46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

経験ゼロでクラウドワークスに登録して仕事を4件こなしてみた

仕事のこと 仕事のこと-ライター ブログのこと ブログのこと-マネタイズ

どうも、マスクド・ニシオカです。

先日ライターデビューをしました。といっても「どんな仕事があるんだろう?」という興味本位と、ブログの勉強のために買った本に書いていたから、という軽い気持ちでやってみただけですが、デビュー初日にもかかわらず仕事にありつくことが出来まして、お金を稼ぐことに成功しました。

クラウドワークスに登録して仕事を探す方法などは、先日書いた記事を読んで頂くとして、今回はこの続きとして、ライター求人サイトにはどんな仕事があるのか?どんな仕事をしたのか?それでいくら稼げたのか?そのへんを書いていきます。

www.maskednishioka.com

スポンサーリンク

 

どんな仕事があるのか?

たった2日ではありますが、クラウドワークスにどんな仕事があるのかを調査してみました。自分はブログを8ヶ月書いていますが、ライターとしてはチェリーボーイですので、1回こっきりで出来る仕事で、自分に書けそうな内容の仕事を探しました。

仕事を選ぶ基準として、経験のあるライターは報酬金額や文字数を基準に考えると思うのですが、自分としては書くために調べ物をするのは避けたかったので、これまでに経験したことがあったり、調べずに書けそうな内容という基準を第一に選びました。

  • 経験者 報酬金額>文字数>依頼内容
  • 未経験者 依頼内容>報酬金額>文字数

ということで、自分が書けそうな内容を探すのですが・・・

  • 美容やスキンケアに関して
  • 育毛剤の使用経験
  • カードローンの審査について
  • ”調査報告書””書き方”に関するSEO記事
  • トンキニーズはどの程度まで・いつまで成長するのか」を紹介する記事

これはほんの一部ですが、自分がこれまでの人生経験でかすりもしなかったことの方が多くて、依頼内容で選んでいては出来る仕事が無いということがわかりました。だいたいトンキニーズってナニ?

報酬金額については本当にピンキリで、一番安いのは1円というのがありました。仕事内容としては簡単なアンケートに答えて10文字ほど書けばいいのですが、ちょっとした衝撃でした。こんなのもあるんだなぁ~と。

ライターの仕事の目安で1文字いくらというのがあるみたいで、1,000文字書いて500円なら1文字0.5円となります。自分が選んでいる1回こっきりの仕事は、未経験でも仕事が出来る代わりに1文字0.2円とかが普通にあって、時給にすればかなり安い仕事となります。

ただライターとして経験を積んでいる方は、もっと高い単価で仕事をされていると思います。ライターの仕事も経験とか依頼主との良好な関係が、稼ぎに関わってくるのでしょう。

新米ライターは依頼内容を選んでちゃいけない?

あとで詳しく書きますが、自分は「痛風」と「スマホゲーム」について書く仕事を見つけることが出来たので、仕事をすることが出来ましたが、それ以外に自分が出来そうな仕事は見つかりませんでした。

きっと本当にライターで稼ごうと思う人は、仕事を選んでいてはダメなのでしょう。単価が安かろうが仕事の内容がわからないことだろうが、とにかく仕事を受けて調べて書いて、数をこなして信頼を得て単価を上げてもらうようにするのでしょう。あくまでも想像ですが。

スポンサーリンク

 

自分が受けた仕事の内容

今回クラウドワークスで実際に仕事をしたのが、このような内容です。

  • 痛風の経験談 1,000文字で報酬はジュース1本分 承認済み
  • スマホゲーム(スポーツ)のレビュー 1,000文字でジュース7本分 承認済み
  • スマホゲーム(スナイパー)のレビュー 1,000文字でジュース7本分 承認済み
  • スマホゲーム(アクション)のレビュー 1,000文字でジュース7本分 未承認

結局スマホゲームのレビューを書く仕事が、いろいろ探した中で自分が出来る仕事と判断し、追加で記事を書いてみました。

最初は要領がわからず、いきなり記事を書いて入稿しましたが、それ以降は一応このゲームでいいか確認して、それからゲームアプリをダウンロードして、数時間遊んで記事を書くという流れでした。

自分としては好きなゲームをした感想を文字にして、それで稼げるのですから嫌な仕事ではありませんが、よくよく考えてみれば、時給で換算すれば安い仕事ですし、1回こっきりの仕事ですので、良かったのかどうかはわかりません。

自分の場合はゲームで遊ぶことが、依頼された記事を書くために調べていることであり、経験の無いことでも同じように調べる(ゲームでは遊ぶ)ことをすれば、仕事を選ばないでも書けるようになるのかな?と思いました。

スポンサーリンク

 

ブログで稼ぐかライターで稼ぐか

前回ライターデビューをした記事にこのようなコメントいただきました。ありがとうございます。

46歳で退職してクラウドワークスでライターデビューして稼いでみた - 働けおっさんブロガー

クラウドワークスで仕事を発注しているのはブログで稼いでいる人が多いです。書いた記事はその方の運営するブログの記事として使われます。発注する側は当然、報酬として払う以上に儲かるので発注しています。

2017/02/07 21:01

b.hatena.ne.jp

46歳で退職してクラウドワークスでライターデビューして稼いでみた - 働けおっさんブロガー

クラ〇ド・・・やランサ〇〇などは基本的に「本来その仕事が持つ価値」を完全無視した買い叩きですので、ニシオカさんのようにドメインパワーの大きなブログをお持ちならば、同じ内容をブログで書いた方が良いです。

2017/02/08 21:40

b.hatena.ne.jp

ライターの仕事を探していると、「ブログ用の仕事依頼」というのがチョイチョイ出てきます。簡単にいうと「ブログのための記事を書いてください」という依頼なのですが、これはコメントにあるように、複数もしくは大量のブログを運営している人が、記事はアウトソーシングしていて、運営だけ自分でやって稼いでいるのでしょうね。

今回お試しでライターの仕事をして、全ての仕事が承認されたとすると、2日ほどで2,200円ほど稼ぐことが出来ました。日給1,000円と考えたとして、めちゃくちゃ安いですが、自分のブログと比べてみると、ライターの方が稼げていることになります。

例えばスマホのレビューで書いた内容を、このブログで公開して同じ金額が稼げるか?長い目で見ればブログの方が稼げるかもしれませんが、その日という条件でいえばライターの方に軍配が上がります。くやしいですが、これが現実です。グスン。

ブログの方はこれを読んで勉強しなおしています。

ライターの仕事も並行してやってみる

前述したスマホゲームのレビューの仕事は、自分にしてはとてもやりやすい仕事でした。最後の1本は未承認の状態ですが、これが承認されれば依頼主に今後も仕事を回してくれませんか?と相談してみるつもりです。

もちろん決めるのは依頼主の方なので、上手くいくかどうかわかりませんが、他の仕事の条件などを見ていると、これが一番好条件でしたので、これがダメだと仕事を探すのが大変です。

とりあえずライターの仕事を経験してみて、ブログとライターと天秤にかけるとかそんなことはなく、ブログを書きながらライターの仕事を探してみて、自分が出来そうなものがあれば挑戦してみる、というスタンスでやって行きたい思います。

 

でわ、股!!

 

日給1,000円じゃ生きていけませんよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村