46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

ドラゴンクエストモンスターズスーパーライトがおもしろい

どうも、マスクド・ニシオカです。

きっかけは先日も書きましたが、これまでスマホゲームで遊んでいなかった自分が、こんなに進歩しているのか!?と知ることになって、いろいろ手を出してみようとやってみた結果、おっさん世代ばっちりのドラクエに手を出さないわけにはいかず、星のドラゴンクエストと迷ったあげくコチラを選んだしだいです。

そこでプレイし始めてまだ10日ですが、ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト(以下DQMSL)の面白さをお伝えするべく、適当なことを書いていこうと思います。

www.dragonquest.jp

DQMSLの面白いところ「画面が見やすい」

これは面白いところではないかもしれませんが、いくつかスマホゲームをやった中で、DQMSLはダントツに画面が見やすく文字がちゃんと読めます。これは憶測ですが、ドラクエの神である堀井雄二がゲーム作りのときに、必ずユーザーのわかりやすさを優先していると聞いたことがあります。そしてドラクエ世代といわれる自分みたいな4~50代というおっさん世代もプレイするので、絶対的に老眼でもプレイできる工夫が必要です。特に数字が細かくて見えなかったりするのが、DQMSLでは今のところありません。堀井さんありがとう!なんとなく。

f:id:maskednishioka:20161222143821p:plain

スポンサーリンク

 

DQMSLの面白いところ「操作がシンプル」

ドラクエモンスターズシリーズをプレイしたことがあれば、DQMSLのゲームシステムはすぐに理解できるでしょう。基本的にこういうことをやっています。

「モンスターでパーティーを組む」⇒
「ダンジョンを探索しボスを倒してクリアする」⇒
「モンスターが成長する」⇒ 繰り返し

というわけでダンジョンをクリアするために操作をする時間が長くなるのですが、感覚的に画面をスライドすれば自分の行きたい方向に行けるので、細かいタッチでイライラすることがありません。ダンジョン意外での操作も複雑なものはなく、これも先程の文字(数字)の見やすさと同じで、プレイする側に配慮してくれていると感じています。

f:id:maskednishioka:20161222150316p:plain

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト 究極対戦ガイドブック (SE-MOOK)

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト 究極対戦ガイドブック (SE-MOOK)

  • 作者: スクウェア・エニックス,スタジオベントスタッフ
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2015/07/30
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る
 

DQMSLの面白いところ「無課金にやさしい」

これも面白いとはいえませんが、無課金プレイヤーにやさしいシステムです。前述したダンジョン(=クエスト)に出向くには、スタミナが必要です。最初スタミナがいくつだったかわかりませんが、10日プレイした自分でLV82でスタミナが43あります。難易度の低いダンジョンはスタミナが2で、それが20とか必要になってきます。そしてスタミナの回復は地球時間10分でスタミナ1ですので、完全無課金だと夜寝て朝起きる間の6時間でも36しか回復しません。(睡眠時間には個人差があります)もちろんアイテムや課金でもスタミナは回復できるのですが、スタミナが0でも出来ることがいくつかあって、それが「無課金にやさしい」と思う理由です。

スタミナ0でも出来ることのひとつが、「みんなで冒険」といわれるもので、簡単に説明すると自分の設定したモンスターを出し合って、みんなで専用のダンジョンに向かうのですが、通常のダンジョンと違ってモンスターが次から次へと出てくるだけで、それを撃破すればクリアとなります。これをクリアしても経験値はもらえませんが、モンスターくじに必要なポイントや、モンスターに装備出来る武具やアイテムが手に入るのでスタミナを回復しつつモンスターを強化できます。

さらに闘技場という別の楽しみ方もあります。毎日5枚もらえる闘技場チケットで対戦したり、闘技場に参加してもらえるくじで新たにモンスターを手に入れたり、スタミナを回復させるためのアイテムが手に入ったりします。

このようにスタミナ回復中に他のことをしてモンスターを成長させることが出来るので、無課金だとやることが無い!という状態にはなりにくいと思います。

f:id:maskednishioka:20161222153951p:plain

スポンサーリンク

 

DQMSLの面白いところ「ひたすらモンスターの成長」

DQMSLのキモの部分になるのですが、ひたすらモンスターの成長が楽しめます。個人的には自分がやっていた昔のドラクエに比べると、モンスターの種類が増えすぎてわからなくなっているのですが、それでもいろんなモンスターを育てることは純粋に楽しくて、弱いモンスターでもある程度までは使えるようにする方法があります。

自分はまだ10日しかプレイしていないので、レベルMAXに到達しているのは1体しかいませんが、レベルを上げて実戦で使ってみたいモンスターがたくさんいて、やることたくさんで大変です。もっと長くプレイして極めている人は物凄いモンスターを作っているので、自分もそれに並べるようにまだまだやらなければいけません。

f:id:maskednishioka:20161222155658p:plain

最後に

極めているプレイヤーに追いつくのは大変ですが、昔に比べて強いモンスターがくじで引けるようになっていたり、経験値を稼ぐのに有利なアイテムがたくさんもらえたり後発プレイヤーに対して有利になるようにしてくれています。追いつくことを目的とせずとも、自分と同じようなドラクエ世代の人がドラクエの世界観を十分楽しめる内容になっていますので、もし気になる人がいたら、ぜひプレイすることをオススメします。ちなみに「マスクド」という名前を見かけたら、それは自分です。

 

 でわ、股!!

 

クリックお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村