46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

シウバさんがお怒りのようです『ミルコvsシウバに思うこと』

f:id:maskednishioka:20160927215514j:plain

RIZINの反応が良くてうれしい

どうも、マスクド・ニシオカです。喫茶店ではアイスミルクを注文します。

先日行われたRIZINの紹介と結果と感想の記事を書いてみましたが、意外と好評(だと勝手に判断)で、『みんな何だかんだ言っても、やっぱり格闘技が好きなんですね、うふふ』と思っていました。もちろん、世の中にはこういう暴力的なものを受け入れることが出来ない人はいますが、元来、人間の持つDNAが、人が殴り合っているのを見ているだけで血が騒ぐようにしているのではないか?なんて思ったりします。

自分なんて、今回のRIZINを見て結果と感想の記事を書いたあと、自宅の近くにある格闘技のジムをネットで調べたりしていました。ですが、入会金と月謝とその他もろもろとあわせると数万円かかるので見合わせました。同じ40代の人がいて面白そうなんですが、このブログで10万円、いや20万円稼げるようになったら通おうかと思います。それまでは自宅で我流トレーニングを。どこを目指しているかはわかりませんが。

大会後の会見でシウバさんがお怒りに

RIZINの大会翌日に大会後の会見が行われていました。次回2016/12/29・31が決まっていますので、今後のプロモーションも兼ねて、重要なものだったと思われます。そこで、ヴァンダレイ・シウバ選手がお怒りの様子でした。

jp.rizinff.com

無差別級トーナメント、シード枠で12月29日から出場となるヴァンダレイは「昨日は素晴らしい大会でした。だが実力を出し切った選手とそうではない選手がいると思う。闘いを恐れている選手がいた。私は本気で闘いを見せて欲しかった。勝つ負けるではなく闘う姿が見たかった。ここに本気で闘いに来るか、そうじゃなければ家にいてくれ。12月29日に私とミルコが本当の闘いがどういったものなのか手本を見せる」と声を荒げて発言。続いてミルコも「私もヴァンダレイの言ってることは本当だと思います。12月29日にはレジェンド同士の試合をしっかりとお見せしたいと思います」とコメントした。

スポンサーリンク

 

この公式サイト以外での情報を見ていると、かなりエキサイトして苦言を呈したということですが、ちょっと待って!と思ったのは自分だけでしょうか?アナタがセコンドについた選手のことはどうなの?ワンパンチで体が硬直してたよ?それは観客にどう思われていると思ってるの?セコンドには付いたけど、俺は知らん!って感じですか?

もちろん、シウバさんが誰に対して苦言を呈したかわかりませんが、逆に「男なら、本人に面と向かって言えば?」と思います。そして、名前を出さないところにプロレス臭を感じます。

公式サイトには書かれていませんが、この発言を受けて「俺のこと言ってんのか?」と逆に挑発する選手もいたようです。

headlines.yahoo.co.jp

このベテランファイターの発言に不満そうな表情を浮かべた選手が一人。ジャングルファイト・ヘビー級王者ジョアン・アルメイダを初回TKOで下す完勝劇を見せたレスリング世界選手権覇者アミール・アリアックバリ(28=イラン)だ。シウバの発言にコメントを求められると、「私はベルトを獲りにきた。この2選手に限らず誰とでも戦う」と淡々と話したが、コメント後にマイクを投げるように机に置くなど不機嫌な様子が隠せない。

 さらに会見後の写真撮影の際には、シウバの隣に立つと邪魔をするように両手を広げ始めた。いったんはやり過ごそうとしたシウバであったが、手をどけるように促しても止めようとしないアリアックバリに対し、何様だと言わんばかりに両手を広げた。両者向き合いになると、アリアックバリは終始不敵な笑みを浮かべながらシウバを見返した。

そりゃそうですよね。この選手以外は「シウバさんの言うとおり!パチパチパチ~」という感じで、ミルコ選手も同調しているし山本アーセン選手も「シウバさんに認められるように」なんて言っています。シウバさんが日本で有名な選手だったことはわかっていますが、それは過去の話です。アミール・アリアックバリ選手が不満に思って当然でしょう。

シウバさんはどんな存在なの?

