46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

カルチョビットA経過報告(30年目ゲームのダメ出しを)

どうも、マスクド・ニシオカです。

前回は我がチーム「網走刑務所FC」が27年目にして奇跡の3冠制覇を果たし、エンディングに到達したところまで書きました。

エンディングにたどり着いたことで、このゲームの課金代1,200円の元は十分取れたような気もしますが、まだチームが強くなる要素はありますし、アップデートも行われましたので、まだまだ続けて遊んでいます。

今回は30年目の様子と、あえてこのゲームのダメ出しをしてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

30年目の様子とこれまでの軌跡

ゲームの最終目標である3冠制覇(N1リーグ・ジャパンカップ・ワールドカルチョクラシックを同じ年に制)することが出来ましたので、監督としては「負けてもいいか」くらい気楽にプレイしております。

ちょうど30年の節目ということもあるので、これまでの軌跡も兼ねて、30年目の監督成績を公開します。

1~10年

よくわからないながら1年目にフレッシュリーグで優勝して、その後は3年ごとにステップリーグ、N2リーグ,N1リーグを優勝することが出来ました。

このゲームは無料で遊べますが、N1リーグ以降は課金(1,200円)が必要となりますので、自分の場合は8年目に課金したということになりますね。

11~20年

11年目に初めてジャパンカップを制しますが、この年はN1リーグで2位という成績で複雑な心境です。15年目にアジアチャレンジトロフィーを制することが出来て、初めてワールドカルチョクラシックに出場して世界の壁の大きさを痛感します。20年目はなぜか勝てない年でした。

21~30年

27年目に3冠制覇をするのですが、その前年はジャパンカップもアジアチャレンジトロフィーも負けています。これはゲームバランス調整が行われていて、まるでレースゲームの前を走る車は遅くなって、後ろから追いかける車はスピードが上がる仕様みたいなものでしょうか。

スポンサーリンク

 

オールS選手の完成

選手育成については、それほどキッチリとしておらず、どちらかというと適当に行ってきましたが、やっとオールSの選手を作ることが出来ました。

ディフェンダーですので、バンバンシュートを決めるわけではありませんし、試合で大活躍というわけではありませんが、そう簡単にはバテなくて走り回れる選手となっています。

現在はミッドフィルダーでオールSの選手を作るために、コツコツと特訓をしています。画像は現在のスターディングメンバーです。30年目のくるみ選手も現役です。

スポンサーリンク

 

あえてゲームの文句をいう

これまで30年(ゲーム内時間)行ってきて、試合もそこそこ見てきました。自分はサッカーに詳しいわけでもなく、日本代表の試合ぐらいしか見ていないので、試合の展開のここがおかしい!とか説明することは出来ません。しかしそれでも、ここはおかしい!と思えることがありますので、それをまとめて書いてみます。

ボールの軌道がおかしい!

例えばキーパーがボールを蹴って、それが相手ゴール前の選手までにダイレクトに届いてワンタッチでシュートが決まる。実際にこういうシュートは可能なのでしょうが、それはかなり珍しいことのはずで、そう簡単には見れるものではないはずです。これと同じように、なんらかのタイミングでボールが以上に跳ねる場合があり、ボールの軌道がおかしいと感じることがあります。

あきらかに選手の動きがおかしい!

あきらかに隠した相手との試合で、選手が思ったような動きをせず、その試合を落としてしまう場合があります。

自チームの選手全員が走力Sで、相手チームの選手が走力Cという状態でも、ドリブルに追いつけなくて苦戦することがあります。

これはカルチョビットA公式のツイートですが、何らかの条件で選手の動きが悪くなることがあると、公式のコメントとして出ていますので、意図的なことだと思われます。

確かにゲームをおもしろくするために必要なことだとは思うのですが、勝てる相手にかてないのは非常にストレスが溜まります。

いつか自チーム全員がオールSとなった場合、強すぎておもしろくないということが起きるかもしれませんが、それではチームを強くする気が起きません。

すでにそういう要素が含まれているかもしれませんが、ゲームバランスの取り方として、キャリアの長くなった選手はケガをする確立が非常に高くなるとか、ケガをしたばあい20週くらい休まないといけないとか、そういう方向性はいかがでしょうかね。

PKがおかしい!

引き分けで試合が終わった場合と、ペナルティエリアで反則を犯した場合、PKが行われますが、ゴールキーパーがシュートを止める確率が高すぎるような気がします。自分のイメージでは圧倒的にシュートをする側の方が有利なはずですが、印象では五分五分か、ややキーパーの方が有利のようなきがします。

もちろんこのゲームは、リアリティーを追求しているわけではないでしょうから、このままでも構わないのですが、なんとなくPKになるとつまらなくなります。

試合中に突然落ちる!

これは自分のスマホに原因があるかもしれないので、なんともいえませんが、試合中にだけ突然ゲームが落ちてしまってスマホの画面に戻る場合があります。必ずそのときは試合前の状態に戻っていて、選手の特訓からやり直しになります。

一度はそれで負け試合に勝つことが出来たので、ラッキーだったのですが、これは一番キツイかもしれません。何とかしてもらえるとウレシイです。

最後に

3冠制覇を1度したくらいで浮かれている場合ではありません。まだまだやるべきことがあります。

世界一を決めるワールドカルチョクラシックを再び制することも目標ですが、こんな目標もあります。

現在の記録は11点。ルールは公式戦であること。

 

カルチョビットA(アー) サッカークラブ育成シミュレーション
カルチョビットA(アー) サッカークラブ育成シミュレーション
無料
posted with アプリーチ

 カルチョビット日記

 

でわ、股!!

 

クリックしてくれぇぇぇぇ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村