46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

「アウトレイジ最終章」10月7日公開 全面戦争勃発!

どうも、マスクド・ニシオカです。

すでにいろいろなところで発表されていますが、北野武監督作品のアウトレイジシリーズの最新作の公開日が「10月7日(土)」と正式発表されました。

f:id:maskednishioka:20170419103615p:plain

outrage-movie.jp

関東の山王会と、関西の花菱会の巨大抗争後、大友(たけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長の下にいた。そこに、韓国出張中の花菱会・花田(ピエール)がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。韓国のフィクサーと花菱会が一触即発の様相を呈するなか、花菱会では内紛が勃発。さらに、大友も日本に戻ってくる…。

個人的にはめちゃくちゃ思い入れのあるシリーズで、TVのビデオレコーダーの中には録画した「アウトレイジ」と「ビヨンド」がいまだに残っていて、もう何度見たかわからないくらいになりました。

新作発表は大変うれしいのですが、正直「あそこでやめておけば・・・」とならないか?という心配もあります。

そこで新作であり最終となるであろう「最終章」について、新キャストなどを含めていろいろ期待も込めて書いてみます。

 

スポンサーリンク

 

 

新キャストと引き続き出演のキャスト

発表されている情報で明かされている新キャストです。

  • 大杉漣 花菱会の新会長・野村役
  • 岸部一徳 花菱会・若頭補佐の森島役
  • ピエール瀧 花菱会・花田役
  • 原田泰造 花田の手下・丸山役
  • 池内博之 関東の組織「山王会」木村組・吉岡役
  • 大森南朋 韓国・済州島グループの市川役

発表されている、前作に引き続き登場するキャスト

  • 西田敏行 花菱会・西野役
  • 塩見三省 花菱会・中田役
  • 名高達男 山王会・白山役
  • 光石研 山王会・五味役
  • 白竜 張会長の側近・李役
  • 松重豊 警視庁・繁田役

 

これまでのおさらい

ビートたけしが率いる大友組は、いろいろあって自分の親分にかき回されて、組は崩壊し刑務所に入ることになります。(ここまでが1作目)

アウトレイジ [DVD]

アウトレイジ [DVD]

 

その後、後輩である刑事が働きかけビートたけしを早く出所させ、関西の山王会と手を組んで復讐させることで花菱会はおとなしくなりますが、結局は山王会が牛耳るようになって同じじゃん。となります。

その後もいろいろあって、その刑事がウラで動いていることを知ったビートたけしが、最後に刑事を撃って終わり。(ここまでが2作目)

アウトレイジ ビヨンド [DVD]

アウトレイジ ビヨンド [DVD]

 

いや、本当はもっとドラマがあるんですが、基本的なストーリーとしてはこのような感じです。異論は認めます。

 

スポンサーリンク

 

 

ストーリー予想のための補足

ストーリーがどうなるかを予想するのは無粋なことかもしれませんが、これまでに発表されていることと新キャストの配役などから、各登場団体に基準に考えて見たいと思います。

関東の山王会と、関西の花菱会の巨大抗争後、大友(たけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長の下にいた。そこに、韓国出張中の花菱会・花田(ピエール)がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。韓国のフィクサーと花菱会が一触即発の様相を呈するなか、花菱会では内紛が勃発。さらに、大友も日本に戻ってくる…。

山王会

関東の巨大組織で、もともとビートたけしの組は山王会の傘下です。

前作では会長だった三浦友和が引退して名高達男が会長、光石研が若頭になっています。池内博之が演じるのが「木村組・吉岡役」となっていて木村の名前が出ているのが、何かキーワードのひとつになるのでしょうか?

発表されているストーリーでは「花菱会と韓国マフィアとの抗争」とありますから、今作では山王会はあまり出番がないのかもしれませんね。

花菱組

関西の巨大組織で、前作では磐石の組織力を誇る、本当の意味で怖い組織でした。

前作では西田敏行と塩見三省が幹部でしたが、今作では大杉漣が新会長の座に座り、岸部一徳 が若頭補佐となっているとなると、花菱会の内紛はこの新旧幹部の争いが関係していそうです。

ピエール瀧はキレた人で原田泰造はその手下という感じですかね。

韓国マフィア

上野の闇市を仕切っていた張大成(チャン・テソン)というフィクサーが韓国を拠点にする組織で、もともと張大成と知り合いのビートたけしはここを頼っているみたいです。

発表されたストーリーでは「花菱会と一触即発」とありますから、前作に登場したけれど、それほど出番のなかった白竜は、今作では暴れまわることになるでしょう。

はたして今作で登場する大森南朋は、この韓国マフィアの人間なのか、はたまた別のグループか?いろいろ考えられそうです。

警察

「アウトレイジ」ではそれほど出番のなかった警察ですが、「ビヨンド」では小日向文世が、組織同士をぶつけることを画策していたために、たくさん出番がありました。

今作では松重豊が前作に引き続き登場しますが、前作で小日向文世のやり方に否定的でしたので、どういうスタンスで絡んでくるのか?これも興味深いところです。

 

スポンサーリンク

 

 

個人的な希望など

確実にピエール瀧がキーマンになるでしょう。

彼には過去に「凶悪」という映画の中で、十分すぎるほどの狂気を見せてくれているのであまり心配していません。ただ、その手下となる原田泰造が大丈夫かなぁ~と。しかも関西の組織ですから関西弁です。自分を含む大阪人は下手な関西弁を異常に嫌いますからねぇ。

 

あとは高橋克典で出演するのかどうか?

前作では凄腕ヒットマンとして活躍しましたが、セリフがひとつもありませんでした。確か前作のときはセリフがない役でもいいからどうしても出演したいといったエピソードがあったはずですが、今作ではどうなるでしょうか?

 

本当にこれで終わり?

最終章となっていますから、これで終わりだと思いますが、前作のキャッチコピーも「全員悪人 完結。」でしたから、どうなるかわかりませんね。大人の事情としたら、興行収入の成績で変わってくるんでしょうね。

「全員悪人」で始まったアウトレイジシリーズも、いつのまにか主演であるビートたけしが善人になっているような気がします。もちろんダークヒーロー的な扱いですが、本当の悪人ではないでしょう。

もう首はつっこみたくないはずだったのに、なぜそれが「済んだと思うなよ」と凄んでいるのか。そのへんも楽しみですね。

f:id:maskednishioka:20170419121441p:plain

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

映画のことをいろいろと書いております。

www.maskednishioka.com