46歳で退職してブロガーになってみた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

USJの4-Dシアター対決「進撃の巨人vsゴジラ」どっちが面白い?

どうも、マスクド・ニシオカです。

きっかけは朝起きて、嫁さんが放ったひと言

「USJの年間パス買ってるのに、行ってないわぁ~」

よし!じゃあ変わりにオレが行ってやろうじゃないか!

というわけで、急遽USJに行ってきました。

 

目的は4-Dシアター対決

昨年は年間パスを買ってマメに通っていましたが、冬が来て通風もやって来たので、ずいぶんご無沙汰していました。その頃にはやっていなかった4Dシアターで行われている、「進撃の巨人・ザ・リアル 4-D:2」と「ゴジラ・ザ・リアル 4-D」の2つが今回の目的です。果たしてどちらがおもしろいのか?

ちなみに4Dシアターというのは、メガネをつけて立体映像が見れて、イスが稼動して、さらに水がピュッピュと出て風がプシューと吹く、体感型のシアターです。

場所は入場ゲートを入って左側を見ながら進んでいれば、すぐに見つかります。上演される内容によってショーの名前が変わりますが、2017年6月25日(日)までは「進撃の巨人」と「ゴジラ」をやっています。

注意するのは両方同じ日にやっていますが、時間によって分けられているので、USJに行かれる方は事前に調べておいたほうが良いでしょう。

営業時間・スケジュール|ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®|USJ

 

スポンサーリンク

 

 

進撃の巨人・ザ・リアル 4-D:2

正直、進撃の巨人が今ほど有名になる前は、漫画を全巻集めアニメはすべて録画して、あの世界観を楽しんでいたのですが、巨人が壁の中に埋まっていたりしてから、なんだか興味が醒めてしまって、それからはなんとなくでしか追いかけていません。

話がややこしくなる前、シンプルに巨人から身を守るために巨大な壁を作ったり、立体機動装置で飛び回ったりするのが好きでした。

会場に入ると隊長(誰?)から、新入りである自分たちに街を守る説明があります。100年間も巨人に壁を破られていないので、まぁ大丈夫でしょう。という雰囲気の中、突如巨人が現れたので、新入りも出撃せよ!ということになります。

ちなみにこの時点で、進撃ファンであろう女子から「キャー」的な声が飛び交います。もちろん全て日本語ですので、海外の来場者にはナンナノ?となっているんでしょうね。

説明を受けてから席に座り、専用のメガネをかけて出撃準備完了!

いきなり立体機動装置を使いこなしながら空を駆け巡ります。これはなかなか気持ち良いのですが、いかんせんジャングルのターザンに毛が生えたようなものですので、まぁこんなもんでしょう。

そこに巨人が現れてピンチになりますが、リヴァイ兵長やハンジさんが颯爽と現れて助けてくれます。ここでも女性ファンから「キャー」的なものがあり、当然海外の人は「?」となっているだろうなと思ったり。

で、ここからネタバレになるのですが、巨人を駆逐すると水しぶきがピュッピュと飛んできます。これは血しぶきを表現しているのですが、もしそうなら体中血まみれになっているはず、というくらいの量です。この辺が「リアル」たる所以でしょうか。

 

あくまでも個人的な感想としては、ちょっと物足りない感じはしますが世界観守られているので、好きな方なら十分楽しめるでしょう。

ちなみに画像は販売されている立体機動装置です。これで本当に空を飛べたら、11万円くらい安いもんでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

 

ゴジラ・ザ・リアル 4-D

午前中に進撃の巨人を楽しんで、そのあとウロウロして(この日は)14:20からゴジラが始まりました。初回開始30分前にはすでに列が出来ていて、ゴジラ人気の高さを感じさせます。

並ぶ前には「大阪湾に巨大不明生物」の号外をもらい、それを眺めながら入場を待っていると進撃の巨人と同じところに入るわけですが、装飾や映像が変わっているので、完全にゴジラモードです。

ここでも細かいストーリーはネタバレになるので書きませんが、同じように新入り隊員となった自分達は、飛行機に乗って大阪に現れたゴジラに立ち向かいます。比べるものではないかもしれませんが、先ほどよりもスピード感と爽快感があって、こちらの方が気持ち良く感じられます。

設定としては5年前に東京に現れたゴジラが、大阪に再登場ということですが、映画ゴジラを見た人にとってはアレ?となるかもしれませんが、その説明はありません。

ですが、そんなことはどうでもいいくらい大阪の街がガンガン壊されていきます。そこを飛行機でヒュイーーーーン!って感じで飛び回るのですが、とにかくゴジラの尻尾を避けながら近づくのはハラハラしますし、何よりゴジラに大接近するのが迫力があって、これは映画でも見れなかった見所のひとつでしょう。

 

個人的な感想としては、進撃の巨人よりゴジラの方が面白かったです。ちゃんと計ったわけではありませんが、ゴジラの方が時間が長く感じて、大阪に住む人間にとっては自分の知っている街が登場するのもポイントですし、何よりもゴジラに大接近する迫力はポイントが高かったです。あ、それと水しぶきの量もこっちの方が少なめです。

あまりお金に余裕のない自分ですが、思わずゴジラのお土産は買ってしまいました。何故ゴジラがUSJの象徴でもある地球儀をくわえているのか?それはゴジラ・ザ・リアル 4-D本編を見てのお楽しみということで。

 

スポンサーリンク

 

 

がんばれモンスターハンター・ザ・リアル

実は同じ日にモンスターハンターのアトラクションである、「モンスターハンター・ザ・リアル」も行ったのですが、これは正直だいぶしょぼかったです。それでもモンハン好きであればそこそこは楽しめますが、もうちょっとがんばってほしいかなと。

 画像は等身大のキリン(角が入ってなかった…)

 

最後に

進撃の巨人は1回見れば十分ですが、ゴジラはもう1回見たい!というのが個人的な感想です。もちろん好き嫌いはありますから、リヴァイ兵長に会いたい方は好きなだけどうぞ、です。

この日は平日でさらに雨で比較的並ぶ時間が短めでしたが、休日であれば混雑も予想されます。一応、自分がよく使っているサイトを貼っておきますので、いろいろ作戦を練って、USJを楽しんでください。

ユニバーサルスタジオジャパン待ち時間混雑情報

最後にもう一度書いておくと、ここで紹介したアトラクションは2017年6月25日(日)までですので、お間違いなく!

 

でわ、股!!

 

クリックしてもらえると助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

他にも好きなこといろいろ書いています。

www.maskednishioka.com