それよりも、いつの間にシウバさんはこんなに偉い人になっているんでしょうか?確かに格闘家として素晴らしい成績を残していますが、過去に一度引退をしていて、今大会にも選手として出場していません。トーナメントにはシード枠として2回戦からの出場ですが、同じ2回戦で対戦することになったミルコ選手は、今大会ワンマッチで闘っています。(弱い相手でしたが)

自分が闘っていないのに、闘っている選手に苦言を呈することが出来るのは、プロデューサーもしくはそれに近い人だけです。選手として言うのはどんな立場だ?と思ってしまいます。

スポンサーリンク

 

プロレスファンから見たら

自分はプロレスが好きですから、こういうリング外でのやりあいはプロレスの専売特許として認めていますし、好きですし批判しません。それも含めてプロレスですから。しかし、RIZINとしてどうしたいのか?プロレスをやりたいのか?なんて思ってしまうのです。

例えば、ミルコ選手が勝ってシウバさんをリングに呼び込んで対戦要求をして、そこに高田統括本部長も入ってマイクを持つ。これが全て予定調和なのであれば、ミルコ選手の対戦相手だったミョン・ヒョンマン選手が弱かったのも納得できますし、それ以前に八百長?と言われても納得してしまうかもしれません。

実際に会場で観戦していませんので、どんな感じかはわかりませんが、そこまでシナリオが決まっていなければ、大会運営としては突発的にあんなことが出来ないように思います。TVだってあるわけですし。

もしかしたら、「何言ってんの?あれはそういうことじゃん」なんて言われそうな気もしますが、プロレスファンとして思うのは、逆にプロレスを舐めてる?なんて思ったり。

賽は投げられた

公式発表として、ミルコ vs シウバ が決定しました。そして両者が口を揃えてこう言っています。

12月29日に私とミルコが本当の闘いがどういったものなのか手本を見せる

私もヴァンダレイの言ってることは本当だと思います。12月29日にはレジェンド同士の試合をしっかりとお見せしたいと思います

なるほど、よくわかりました。確かにこの2人の闘いを知っているおっさんとしては、期待したくなります。自分の知る限り2人の対戦成績は、シウバさんの1敗1分けのはずです。そして、2人の最初の闘いはそれは緊張感のあるヒリヒリしたものでした。

youtu.be

初対決でもあり、PRIDE vs K-1という図式もあり、観客の反応がこの試合の持つポテンシャルの高さを物語っているでしょう。この頃はミルコ選手が寝技の経験がほとんど無くシウバさんが有利かと思われましたが、打撃でも呼応しており見応えのある試合でした。ちなみに次に行われた闘いでは、ミルコ選手のハイキックでシウバさんがKOされているはずです。

これを見ると、確かにお手本になるでしょうし、「やる気がないなら家にいろ!」と言うのもわかります。しかし、それはもう10年以上前の話なんです。10年前ならそれは誰もが納得しました。残念ながらおっさんになっているんです。2人とも。

PRIDE 男道 DVD-BOX

PRIDE 男道 DVD-BOX

 

 格闘技ファンのはしくれとして物申す!

これで十分ハードルは上がったでしょう。10年前の闘いを知っているおっさんとしてはアレ以上のモノを見せてくれなければ納得しません。何だかんだと言い訳も許しません。TV観戦になるでしょうがちゃんと見ます。そして、このブログにも書きます。2人の試合はトーナメント2回戦のひとつですから、両者のどちらかが勝ち上がることになります。勝ったはいいけどケガで棄権するのも許しません。もし、それが今から決まっているなら、そういう契約になるなら、家にいてください。

若者がんばれ!こんなおっさんに言わせるな!ギャフンと言わせてやれ!

 

 

あれ?自分、まんまと乗せられてます?

 

でわ、股!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

www.maskednishioka.com

www.maskednishioka.com

www.maskednishioka.com