46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

電通の不正取引のニュースについて

ひとり言

f:id:maskednishioka:20160924091219p:plain

電通が不正取引をいていたようです

どうも、マスクド・ニシオカです。飲んだあとのラーメンを我慢した俺エライ!

ブログを書いて4ヶ月と少しが経ちました。しかし、ブログに貼っているアドセンスの広告収入については、そんなに伸びることもなく一進一退の状態です。ブログで収入を得るための主流はアドセンスが全てではありませんが、主流であり、自分としてはアフェリエイトでの収入を主な収入源とするつもりはないので、やはりアドセンスに頼ることになります。

スポンサーリンク

 

ネットや新聞でも扱われていたニュースですので、ご存知の方もおられると思いますが、こんなニュースがありました。

headlines.yahoo.co.jp

どんな不正だったかといいますと、いろいろなパターンがあるようですが、会見で電通がこのように語っていたようです。

電通の「不正取引」告白が照らした、インターネット広告業界の深い闇 (BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース

100万円の予算で30日間広告をだしてほしいという依頼があったとする。100万円では25日しか広告を出せなかったが、正直に25日分で終わったとせず、「30日まで配信をしていたと報告したケースがある」(電通)

これがバレたのは、広告主が「あまりにも広告の効果が出ていない!」と電通に言って、調べてみたら不正でした。ということみたいです。

ブログでどうやって収入を?とよく聞かれる

退職後、ブログを書いていることを人に言うと「ブログでどうやって収入を得られるの?」とよく聞かれます。ブログに広告を貼ってそれを見た人が興味を持ってクリックしてさらにその商品を買う。それをクリックしたことと、商品を買ったことで広告を請け負っているアドセンスから収入が得られる。

この仕組みはブログで収入を得ようとする人はたいていの人が理解していることですが、ブログを書かない人やブログを読まない人にとっては、知らない世界であり、わからないことでしょう。

電通の正体―マスコミ最大のタブー

電通の正体―マスコミ最大のタブー

 

 電通不正のニュースの影響

今回の電通の不正が発覚したことで、企業がネット広告に対して信頼感を失ってしまうかもしれません。そうなれば回りまわってこのブログで得られる収入が減ってしまうのでは?と思ったりするわけです。まぁ、こんな底辺にいるようなブログには影響があっても塵のように小さなものだとは思いますが。

それでも、ネット広告の需要は増えていて、それが原因で今回の電通の不正に繋がったとも書いてあります。

中本副社長は「インターネット広告のニーズが急激に増える中、対応できる人材が不足していた。不正を監視する社内体制も整っていなかった」と釈明。原因を調査中だが、単純ミスのほか、人手不足などで作業が追いつかず、契約期間に間に合わなかったケースがあるという。

広告業界は近年、新聞やテレビ、ラジオ、雑誌の「マスコミ4媒体」の広告費が低迷する一方で、インターネット広告が市場をけん引。電通によると、スマートフォンの普及などにより、15年の国内のネット広告費は、前年比10.2%増の1兆1594億円と、14年から2年連続の2ケタ成長を続けており、新聞(5679億円、前年比6.2%減)を上回りテレビ(1兆9323億円、同1.2%減)に次ぐ勢いとなっている。

ネット広告とテレビ広告

前述した情報では、各広告費がこうなっています。

  • テレビ広告費 1兆9323億円(1.2%減)
  • ネット広告費 1兆1594億円(10.2%増)

このままいけば、ネット広告がテレビを上回ることになりそうです。ブログで収入を得ようとしている人にとってはこのままいってほしいと思いますが、大企業がブログ広告で収入を得ようとしている、というようなこともチラっと読みましたので、今後どうなるかはわかりませんね。

スポンサーリンク

 

最後に

この不正が氷山の一角で、このようなことが横行しているのでは?というのが誰もが思うことです。もしそうなら、電通以外でも同じようなことが行われているのではないか?となるかもしれませんね。

ただし、このブログには不正はございません。それだけは間違いございません。

 

でわ、股!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

www.maskednishioka.com

www.maskednishioka.com

www.maskednishioka.com