46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

プロポーズはいつの時代も人をドキドキさせる

f:id:maskednishioka:20161025085651p:plain

どうも、マスクド・ニシオカです。

昨日、寝る前にブログのネタを考えながら眠りについて、朝起きてルーチンワークのブログのチェックをしていたら、考えていたネタが吹き飛ぶほどのほっこりニュースがありました。

ptskunx.hatenablog.com

読者登録させていただいている、ねこさと(PT) (id:ptskunx) さんがプロポーズをされたそうです。おめでとうございます。そしてご苦労様です。

なんだか結果はタイトルでわかっているのに、読んでいてドキドキしてしまいました。当然ながら、相当緊張されたでしょうし、彼女さんがその緊張を察してか、散歩に誘って空気を変えるくだりとか、読んでいてニヤニヤしてしまいます。

自分も結婚していますので、プロポーズをしました。実はもうすぐ満20年の記念日が近づいていて、その日に記事を書こうかと思いましたが、なんだか、ねこさとさんのドキドキ感が勝手に手を動かしているので、そのままの勢いで自分がプロポーズしたときのことを書いてみます。

サポートリンク

 

電話でプロポーズ

もうすでに、結構な期間お付き合いをしていたので、あとはいつ結婚するか?くらいの状態でした。ただ、なかなか「結婚」という言葉を出せなかったのは、自分の踏ん切りが付けられないだけで、嫁はもう結婚したくてしょうがないと思っていたようです。

たまたま行ったホテルの昼食バイキングで、順番待ちをしているときに、壁に貼ってあるウエディングプランのポスターをじっと見つめていたり、携帯電話の無かったときなので、しょっちゅう嫁の実家に電話をしていたのですが、嫁の母親から「ニシオカさん、うちの娘と結婚する気はあるの?」と聞かれたり、もう後は自分がプロポーズをするだけの状態です。

そんなある日、一緒に仕事をしていた先輩女性が結婚を決めて、お祝いの宴が開かれました。その先輩女性には仕事やプライベートでアドバイスをしてもらったり、いろいろと世話になっていて、自分ではその人のことを理解しているつもりでした。しかし、その日、その人はとても輝いていました。本当に結婚することがうれしかったようで、その顔は自分が見たこともない笑顔でした。

その帰り道、お酒も入って良い気分で、その笑顔を思い返していました。「結婚というのは、これほど女性を輝かせるものか」そう考えながら、嫁の実家に電話をします。その電話は、「今から(自分の家に)帰る」というだけの内容の予定でした。しかし、その予定は変更されて、勝手に口が動きます。「あの・・・結婚しますか」

いま思えば、盛り上がっていたのは自分だけで、嫁にとっては雰囲気もシチュエーションもタイミングもへったくれもありません。そのときは良い返事をしてもらいましたが、本音ではどう思っていたのやら、いろいろ思い返されると怖いので、聞いたことがありません。

ねこさとさんも、とても緊張されていたことを書かれていましたが、自分はその緊張するのが嫌で、酒の力を借りて行ったようなものです。なので、どうやってプロポーズをしたか聞かれたときは、「酔った勢い」のひと言です。嘘じゃないですからね。

サポートリンク

 

ねこさとさんにひと言

ねこさんとさんへ。おめでとうございます。大変恐縮ながら試練を乗り越えてきた者として、ひと言申し上げさせていただきます。ただ、これからの事は2人で決められることであり、自分のようなおっさんが言うことは、戯言としてお聞きくだされば、と思います。それと、ゼクシィを手に取られているということは、結婚式をされるのでしょうか。どんな形でも、結婚式をされるという前提で、書かせていただきます。

既婚者の方たちは、こんな試練?を乗り越えてきたんだなって思うと尊敬します。

自宅に帰ってから、プロポーズした後になにしたらいいのか分からなかったので、ゼクシィを買ってみた。

はてブにも書かせていただきましたが、結婚はこれからが本番です。自分が結婚したのはもう20年前で、今では古くさいと思われるかもしれませんが、自分が結婚するときに仲人を務めてくれた先輩から言われたことを、そのままお伝えします。

結婚式とは、すべて奥さんとなる彼女のためのもの、彼女の好きなようにさせてあげること、その日は彼女が主役を務めること、それをすべてサポートすること、そのあと長い間サポートしてもらうのだから。

ちなみに、自分の場合は結婚式前夜を実家で過ごす予定でしたが、親と顔を合わすのが照れくさくて、結婚式に来てくれる後輩と朝の4時まで飲んでいました。当日の朝、酒臭いボロボロの新郎の出来上がりです。決してマネしないように。そして、本当におめでとうございます。 

 

でわ、股!!

ゼクシィ presents Happy Songs

ゼクシィ presents Happy Songs

  • アーティスト: (オムニバス),原田郁子,木村カエラ,斉藤和義,SunSet Swish,Keyco,一青窈,オハナ,チャットモンチー,あんしんパパ,モンゴル800,The Collectors
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2010/07/21
  • メディア: CD
  • クリック: 13回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村