46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

いとう あさこには本当に幸せになってほしい

どうも、マスクド・ニシオカです。仕事始めのみなさまご苦労様です。

いとうあさこが好きなのです。別にファンでもなく追っかけをすることもなく出待ちすることもなく、女性ピン芸人としての芸が特別おもしろいと思わないし、キレイともナイスボディーとも思わないのですが、それでもいとうあさこが好きなのです。いとうあさこを好きな理由は、彼女がお酒好きで、お酒を飲みながらトークをする番組に出ていることが多く、そこでの立ち振舞いやしぐさや顔や雰囲気全てが好きなのです。

スポンサーリンク

 

自分は酒の場が好きですが、本当の酒好きなわけではなく、あくまでも酒の場が好きなだけで、酒の場の雰囲気で本音がポロリと出るのがおもしろくて、仕事でも恋愛でも相手を酔わすつもりが自分が先に酔ってしまって、たいがいの場合は自爆しているのですが、それでも酒の場が好きです。

そのせいかTV番組で芸人やタレントが酒を飲みながらやる企画も大好きで、昔でいえば「タモリ倶楽部」でおつまみ研究の企画だったり、最近でいえば「ダウンタウンなう」のハシゴ酒がその対象となります。ダウンタウンなうについては、最初は全然別違う内容だったのに、1度坂上忍と飲んだことで完全に番組の主旨が変わったと思うのですが、あれは最初からそうするつもりだったのか、坂上忍との飲みの企画が好評だったから以後こうなったのか、どうなんでしょうね。

いとうあさこのファンではありませんが、TV番組で酒を飲む企画のファンとして見ていると彼女が出ていることが多いので、自然と気になり始めて気にするようになり、いつしか彼女のしぐさや立ち振る舞い、酒の飲みっぷりや酔い具合、そしてちょっと魔性の女性とも思われる男性へのタッチ具合など、見ていて「いい女だなぁ~」なんて思うようになりました。

居酒屋あさこ―待たせずおいしいおつまみレシピ72 (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

居酒屋あさこ―待たせずおいしいおつまみレシピ72 (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

 

いとうあさこの経歴を調べてみると、1970年6月生まれということで、自分とひとつ違いです。つまり40代も後半に入り、結婚についてどう考えているのか?ということが気になりますが、最近の酒飲み番組「ヘベレケ」に出演した際に「最近は結婚のことを考えていない」と発言しており、別の番組では「結婚より孤独死を気にする」というくらいですから、本当に結婚は当分ないのかもしれません。しかもヘベレケに共演していた島田秀平による手相占いで「2017年は芸人として大爆発する!」といわれており、よけいに結婚から遠のくのかもしれません。

スポンサーリンク

 

なんだか酒好きエロおやじのひとり言みたいになりましたが、いとうあさこには幸せになってほしいのです。結婚することが全ての女性の幸せではありませんし、結婚するにもいとうあさこの親が超金持ちでなかなか折り合いがつかなかったり、結婚がベストな形ではないかもしれませんが、それでも何らかの形で幸せになってもらいたいと思います。

いとうあさこ本人には申し訳ないのですが、女性ピン芸人としてのファンではなく、酒を飲んでほろ酔いになっている姿が好きという、歪んだ形のファンがいることを何となく書いてみたくてここまでやってきました。もう後戻りは出来ませんので、このまま押し切ることにします。そして最後に自分の嫁が、むかし嫁の会社の人に「ニシオカさんって、いとうあさこに似てるよな」といわれたことがあるのを書いて終わりにします。

 

でわ、股!!

 

クリックお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村