46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

「すみません」「ごめん」とか、すぐいう

どうも、マスクド・ニシオカです。アヴァベルオンラインに手を出してしまいました。

先日、数年来通っている行きつけのお店のカウンターに座ってビールを飲んでいました。数名の常連に囲まれ楽しい時間を過ごしていたのですが、ちょっとした出来事がありました。

ビールが底をつき、おかわりを頼もうとしたのですがマスターのQちゃんひとりでやっている店なので、忙しそうに料理していると注文するのに戸惑います。そこで「Qちゃんごめん、ビールお願い」となったのですが、それを聞いていた隣のお姉さまに「ごめんって謝らんでいいのにウフフ」なんていわれました。

スポンサーリンク

 

別にそのお姉さまに怒られたわけではありませんし、軽い会話で自分も「なるほどですね」なんて返しましたが、いままで何の疑問を持っていなかったので、そういう考え方もあるんだ、くらいで思っていました。

そんなことが頭の片隅にある状態でブログをウロウロして読んでいると、こんな記事に出会いました。

www.zerost.net

そもそも何故「すみません」が口癖になるのか?

それは自罰傾向が強い人がなるだと思います。

これがドンピシャなのです。どんなことがあっても自分が悪いんじゃないか?と思うクセがあって、無理やり自分のせいにして落ち込んだりします。そして「すみません」といって、へりくだることで相手より優位な立場になろうとしているのかもしれません。当たり前ですが会話とは言う方と聞くほうがあって成り立つわけで、言う方が気持ち良くても、聞く方が「すみません」といわれてイライラするかもしれません。そういわれればこれまでに自分が聞く立場にいるときに、すみませんといわれて「謝っている暇があったら・・・」なんて思っていたわけですから。

f:id:maskednishioka:20161201115012p:plain

言及させて頂いたブログでは「すみません」の代わりに「ありがとう」を使うことをオススメされています。

私も他人が何も謝罪される様な状況でもない時に、「すみません」と言われたら「〇〇さんは何も悪くないんで謝らくていいですよ」みたいな感じで言うようにしてます。

「すみません」って言われるのは聞くほうも疲れるからです。

しかし、「すみません」を「ありがとうございます」に変えてみたらどうでしょ。

自分の場合は「ありがとう」も使っているのですが、それ以上に「すみません」を使っています。なので今後は「すみません」を減らしていけるようにします。そして自分と同じような考え方をする人がどれくらいいるかわかりますが、少しでも自分が楽になれるように、言葉の魔力を信じてみたいですね。

スポンサーリンク

 

簡単に癖が直せたら苦労しないですがそこは心掛け次第なので、

「すみません」と言いすぎてなんか疲れるなぁなんて人は、

良くないので直しましょう。

周りも、何より自分の心が楽になります。

というわけで、ありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

 

でわ、股!! 

 

クリック宜しくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

こんなのも書いています。

www.maskednishioka.com

www.maskednishioka.com

www.maskednishioka.com