッサリ切り捨てられ、船は20万円で譲ってもらった年季の入った中古船。ドラマとしては「そんなに甘くないよ」みたいなストーリーが繰り広げられると、見ていて勝手に思ったのです。しかし!番組取材班が密着する本格シーズン目前の11月に、すでに100kg超えのマグロを釣り上げてしまいました。密着前ですので番組では坂本さんが釣り上げた場面は撮影出来ていません。なんというタイミングでしょう。

これは天才漁師が現れたか!?と期待が膨らむ中、密着が始まりましたが、やってみるとエサとなるイカはカモメにかじられて、ヤケクソになってイカをカモメに投げていたらマグロの群れが現れて、慌ててサンマのエサを用意して船を走らせるけれども間に合わず、結局マグロは釣れずじまいでシーズンを終えることになりました。

漁師経験ゼロの人にマグロが釣れないのは、素人目から見て仕方がないような気もしますが、まぐれであっても一度は100kg超えのマグロを釣っているわけですから、今後が期待出来ます。そして見ているほうとしては、なんとなくおもしろそうなので、次回も番組があるのであれば、見てみたいと思います。

スポンサーリンク

 

マグロ漁はハイリスクハイリターン

番組を見ていて漁師の方それぞれのドラマに興奮しましたが、やはりド素人漁師の坂本さんが気になります。なんとなく仕事を辞めてブロガーをやっている自分を重ねてしまうのは仕方がないでしょう。坂本さん本人も仰ってましたが、マグロ漁はハイリスクハイリターンです。100kgのマグロがいくらになるかわかりません。一説には1kg1万円という話もありまして、それが本当であれば100kgのマグロが100万円となります。船や釣具や魚群探知機やソナー、かかるお金もデカイですが、大物マグロを釣ってしまえばチャラになり、マグロを何本も釣れればそれだけ儲けることが出来ます。しかし当然釣れない場合には船の燃料代だけが消えていくわけで、これはある種のギャンブルではないかと思うくらいハイリスクハイリターンです。

漁師とブロガーの似ているところ

これらのマグロ漁師は大間の海にひとりで船を出し、釣れるかどうかわからない、しかし確実にいるマグロを釣り上げるため戦いを繰り返しています。強引なハナシではありますが、私たちブロガーは、ネットという大海に船を出し、バズという大きなアクセス数を狙っています。もちろんブロガーにもいろいろ種類があって、誰もがバズを狙っているわけではありませんが、アクセス数という魚を手にしたい気持ちはあるでしょう。

大間のマグロで大物といえば100kg超えで100万円。とするならばブログで1日で100万円稼ごうと思ったら、え~と1PV=0.5円と仮定して100万円=200万PVですから、1日に200万PV稼げれば大物マグロを釣り上げたことと同じことになるはずです。(計算等間違っていたらごめんなさい)

先日「痛風には牛乳」見たいな記事を書いて、ちょっとした大物が釣れたと思っていましたが、「マグロ漁師目線」でいえばまだまだのようです。今後もネットという大海原で大物が釣れるように、諦めず船を出します。

結局、何のハナシか良くわかりませんが。

 

でわ、股!!

 

クリックお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村